Create issue ticket

考えれる1,224県の原因 骨減少症および骨粗鬆症

つまり: 骨減少症および骨粗鬆

  • 骨粗鬆症

    疲労骨折 日本骨粗鬆症学会 世界骨粗鬆症デー - 10月20日 日本骨粗鬆症学会 財団法人骨粗鬆症財団 メルクマニュアル 骨粗しょう症[ja.wikipedia.org] 2011年12月20日に「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン 2011年版」(日本骨粗鬆症学会、日本骨代謝学会、骨粗鬆症財団)が発行された。予防のポイント概説と全部を掲載する(全文は PDF を参照)。 若年者における予防 わが国での大規模疫学調査により、日本人女性における最大骨量が18歳時に獲得されることが改めて確認された。[jpof.or.jp] 骨粗鬆症について 粗しょうは加齢などの原因により、骨の量が減少したり、質が劣化したりしてスカスカになり、もろくなって骨折のリスクが高くなってしまう疾患です。 骨に含まれるカルシウムなどの量(骨密度)は若年期をピークに、年齢とともに減少していきます。[akira-naika.com]

  • クッシング症候群

    骨粗鬆症 尿中、血中コルチゾール検査:コルチゾール値の増加が見られる。また、通常朝高く夜低くなる日内変動の消失が見られる。 ACTH:ACTHの減少 副腎腫瘍、ACTHの増加 下垂体腫瘍・異所性ACTH産生腫瘍と鑑別される。 尿中17-KS、17-OHCS:ステロイドの代謝物。1日の尿中排泄量で評価する。クッシング症候群で増加する。[ja.wikipedia.org]

  • 脊椎圧迫骨折

    このように、 高齢者や女性に発生しやすいのは、脊椎圧迫骨折が骨粗鬆症と大きく関係しているため です。 通常、骨は古い骨が吸収されて、新しい骨がつくられるというサイクルを繰り返し、頑丈な状態を保っています。 しかし、高齢によってその機能がうまく働かなくなると、骨がもろくなる骨粗鬆症になり、小さな衝撃でも骨折しやすくなります。[ogw-media.com] 注意しなければいけないことは、骨折部は安定しても骨粗鬆症が治っているわけではないということです。痛みが良くなったからといって無理をすると隣の背骨がまた骨折してしまうこともありますので骨粗鬆症の治療を継続することが大切です。 ただしすべての椎体骨折が BKP で治療できるわけではありません。[matsunami-hsp.or.jp] 骨粗鬆症 でもっとも多い骨折です。転んだ衝撃で背骨がつぶれておきることが多いです。 背骨のことを専門的には「脊椎」と呼んでいます。脊椎圧迫骨折は、脊椎が押し潰されるように変形してしまう骨折です。骨折の原因は骨粗鬆症が進んで、脊椎が弱くなったため、少しの衝撃でつぶれてしまうのです。転倒・しりもち・くしゃみなどで起こります。[oie.or.jp]

  • 黄疸

    胆汁うっ滞では皮膚掻痒感からはじまり皮膚黄色腫、骨粗鬆症、血液凝固異常が生じる。臨床的には脂肪便や脂溶性ビタミンを中心とする吸収不全が有名である。 なお、体質性黄疸の例から皮膚掻痒感を起こす原因物質がビリルビンではないということはわかっているが、原因物質は同定されていない。[ja.wikipedia.org]

  • こむら返り

    薬剤 副作用アンジオテンシンII受容体拮抗薬、抗悪性腫瘍剤(シスプラチン)、利尿薬、コリンエステラーゼ阻害剤(ドネペジル)、β刺激作用を有する薬剤(気管支拡張薬や一部の交感神経β受容体遮断薬)、脂質降下薬、経口避妊薬、結核治療薬(ピラジナミド)、骨粗鬆症予防薬(ラロキシフェン)、骨粗鬆症治療薬、抗パーキンソン病薬、抗がん剤(ビンクリスチン)[ja.wikipedia.org]

