Create issue ticket

考えれる23県の原因 骨端平坦化

  • ムコ多糖症

    脊柱側弯症 鳩胸もしくは(頻度は低いが)漏斗胸 短い尺骨、橈骨骨端の尺側偏位、骨成熟の遅延 中手は短く、第2 第5中手の遠位が円型もしくは尖っている 拡大した腸翼、大腿平坦( 図8 )、外反股 注: 骨格系の異常は身体的異常より前に認められる。 眼科診察 角膜混濁、乱視、網膜症による視力障害を認める。[grj.umin.jp]

  • 骨系統疾患

    臨床像は近位肢節の著しい四肢短縮が特徴である(図19A).短縮は特に上腕で目立つ.顔面中央部の平坦やリンパ浮腫などの顔貌異常がある.X線像では,管状部とその周囲に特徴的な点状石灰化stippled epiphysisが認められる(図19B).近位肢節である上腕骨と大腿骨は著しい短縮と骨幹端の横径発育(末広がり)を示す.[plaza.umin.ac.jp] A: 妊娠38週2618g女児.近位肢節の著しい四肢短縮が特徴である.短縮は特に上腕で目立つ.顔面中央部の平坦とリンパ浮腫などの顔貌異常がある. B: X線像では,管状部とその周囲に特徴的な点状石灰化stippled epiphysisが認められる.近位肢節である上腕骨と大腿骨は著しい短縮と骨幹端のsplayingを示す. [plaza.umin.ac.jp]

  • ムコ多糖症IV-A型

    脊柱側弯症 鳩胸もしくは(頻度は低いが)漏斗胸 短い尺骨、橈骨骨端の尺側偏位、骨成熟の遅延 中手は短く、第2 第5中手の遠位が円型もしくは尖っている 拡大した腸翼、大腿平坦( 図8 )、外反股 注: 骨格系の異常は身体的異常より前に認められる。 眼科診察 角膜混濁、乱視、網膜症による視力障害を認める。[grj.umin.jp]

  • 骨形成不全症 13型

    臨床像は近位肢節の著しい四肢短縮が特徴である(図19A).短縮は特に上腕で目立つ.顔面中央部の平坦やリンパ浮腫などの顔貌異常がある.X線像では,管状部とその周囲に特徴的な点状石灰化stippled epiphysisが認められる(図19B).近位肢節である上腕骨と大腿骨は著しい短縮と骨幹端の横径発育(末広がり)を示す.[plaza.umin.ac.jp] A: 妊娠38週2618g女児.近位肢節の著しい四肢短縮が特徴である.短縮は特に上腕で目立つ.顔面中央部の平坦とリンパ浮腫などの顔貌異常がある. B: X線像では,管状部とその周囲に特徴的な点状石灰化stippled epiphysisが認められる.近位肢節である上腕骨と大腿骨は著しい短縮と骨幹端のsplayingを示す. [plaza.umin.ac.jp]

  • ムコ多糖症 4

    脊柱側弯症 鳩胸もしくは(頻度は低いが)漏斗胸 短い尺骨、橈骨骨端の尺側偏位、骨成熟の遅延 中手は短く、第2 第5中手の遠位が円型もしくは尖っている 拡大した腸翼、大腿平坦( 図8 )、外反股 注: 骨格系の異常は身体的異常より前に認められる。 眼科診察 角膜混濁、乱視、網膜症による視力障害を認める。[grj.umin.jp]

  • 肺発育不全と形成異常

    脊椎線異形成症 (80%) もっとも多く認められるX線画像異常には,軽度に平坦した卵形の椎体,変形した小さな大腿,寛骨臼窩が浅くなった形成不全がある.その他の骨の異常はあまり見られない.[grj.umin.jp] 原文 Schimke Immunoosseous Dysplasia 要約 疾患の特徴 シムケ免疫性骨形成不全(SIOD)は常染色体劣性遺伝性の多臓器障害であり,その特徴は身体各部位の比率が崩れた低身長,腎障害,T細胞欠損を呈する脊椎線異形成症(SED)である.脊椎線異形成症のX線画像所見は,軽度に平坦した卵形の椎体,変形した小さな[grj.umin.jp] 大腿,浅く変形した寛骨臼窩である.男性の平均身長は136 157cm,女性は98.5 143cmである.通常は発育障害の診断を受けてから5年以内に,患者のほぼ全員が進行性ステロイド抵抗性腎障害を発症し,末期腎不全に至る.検査した患者の大多数がT細胞欠損を呈しており,日和見感染リスクがあるため,これが最大の死因となっている.シムケ免疫性骨形成不全[grj.umin.jp]

