Create issue ticket

考えれる48県の原因 骨盤帯痛

  • 骨盤内炎症性疾患

    淋菌感染症帯下感 よく見られる症状 クラミジア感染症と同様に無症状の場合から下感(おりもの)や性器出血など軽度のもの、重症化すれば発熱、下腹等の骨盤内炎症性疾患などがみられます。一般的にクラミジア感染症より症状は強く出ると言われています。[utsuno.info]

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 脊椎すべり症

    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 の解説 脊椎すべり症 せきついすべりしょう spondylolisthesis 脊椎の 椎体 が下位の椎体上を前方にすべるようにずれる状態をいう。大部分は 脊椎分離症 によるが, 椎間板 や 椎間関節 などの変性が強いために起るものもある。第5腰椎に好発する。症状は 腰痛 ,下肢痛のほか,しばしば 間欠性跛行 があり,労働によって悪化する。軽症は安静と 軟性コルセット の装着で治療できるが,症状が強い場合や 重労働 をする人には手術が必要となる。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報[…][kotobank.jp]

  • 子宮内膜症

    子宮内膜症 (しきゅうないまくしょう、 英 : Endometriosis )は、 子宮内膜 やそれに類似した組織が 子宮 内腔や子宮体部以外の骨盤内で増殖する疾患。 子宮内膜症のデータ ICD -10 N80 統計 出典: 世界の患者数 約890万 人 (20xx年xx月xx日) 日本の患者数 約12万 人 (2006年) 子宮内膜症学会 日本 日本産科婦人科学会 世界 この記事は ウィキプロジェクト の 雛形 を用いています 概念 [ 編集 ] 子宮内膜 が子宮外で増殖する疾患である。良性の疾患ではあるが、 転移 や 浸潤 するなど 悪性腫瘍[…][ja.wikipedia.org]

  • 老人性関節症

    C型肝炎ウィルスの治療をあきらめていませんか? C型肝炎ウィルスの新しい治療の紹介 インターフェロンを用いない、内服薬だけの治療 【これまでのC型肝炎治療】 C型肝炎ウィルスによる慢性肝炎や肝硬変の場合、肝臓癌ができてくることが多く、高齢の方では10年間でおおよそ7割の方に肝臓癌ができてくるといわれています。 これまでもインターフェロンを中心にウィルスを排除するための治療方法が工夫され、C型肝炎ウィルスが消えた方では肝硬変への進行や肝臓癌がかなり少なくなることが明らかになってきました。[…][kura-hp.com]

  • リウマチ性多発筋痛症

    リウマチ性多発筋痛症は, 巨細胞性動脈炎 (側頭動脈炎)と密接に関連する症候群である。55歳以上の成人に発生する。 典型的には近位筋に重度の痛みおよびこわばりが生じ(筋力低下や萎縮は伴わない),非特異的な全身症状を呈する。赤沈亢進およびCRPの上昇が典型的にみられる。診断は臨床的に行う。低用量コルチコステロイドによる治療が効果的である。低用量から中用量のプレドニゾンまたはメチルプレドニゾロンに対する劇的で急速な反応が診断を裏付ける。 リウマチ性多発筋痛症は55歳以上の成人に発生し,女性:男性の比率は2:1である。 リウマチ性多発筋痛症は 巨細胞性動脈炎[…][msdmanuals.com]

  • 脊柱管狭窄症

    腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)は、脊椎にある脊柱管(せきちゅうかん)という神経を囲んでいる管が狭窄する整形外科疾患。 通常、加齢に伴って発生する脊髄変性症で広く見られる症状であるが、ときには脊椎椎間板ヘルニア、骨粗しょう症や腫瘍によって引き起こされる場合もある。 間欠性跛行(かんけつせいはこう)がみられる。歩行しているとだんだん足が痺れたり痛くなり、休むと回復するのが特徴である。また、会陰(えいん)部の感覚に異常が生じることもある。なお、間欠性跛行は閉塞性動脈硬化症でもみられるため、鑑別が必要。[…][ja.wikipedia.org]

  • 股関節部骨折

    股関節部骨折の手術は,最新の血栓予防治療の実施にもかかわらず,静脈血栓塞栓症の高リスクを伴っている.合成五糖類のフォンダパリヌクス(fondaparinux)は,このリスクを低下させる可能性のある新規の抗血栓薬である. 二重盲検試験において,大腿骨の上部 1 / 3 の骨折に対して手術を受ける予定に なっていた 1,711 例の連続した患者を,術後に開始するフォンダパリヌクス 2.5 mg 1 日 1 回の皮下投与か,または術前に開始するエノキサパリン 40 mg 1 日 1 回の皮下投与のいずれかを,少なくとも 5 日間実施する治療に無作為に割付けた.有効性の主要転帰は,術後 11[…][nejm.jp]

  • 腰椎の圧迫骨折

    2018.08.02 脊髄・脊柱 脊柱(頚椎、胸椎、腰椎)の圧迫骨折と後遺障害(運動障害と荷重機能障害) 脊柱についての一般的な解説は、【交通事故による「脊髄・脊柱」の損傷と後遺障害( )】のコラムで解説しました。 今回は、脊柱の圧迫骨折とその後遺障害について解説していきたいと思います。 脊柱の後遺障害について 脊柱は、いわゆる「背骨」のことです。 もう少し詳しくいうと、脊柱は、頭がい骨のすぐ下の環椎(第1頚椎)から頚椎7個、胸椎12個、腰椎5個の合計24個の椎骨(椎体)が連なって構成されていることになります。[…][kotsujiko-niigata.com]

  • 腰部脊椎症

    抄録 腰部脊椎症(腰椎症)の病態,症状,手術法の基本についてまとめた.腰部脊椎症は腰椎椎間板の変性に起因する変性疾患であるが,主病変は椎間関節と黄色靭帯の肥厚による中心管と神経根管の狭窄である.中心管狭窄により馬尾圧迫症状である間欠性跛行が,神経根管狭窄により神経根症状が引き起こされる.画像診断法としてX線,CT脊髄造影,MRIを使用するが,腰椎症の所見は高齢者には普通にみられる変化なので,神経症状との相関には特に注意を払う.手術治療は狭窄部位により,laminectomy, medial facetectomy,[…][jstage.jst.go.jp]

さらなる症状