Create issue ticket

考えれる3県の原因 骨端トラウマ

  • 骨折

    骨折(こっせつ、英語: fracture)とは、直達外力や介達外力により骨が変形、破壊を起こす外傷であり、構造の連続性が絶たれた状態のことである。 骨折は全ての骨に起こり得る。骨は元来、若干の柔軟性・弾力性・可塑性を持ち、健康な骨は骨折しにくいが、限界を超える強い外力や反復した外力、骨に腫瘍などの病変が存在する場合は軽微な外力でも破壊される。また、鎖骨や手の舟状骨など構造的に外力が集中しやすく、折れやすい骨も存在する。ヒトの骨折のうち、日常生活で骨折を起こしやすい骨としては、鎖骨、肋骨、指骨、鼻骨、尾骨、橈骨、尺骨、脛骨、腓骨等が挙げられる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 上腕骨骨折

    上腕骨頸部骨折 上腕骨頸(けい)部骨折は中高年者に多く、転倒などで肩の外側をぶつけたり、手やひじをついたりすると生じます。肩の外側で、よく注射をうつ三角筋の部分の腫脹、疼痛(とうつう)をみとめます。運動痛があり、腕を動かすことができません。 骨折のしかたにより治療が異なります。転位(ずれ)のない骨折では保存(手術でない)治療をおこないます。上肢を三角巾と包帯あるいは副木(板などの添え物のこと)などで固定して、はれや痛みが減ってきたら、上肢をぶらぶらさせる振り子運動を開始します。骨形成がみられたら徐々に運動をふやします。[…][medical.jiji.com]

  • 骨端トラウマ

    岩部昌平 2017.1 ジンマ トラウマシンポジウム2017 上腕遠位関節内骨折に対する肘筋温存肘頭骨切りアプローチの試み 別所祐貴 岩部昌平 加藤匡裕 川崎俊樹 橘田祐樹 叶内平 名倉重樹 雨宮剛 北川剛裕 2016.11 第219回栃木整形外科医会 慢性再発性多発性骨髄炎の1例 雨宮剛 岩部昌平 加藤匡裕 別所祐貴 川崎俊樹 橘田祐樹[saimiya.com]

さらなる症状