Create issue ticket

考えれる142県の原因 骨格筋力低下

  • 糖原病 5型

    筋力低下をきたす骨格筋のミオパチーは通常小児期には顕在化しないが、緩徐に進行し、典型的には20-30代に顕著となる。 診断・検査 肝腫大、空腹時のケトン性低血糖、血清トランスアミナーゼおよび血清CKの上昇が糖原病Ⅲ型で目立つ特徴である。[grj.umin.jp]

  • 常染色体劣性中心核病

    筋ジストロフィーは遺伝子の変異で生じる。 治療薬の開発が近付いています 遺伝子は細胞のひとつひとつにある 人の体は細胞でできています。細胞の中には「核」と呼ばれる中心部分があり、その中に染色体がセットになって収まっています。染色体は「DNA(デオキシリボ核酸)」がヒストンというタンパク質に巻き付いて折りたたまれているものです。 DNAは人体が生きる上で必要なすべての情報が書き込まれているもので、4種の塩基(A:アデニン、G:グアニン、T:チミン、C:シトシン)の組み合わせでできています。遺伝子は、DNAの中で体の特徴を作り出すためのタンパク質の設計図となる部分です。[…][mdcst.jp]

  • 慢性閉塞性肺疾患

    息切れによって、運動量・活動量・食事量が低下することで生じる筋力や筋肉量の低下、低栄養、内臓脂肪型肥満に加えて、全身性炎症の影響を受けることで、貧血、骨粗鬆症、骨格筋機能障害、抑うつ、睡眠障害、メタボリックシンドローム、インスリン抵抗性など全身への影響がみられるようになります。[tyojyu.or.jp] 慢性閉塞性肺疾患(COPD)では、加齢と肺の機能障害による身体活動性の低下と全身性の炎症から骨格筋の機能障害(筋力低下、筋肉量低下)を起こし、全身に悪影響を与えて合併症や併存症※2をもたらします。全身の状態が悪くなることで、さらに筋力低下、筋肉量低下が進み、身体機能を悪化させるという悪循環を起こします。[tyojyu.or.jp]

  • 低カリウム血症

    中程度 (K 2.5-3.0mEq/L)消化器症状(嘔気、食思不振など) 骨格筋症状(脱力、筋力低下、テタニーなど) 尿濃縮障害(多尿、多飲) インスリン分泌障害(耐糖能異常)重度 (K 2.5mEq/L)麻痺、強度の筋肉痙攣(四肢麻痺、呼吸筋麻痺)、イレウス、心興奮性亢進などが起こる。深刻 横紋筋融解症の報告がある。[ja.wikipedia.org] 中程度 (K 2.5-3.0mEq/L) [2] 消化器症状(嘔気、食思不振など) 骨格筋症状(脱力、筋力低下、テタニーなど) 尿濃縮障害(多尿、多飲) インスリン分泌障害(耐糖能異常) 重度 (K 2.5mEq/L) [2] 麻痺、強度の筋肉痙攣(四肢麻痺、呼吸筋麻痺)、 イレウス 、心興奮性亢進 [1] などが起こる。[ja.wikipedia.org]

  • 脳血栓症

    神経内科というと、少しイメージしにくい科かもしれませんが、もし、運動障害(筋力低下、不随意運動、など)、感覚障害(しびれ、感覚低下、など)、歩行障害、頭痛、めまい、等ありましたら当科を受診することをお勧めします。 具体的な疾患としては、当科で最も多く診療しているのは脳梗塞です。[nho-kumamoto.jp] (管理栄養士 土谷 純子) 診療の特色 総合医療センター 神経内科 神経内科は、脳、脊髄、末梢神経、骨格筋が障害される疾患を扱っています。[nho-kumamoto.jp]

