Create issue ticket

考えれる12県の原因 骨癒合

  • 骨折

    経皮的鋼線固定 キルシュナーワイヤーなどを用いてX線透視下に皮膚の外からを串刺しにし、固定する(右上の画像参照)。Gultの癒合日数においては、癒合は中手で2週、肋骨で3週、鎖骨で4週、前腕骨で5週、上腕骨体部で6週、脛骨で7週、両下腿骨で8週、大腿骨で8週、大腿骨頚部で12週かかる。[ja.wikipedia.org] 癒合に要する期間は損傷部位や年齢に左右されるが、いずれの骨折も同じプロセスを踏んで修復される。ただし、感染症や不適切な治療により癒合が遷延したり癒合しなかったりするケースもある。 上肢の骨折の治療目標は手の機能の温存である。多少の変形や短縮は構わない。一方、下肢の骨折の治療目標は無痛で安定した荷重ができることである。[ja.wikipedia.org]

  • 骨盤骨折

    骨盤(こつばん、pelvis)は、大腿骨と脊柱の間で体を支える、強固に一体化した一群のの解剖学的名称である。 骨盤は、左右1対の寛、仙骨、尾骨で構成される。これらのはいずれも成長とともに癒合するため個数が変わる。 寛 : 腸、坐骨、恥骨が17歳頃に一体化して1個の寛となる。 仙骨 : 5個の仙椎が癒合して1個の仙骨となる。[ja.wikipedia.org] 尾骨 : 3-6個の尾椎が部分的にあるいは全面的に癒合して尾骨となる。数は不定である(個々人で異なる)。 仙骨は脊柱の下端のではない。下端は尾骨である。 坐骨・腸骨・恥骨の結合部が大腿骨と接続して股関節となっている。この受け部分を臼蓋と言う。股関節は肩関節と同じく球関節で自由度は3である。[ja.wikipedia.org]

  • 膝蓋骨骨折

    経皮的鋼線固定 キルシュナーワイヤーなどを用いてX線透視下に皮膚の外からを串刺しにし、固定する(右上の画像参照)。Gultの癒合日数においては、癒合は中手で2週、肋骨で3週、鎖骨で4週、前腕骨で5週、上腕骨体部で6週、脛骨で7週、両下腿骨で8週、大腿骨で8週、大腿骨頚部で12週かかる。[ja.wikipedia.org] 癒合に要する期間は損傷部位や年齢に左右されるが、いずれの骨折も同じプロセスを踏んで修復される。ただし、感染症や不適切な治療により癒合が遷延したり癒合しなかったりするケースもある。 上肢の骨折の治療目標は手の機能の温存である。多少の変形や短縮は構わない。一方、下肢の骨折の治療目標は無痛で安定した荷重ができることである。[ja.wikipedia.org]

  • 脊柱側弯症

    手術後の日常生活について 手術後は癒合(こつゆごう がくっついて一塊になること)を第一に考えます。 日常生活については、半年間スポーツは禁止です。その後は軽いスポーツから始め、通常のスポーツは術後10ヶ月としています。 背骨を金属で固定しているので、背中の柔軟性は失われてしまいます。[sekitsui.com]

  • ブラウン・セカール症候群

    ウイルス、分子構造の研究など ハンス・クルシュマン - クルシュマンらせん体の発見 アルヴァル・グルストランド - 眼の屈折機能に関する研究 グルト - 平均癒合日数に関する研究 ハンス・クレブス - クエン酸回路、生化学、医師。[ja.wikipedia.org]

  • 足根管症候群

    頭部外傷・頭蓋骨骨折・脳挫傷・びまん性軸索損傷・外傷性くも膜下出血・急性硬膜外血腫・急性硬膜下血腫・慢性硬膜下血腫等救急医療分野における緊急手術を必要とする領域 水頭症・二分脊椎・脳瘤・髄膜瘤・キアリ奇形・頭蓋早期癒合症・クモ膜嚢胞・頭蓋頸椎移行部形成異常 腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・腰椎分離症・腰椎すべり症・黄色靭帯骨化症・黄色靭帯石灰化症[ja.wikipedia.org]

  • 動脈瘤

    頭部外傷・頭蓋骨骨折・脳挫傷・びまん性軸索損傷・外傷性くも膜下出血・急性硬膜外血腫・急性硬膜下血腫・慢性硬膜下血腫等救急医療分野における緊急手術を必要とする領域 水頭症・二分脊椎・脳瘤・髄膜瘤・キアリ奇形・頭蓋早期癒合症・クモ膜嚢胞・頭蓋頸椎移行部形成異常 腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・腰椎分離症・腰椎すべり症・黄色靭帯骨化症・黄色靭帯石灰化症[ja.wikipedia.org]

  • 硬膜外血腫

    頭部外傷・頭蓋骨骨折・脳挫傷・びまん性軸索損傷・外傷性くも膜下出血・急性硬膜外血腫・急性硬膜下血腫・慢性硬膜下血腫等救急医療分野における緊急手術を必要とする領域 水頭症・二分脊椎・脳瘤・髄膜瘤・キアリ奇形・頭蓋早期癒合症・クモ膜嚢胞・頭蓋頸椎移行部形成異常 腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・腰椎分離症・腰椎すべり症・黄色靭帯骨化症・黄色靭帯石灰化症[ja.wikipedia.org]

  • 結核

    特徴的なのは、背骨の胸椎(きょうつい)と腰椎(ようつい)の一部に、結核が原因でが溶解・癒合する病気「脊椎(せきつい)カリエス」の症状が認められたことだ。 広富林遺跡があるのは長江のデルタ地帯にあたり、同じ地域には良渚(りょうしょ)遺跡など、広富林と同時期に盛んに稲作を行っていた遺跡が集中する。[asahi.com] 特徴的なのは、背骨の胸椎と腰椎の一部に、結核が原因でが溶解・癒合する病気「脊椎カリエス」の症状が認められた。結核は縄文時代の日本列島では未確認で、研究者は弥生時代に渡来したと考えられており、今回の発見は、結核はこの地域から稲作文化とセットで日本にもたらされた可能性を示唆するという。[ja.wikipedia.org]

  • 脳動脈瘤

    頭部外傷・頭蓋骨骨折・脳挫傷・びまん性軸索損傷・外傷性くも膜下出血・急性硬膜外血腫・急性硬膜下血腫・慢性硬膜下血腫等救急医療分野における緊急手術を必要とする領域 水頭症・二分脊椎・脳瘤・髄膜瘤・キアリ奇形・頭蓋早期癒合症・クモ膜嚢胞・頭蓋頸椎移行部形成異常 腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・腰椎分離症・腰椎すべり症・黄色靭帯骨化症・黄色靭帯石灰化症[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状