  • 短体幹症

    臨床像は近位肢節の著しい四肢短縮が特徴である(図19A).短縮は特に上腕で目立つ.顔面中央部の平坦やリンパ浮腫などの顔貌異常がある.X線像では,管状部とその周囲に特徴的な点状石灰化stippled epiphysisが認められる(図19B).近位肢節である上腕骨と大腿骨は著しい短縮と骨幹端の横径発育(末広がり)を示す.[plaza.umin.ac.jp] A: 妊娠38週2618g女児.近位肢節の著しい四肢短縮が特徴である.短縮は特に上腕で目立つ.顔面中央部の平坦とリンパ浮腫などの顔貌異常がある. B: X線像では,管状部とその周囲に特徴的な点状石灰化stippled epiphysisが認められる.近位肢節である上腕骨と大腿骨は著しい短縮と骨幹端のsplayingを示す. [plaza.umin.ac.jp]

  • 大腿骨発育不全 - 大腿骨形成不全

    脊椎線異形成症 (80%) もっとも多く認められるX線画像異常には,軽度に平坦した卵形の椎体,変形した小さな大腿,寛骨臼窩が浅くなった形成不全がある.その他の骨の異常はあまり見られない.[grj.umin.jp] 原文 Schimke Immunoosseous Dysplasia 要約 疾患の特徴 シムケ免疫性骨形成不全(SIOD)は常染色体劣性遺伝性の多臓器障害であり,その特徴は身体各部位の比率が崩れた低身長,腎障害,T細胞欠損を呈する脊椎線異形成症(SED)である.脊椎線異形成症のX線画像所見は,軽度に平坦した卵形の椎体,変形した小さな[grj.umin.jp] 大腿,浅く変形した寛骨臼窩である.男性の平均身長は136 157cm,女性は98.5 143cmである.通常は発育障害の診断を受けてから5年以内に,患者のほぼ全員が進行性ステロイド抵抗性腎障害を発症し,末期腎不全に至る.検査した患者の大多数がT細胞欠損を呈しており,日和見感染リスクがあるため,これが最大の死因となっている.シムケ免疫性骨形成不全[grj.umin.jp]

  • 常染色体優性脊椎肋骨異骨症

    臨床像は近位肢節の著しい四肢短縮が特徴である(図19A).短縮は特に上腕で目立つ.顔面中央部の平坦やリンパ浮腫などの顔貌異常がある.X線像では,管状部とその周囲に特徴的な点状石灰化stippled epiphysisが認められる(図19B).近位肢節である上腕骨と大腿骨は著しい短縮と骨幹端の横径発育(末広がり)を示す.[plaza.umin.ac.jp] A: 妊娠38週2618g女児.近位肢節の著しい四肢短縮が特徴である.短縮は特に上腕で目立つ.顔面中央部の平坦とリンパ浮腫などの顔貌異常がある. B: X線像では,管状部とその周囲に特徴的な点状石灰化stippled epiphysisが認められる.近位肢節である上腕骨と大腿骨は著しい短縮と骨幹端のsplayingを示す. [plaza.umin.ac.jp]

  • 先天性皮膚形成不全

    脊椎線異形成症 (80%) もっとも多く認められるX線画像異常には,軽度に平坦した卵形の椎体,変形した小さな大腿,寛骨臼窩が浅くなった形成不全がある.その他の骨の異常はあまり見られない.[grj.umin.jp] 原文 Schimke Immunoosseous Dysplasia 要約 疾患の特徴 シムケ免疫性骨形成不全(SIOD)は常染色体劣性遺伝性の多臓器障害であり,その特徴は身体各部位の比率が崩れた低身長,腎障害,T細胞欠損を呈する脊椎線異形成症(SED)である.脊椎線異形成症のX線画像所見は,軽度に平坦した卵形の椎体,変形した小さな[grj.umin.jp] 大腿,浅く変形した寛骨臼窩である.男性の平均身長は136 157cm,女性は98.5 143cmである.通常は発育障害の診断を受けてから5年以内に,患者のほぼ全員が進行性ステロイド抵抗性腎障害を発症し,末期腎不全に至る.検査した患者の大多数がT細胞欠損を呈しており,日和見感染リスクがあるため,これが最大の死因となっている.シムケ免疫性骨形成不全[grj.umin.jp]

さらなる症状