  • 筋ジストロフィー

    出典 小学館 家庭医学館について 情報 大辞林 第三版 の解説 出典 三省堂 大辞林 第三版について 情報 精選版 日本国語大辞典 の解説 きん‐ジストロフィー【筋ジストロフィー】 〘名〙 (ジストロフィーはdystrophy 「 栄養失調 」の意) 骨格筋 の進行性萎縮と筋力低下を特徴とする筋肉の病気。[kotobank.jp] シリーズ遺伝相談 特定領域編9 筋ジストロフィーの遺伝  東京女子医科大学附属医療センター 浦野真理・斎藤加代子 筋ジストロフィーとは、骨格筋に変性と壊死が生じて、筋力低下が起こる疾患を総称しています。[jfpa.or.jp] 主訴が筋力低下、筋萎縮であり、以下の2項目を満たすものをいう。 遺伝性疾患である。 骨格筋がジストロフィー変化を示す。ジストロフィー変化とは、筋線維の大小不同、円形化、中心核の増加、結合組織の増生、脂肪化を特徴として筋線維束の構造が失われる変化のことをいう。[ja.wikipedia.org]

  • 自律神経性ニューロパチー

    骨格筋の抵緊張、振戦(しんせん)、筋力低下、筋萎縮を伴う。 神経麻痺による運動障害であるか、廃用性の筋力低下であるかの鑑別診断は重要。 神経解剖学的部位に局在していて、次の診断基準の少なくとも2つをみたす痛み 1、疼痛部位のすべてあるいは一部に感受性の低下がある。 2.[itamikenkiyu.jimdo.com]

  • 肩インピンジメント症候群

    たとえば、激しい運動をしすぎて筋肉疲労を起こしてしまっていたり、逆に運動不足による筋力低下によって起こることもあります。 また、ストレスなど精神的なものによって起こることもありますし、骨格の歪みや血行不良など、ひとことで腰痛といってもその原因は人によってさまざまなのです。[lion-acupuncture.com]

  • ミオパチー

    先天的な骨格筋の構造異常によって筋力・筋緊張の低下や呼吸障害、関節拘縮などを起こす「先天性ミオパチー」、骨格筋の壊死・再生を主病変とする遺伝性疾患の「筋ジストロフィー」、中枢神経系の髄鞘形成不全によって大脳白質が十分に構築されず眼振・痙性四肢麻痺・小脳失調などの症状を呈する「先天性大脳白質形成不全症」、極めて難治かつ頻回の焦点発作が特徴の「[medwatch.jp] 筋ジストロフィーとは骨格筋の変性、壊死を主病変とし、臨床的には進行性の筋力低下をみる遺伝性の疾患である。[ja.wikipedia.org] 筋疾患の症状の大半は、筋肉( 骨格筋 )が 萎縮 することによっておこる 筋力低下である。筋肉が萎縮する原因には大まかに2つあるが、1つは筋肉自体に問題がある場合であり、もう1つは筋肉を動かす 神経 に問題がある場合である。[ja.wikipedia.org]

  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー

    シリーズ遺伝相談 特定領域編9 筋ジストロフィーの遺伝  東京女子医科大学附属医療センター 浦野真理・斎藤加代子 筋ジストロフィーとは、骨格筋に変性と壊死が生じて、筋力低下が起こる疾患を総称しています。[jfpa.or.jp] 定義 [ 編集 ] 主訴が筋力低下、筋萎縮であり、以下の2項目を満たすものをいう。 遺伝性疾患である。 骨格筋がジストロフィー変化を示す。 ジストロフィー変化とは、筋線維の大小不同、円形化、中心核の増加、結合組織の増生、脂肪化を特徴として筋線維束の構造が失われる変化のことをいう。[ja.wikipedia.org] この中には多くの種類が含まれますが、いずれも骨格筋の構成成分である主要なタンパク質をつくる指令を出す設計図である、遺伝子の変化によって生じます。 頻度や主な症状、発症年齢、遺伝形式は型によって違います。[jfpa.or.jp]

さらなる症状