Create issue ticket

考えれる176県の原因 骨盤内腫瘤

  • 卵巣嚢胞

    症例は50歳,左下腹痛を主訴に当科を受診した.最初は卵巣嚢胞茎捻転,子宮付属器炎によると考えられた.しかし,骨盤MRI検査で子宮膜症性卵巣嚢胞を認めるとともに,左下腹部に渦巻状の層構造を呈するが左鼠径ヘルニア嚢へ連続していることから,左鼠径ヘルニア嵌頓による続発性大網捻転症も併せて診断された.外科コンサルトの上,手術を施行した.左卵巣嚢胞[journal.kyorin.co.jp]

  • 多嚢胞性卵巣症候群

    多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん、英: Polycystic ovary syndrome:PCOS)とは、女性の排卵が阻害されて卵巣内に多数の卵胞がたまり、月経異常や不妊を生じた病態。 卵巣の表面が肥厚し排卵が行われず、滞留した卵胞によって卵巣が多嚢胞化している。エコー画像で見ると、卵巣の表面に沿って粒がぐるりと数珠つなぎになっている様子から、「ネックレス・サイン」と呼ばれる。 明確な原因は解明されていない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 子宮筋腫

    […] step-3 内診 内診台で骨盤の様子を見ます。「筋腫」と考えられる(こぶ)があるかを診ます。 step-4 画像などによるより確実な診断 A.超音波診断 B.MRI(磁気共鳴画像) C.血液検査 (採血して血液の成分を検査します。貧血や、筋腫の影響で増加する酵素の値を調べます。) Q-検査の結果、子宮筋腫と診断されました。[shinshu-u.ac.jp]

  • 子宮内膜症

    子宮内膜症 (しきゅうないまくしょう、 英 : Endometriosis )は、 子宮内膜 やそれに類似した組織が 子宮 内腔や子宮体部以外の骨盤内で増殖する疾患。 子宮内膜症のデータ ICD -10 N80 統計 出典: 世界の患者数 約890万 人 (20xx年xx月xx日) 日本の患者数 約12万 人 (2006年) 子宮内膜症学会 日本 日本産科婦人科学会 世界 この記事は ウィキプロジェクト の 雛形 を用いています 概念 [ 編集 ] 子宮内膜 が子宮外で増殖する疾患である。良性の疾患ではあるが、 転移 や 浸潤 するなど 悪性腫瘍[…][ja.wikipedia.org]

  • 複数の卵巣嚢腫

    卵巣腫瘍の診断は、婦人科診察(内診)によって骨盤 (しゅりゅう) が触知されるが、超音波断層撮影やCT検査なども行われる。また、卵巣腫瘍の約80 90%は良性であり、生命の危険は少ないが、悪性化した場合の治癒率が比較的低いので、早期発見が重要であり、治療には手術療法と化学療法を組み合せる方法が一般的である。[kotobank.jp]

  • 平滑筋肉腫

    MRI検査では骨盤が左外腸骨静脈内へ侵入し左総腸骨静脈までの占拠する性病変を認めた.血管に浮遊性を認めていないため下大静脈フィルターは挿入せず,骨盤および血管内腫瘍摘出,静脈血管再建温存手術を施行した.子宮平滑筋肉腫再発と診断し,術後療法施行せず1年7か月を経過するも再発所見は認めていない.[journal.kyorin.co.jp] 初回治療から6年6か月より軽度の下腹部違和感を認め,全身CT検査にて骨盤内腫瘍,LDH 264 IU/ l ,D-ダイマー1.71 μg/m l と軽度上昇を認め,子宮肉腫再発の疑いで精査加療となった.手術準備をしていたところ,突然の左下肢浮腫および疼痛を認め,LDH 458 IU/ l ,D-ダイマー1.92 μg/m l と上昇していた.骨盤[journal.kyorin.co.jp]

  • 前立腺横紋筋肉腫

    いのちは輝く 障害・病気と生きる子どもたち 俊平君(仮名・12歳)が私たちの病院に入院してきたとき、彼の下腹部は異様に盛り上がっていました。いくら力んでも尿が出ないといいます。緊急でX線CTを撮影したところ、 膀胱 ( ぼうこう ) のすぐ下、つまり前立腺の位置に大人の拳くらいの大きな腫瘍がありました。こういう腫瘍は残念ながら良性ということは、まずあり得ません。ほぼ間違いなく、 横 ( おう ) 紋 ( もん ) 筋 ( きん ) 肉腫 ( にくしゅ ) と呼ばれる悪性腫瘍です。 抗がん剤の激しい副作用 それでも効かず[…][yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 卵管・卵巣膿瘍

    骨盤に胸腹水の貯留を認めた場合には本疾患も考慮すべきである。[journal.chemotherapy.or.jp] 卵管が炎症をおこすと発赤(ほっせき)(赤くなる)、腫脹(しゅちょう)(腫(は)れる)し、ひどくなると、なかに炎症にともなう浸出液(しんしゅつえき)や膿(うみ)がたまり、先端がふさがって卵管留水腫(らんかんりゅうすいしゅ)、卵管留膿(らんかんりゅうのうしゅ)という(しゅりゅう)をつくり、卵巣、子宮、骨盤腹膜(こつばんふくまく)(骨盤の[kotobank.jp] 卵管卵巣膿瘍は,卵管炎により卵管壁が肥厚し,卵管が閉塞し卵巣にまで炎症が波及することで形成される 3) .超音波検査では卵管卵巣膿瘍は厚い被膜で覆われた嚢胞性を呈する. CTでは,卵管・卵巣壁の肥厚と強い造影効果,周囲への炎症波及や癒着による骨盤脂肪織の混濁や腹膜肥厚,腸間膜内の索状構造などを認める.[yodosha.co.jp]

  • 膀胱移行上皮癌

    転移の好発部位は腰椎下リンパ節、骨盤、腰椎そして肺である。 正常部位で切開して、膀胱のみを摘出する方法は? 膀胱三角に極めて近接、多発性腫瘤なので摘出出来るかどうか分からない。 血管支配の多い部位で激しい出血が予測される。術後出血の可能性もある。 術後の再発の可能性、播種性に腫瘍が転移する可能性が非常に高い。 膀胱の全摘出術は?[torii-ac.com]

  • 転移性卵巣上皮がん

    卵巣がんとは 卵巣にできる腫瘍には良性のものと悪性のものがあり、85%は良性です。また、良性と悪性(卵巣がん)の中間的な悪性度である境界悪性腫瘍と呼ばれるものもあります。『卵巣腫瘍』とは、これらの良性、境界悪性、悪性(がん)の3つのすべてを含んだ病名であり、腫瘍 悪性ではありません。 卵巣の腫瘍はその発生する起源によって大別され、表層上皮性・間質性、性索間質性、胚細胞性などの種類があります。最も多いのは、卵巣の表層を覆う細胞に由来する表層上皮性・間質性腫瘍です。上皮性のがんは卵巣がん全体の90%を占めています。[…][wakayama-med.ac.jp]

さらなる症状