  • 大腿骨頚部骨折

    予防と治療 予防は折れにくい骨を作るという意味で 骨粗鬆症 の治療を行うことと転倒しにくい環境を整えるという2点です。 骨粗鬆症 の治療は食物、薬物、運動ということになりますが、特に女性の場合は正常でも更年期以後年率で1%づつカルシウム量が減るといわれており、普段から検診等でチェックすることが大切です。[joa.or.jp] 欧米では、日本より10年前に骨粗鬆症による骨折予防目的にビスホスホネートなどの骨粗鬆症治療薬が投与されており、フィンランドでは1995年以降は、頚部骨折が減っていて他の欧米諸国も減っているのに、日本は増加しているのが現状という背景があります。 それを踏まえて、平成21年から静岡市では、急性期病院と回復期病院の間でスタートしました。[shizuoka-city-med.or.jp] まずは先程、骨の強度を乱す要因としてあげた『骨粗鬆症』の予防です。最近では検診などで骨粗鬆症をチェックすることもあり、整形外科の診療所にも骨密度の測定器を設置している施設も多いので、定期的に骨密度の検査をして、必要であれば内服や注射により骨密度をコントロールすることが大切になります。 もう一つは『転倒』の予防です。[jcoa.gr.jp]

  • ビタミンD欠乏症

    また上記の二次性骨粗鬆症と相まって骨折が生じることもあります。虫歯も多くなり、また骨軟化症が長期にわたると改善を見込めない関節症や靭帯の石灰化(後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症など)を発症します。[medicalnote.jp] 「60歳以上の女性では骨粗鬆症のリスクが増し、乳がん治療に使われる薬物療法によってこのリスクがさらに高くなります」と述べた。「ビタミンDレベルを通常に保つことは特に乳がんの女性にとり、今回私たちが発見した腫瘍に対する効果の可能性とは別に、骨の健康を最適化するために重要なことなのです」。 原文[cancerit.jp] 骨粗鬆症は、骨が弱くてもろいために簡単に折れる状態にあり、晩年の骨粗鬆症や骨折のリスクは、小児期に形成された骨の量と、成人期に失った骨の量に関係しているとも言われています。 晩年の骨粗鬆症や骨折を防ぐ方法の一つは、若いうちに骨を強くしておくことが大切です。[termina-implant.com]

  • 骨折

    骨粗鬆性圧迫骨折に対して当科の専門外来として「骨粗鬆症・圧迫骨折外来」を開設しました。骨粗鬆症が心配な方、骨粗鬆症と言われたことがある方、圧迫骨折と言われた方、圧迫骨折で痛みが長引いている方は一度受診をお願いします。[kameda.com] 骨量の減少は、加齢によるほか、閉経に伴う女性ホルモンの不足も大きく影響するので、女性は50歳前後から骨粗鬆症が増加し、60代では半数以上、80代では大半が骨粗鬆症である。男性と比べても圧倒的に女性が多く、骨粗鬆症による骨折の約8割は女性である。[kokusen.go.jp] 骨折の原因が骨粗鬆症であるならば、その程度を把握し、今以上に進行しないように薬物治療をする必要もあります。 “せぼね”の骨折で足の力が弱くなってしまったり、しびれや感覚の異常がでてしまったら、それは“せぼね”のなかの神経が痛んでいるかもしれませんので、できるだけ早く“せぼね”の専門医を受診してください。[sekitsui.com]

  • 過食

    先に述べた不整脈や、栄養失調からくる感染症や貧血、脳萎縮、骨粗鬆症、過食からくる肥満や糖尿病など、内科的疾患も現れてきます。 治療法 過食嘔吐の部分症状に限って言うと、認知行動療法や対人関係療法が有効とされています。多く行われている治療法としては、家族療法、行動制限療法、認知行動療法、再養育療法、力動的な倫理療法などになります。[meinherz.jp]

  • 更年期障害

    またこの療法は更年期症状のほかに骨粗鬆症の予防と治療にも有効です。 【治療を続ける場合は定期検査が必要】 ・婦人科検診(内診・超音波エコー検査)…半年 1年に1回 ・採血・骨粗鬆症検査…1年に1回 注)子宮癌・乳癌・血栓症などの既往のある方は、ホルモン補充療法を受けられない場合があります。[mori-hosp.jp] 危険な病気の誘発にもつながるエストロゲン不足 また、エストロゲンが少ない状態が続くと、腟炎や性交痛、尿失禁などが現れるほか、長期的には動脈硬化や骨粗鬆症といった病気にもなりやすくなります。 前のページ 次のページ[aska-pharma.co.jp] メタボの予防、骨粗鬆症の予防にもなりますが、自費療法となります。 1ヶ月分が約6,000円かかります。[hasegawaladies-cl.jp]

さらなる症状

類似した症状