Create issue ticket

考えれる302県の原因 骨格筋力低下

  • 糖原病 5型

    筋力低下をきたす骨格筋のミオパチーは通常小児期には顕在化しないが、緩徐に進行し、典型的には20-30代に顕著となる。 診断・検査 肝腫大、空腹時のケトン性低血糖、血清トランスアミナーゼおよび血清CKの上昇が糖原病Ⅲ型で目立つ特徴である。[grj.umin.jp] ,巨舌症 若年型および成人型では,運動発達遅滞を伴う骨格筋ミオパチー,末梢の筋および呼吸筋における進行性の筋力低下 IIb型では,知的障害 治療: 既知の治療法はない 心筋症には,心臓移植 IIa型 ライソゾーム酸性 α -グルコシダーゼ GAA(17q25)* IIb型(Danon病) ライソゾーム膜タンパク-2 LAMP2(Xq24)*[msdmanuals.com] 骨格筋phosphofructokinaseの先天的異常によりV型 と似た筋力低下がみられる。運動により筋の脱力、硬直、動悸が数分後に現れ 休息を要する。ミオグロビン尿、CPK、GOT、LDHの軽度上昇をみとめるが予後は 良好である。 8.[ibaraisikai.or.jp]

  • 常染色体劣性中心核病

    骨格筋の異常としてはミオトニアの他に進行性の筋萎縮と筋力低下が認められる。慢性進行性の経過であり歩行不能となり嚥下障害や呼吸障害を合併するようになり、50歳後半で呼吸不全で死亡することが多い。多くは30歳前にミオトニアで発症する。遺伝子検査で診断される場合が多い。 筋病理ではいくつかの特徴的な所見が知られている。[ja.wikipedia.org] 臨床的には非進行性の近位筋を主とする筋力低下を呈し、側弯や強直性脊椎症、関節拘縮などの骨格異常を伴いやすい、血清CK は正常などが共通の症候である。しかし、一部に呼吸障害、精神発達遅延などの重篤な症例も報告されている。[pathologycenter.jp]

  • ビタミンD欠乏症

    【ビタミンDの筋肉への作用】 “骨格筋にはビタミンD受容体が分布しており、ビタミンD欠乏が筋力低下に関連する” “Ⅱ型筋線維へ作用することにより体幹の揺れが減少し、転倒を抑制する”ことなどが明らかとなっています。 【ビタミンDの副作用】 ビタミンDを過剰に摂取しますと高Ca血症、高Ca尿症になります。[kouritu-cch.jp] デンマークに住むアラブ人およびデンマーク人のイスラム教徒女性の研究で、筋肉痛や筋力低下はビタミンD欠乏症の顕著な症状であった (22) 。[lpi.oregonstate.edu] 持続する非特異性の筋骨格痛を診てもらうのにミネソタ州の診療所を訪れた150人の連続症例の横断研究では、93%が血清中の25ヒドロキシビタミンD濃度が20ng/ml以下で、平均で12.1ng/mlであり、これはビタミンD不足を呈している (23) 。筋力がなくなると転倒や骨折のリスクが大幅に高くなり、年配者では特にそうである (24) 。[lpi.oregonstate.edu]

  • ニューロパチー

    症状の治療: 神経内科医,リハビリテーション医,整形外科医,理学療法士,作業療法士によるチーム医療.垂れ足の矯正および歩行補助のための足形装具や短下肢(足首・足)装具(AFO).手の筋力低下に対する手の握りしめ体操.重度の凹足奇形および股関節異形成に対しては,必要に応じて整形外科手術.筋骨格痛に対するアセトアミノフェンや非ステロイド性抗炎症薬[grj.umin.jp]

  • 慢性閉塞性肺疾患

    息切れによって、運動量・活動量・食事量が低下することで生じる筋力や筋肉量の低下、低栄養、内臓脂肪型肥満に加えて、全身性炎症の影響を受けることで、貧血、骨粗鬆症、骨格筋機能障害、抑うつ、睡眠障害、メタボリックシンドローム、インスリン抵抗性など全身への影響がみられるようになります。[tyojyu.or.jp] 慢性閉塞性肺疾患(COPD)では、加齢と肺の機能障害による身体活動性の低下と全身性の炎症から骨格筋の機能障害(筋力低下、筋肉量低下)を起こし、全身に悪影響を与えて合併症や併存症※2をもたらします。全身の状態が悪くなることで、さらに筋力低下、筋肉量低下が進み、身体機能を悪化させるという悪循環を起こします。[tyojyu.or.jp]

  • 高カリウム血症

    カリウム欠乏の主な症状は、脱力感、筋力低下、食欲不振、骨格筋の麻痺などです。 カリウムの過剰摂取の影響 過剰症も通常の食事では心配ないと思われますが、腎臓の機能が低下している場合は注意が必要です。カリウムは大部分が尿中に排泄されますが、腎不全などで腎機能が低下するとカリウムがうまく排泄されなくなり、高カリウム血症になります。[tyojyu.or.jp]

  • 凹足

    上肢筋力低下も基本的に左右差はない。経過が長くなると骨格系の変形を伴うことがある。足の前後長は短縮するが足の甲が高くなる凹足という変形が有名である。内反尖足になることもある。凹足(pes cavus)に足の底屈と内反が伴うと槌状足趾変形(hammer toes)となる [1] [2] 。[ja.wikipedia.org]

  • 心筋疾患

    ミオパチーを評価するための血清CK濃度の測定 罹患者の中には血清CK濃度の上昇を認めることがあり、その場合エミリ・ドレフュス型筋ジストロフィーあるいは肢帯型筋ジストロフィーに類似する骨格筋のミオパチーを伴う、または伴わない場合がある。 CK値が高まった際、神経筋の評価を含む骨格筋力低下の評価は必要である。[plaza.umin.ac.jp]

  • 低カリウム血症

    症状としては2.5 3.5mEq/Lで消化器症状(嘔吐、食欲不振)、骨格筋症状(脱力、筋力低下、テタニー)、尿濃縮障害(多飲、多尿)、インスリン分泌障害(耐糖能障害)K 2.5mEq/L では四肢麻痺、呼吸筋麻痺、イレウスを来たします。[jhf.or.jp] 中程度 (K 2.5-3.0mEq/L)消化器症状(嘔気、食思不振など) 骨格筋症状(脱力、筋力低下、テタニーなど) 尿濃縮障害(多尿、多飲) インスリン分泌障害(耐糖能異常)重度 (K 2.5mEq/L)麻痺、強度の筋肉痙攣(四肢麻痺、呼吸筋麻痺)、イレウス、心興奮性亢進などが起こる。深刻 横紋筋融解症の報告がある。[ja.wikipedia.org] 中程度 (K 2.5-3.0mEq/L) [2] 消化器症状(嘔気、食思不振など) 骨格筋症状(脱力、筋力低下、テタニーなど) 尿濃縮障害(多尿、多飲) インスリン分泌障害(耐糖能異常) 重度 (K 2.5mEq/L) [2] 麻痺、強度の筋肉痙攣(四肢麻痺、呼吸筋麻痺)、 イレウス 、心興奮性亢進 [1] などが起こる。[ja.wikipedia.org]

  • 睡眠時無呼吸

    肥満 顔の骨格(えらが張っていない小顔、など) 加齢(自律神経機能の低下、呼吸に関連する筋力の低下) 扁桃腺肥大や鼻炎 神経系の病気 女性ホルモンの減少(更年期にさしかかる35 50歳からいびきが始まるケース) 睡眠時無呼吸症候群は、治療可能な病気です。睡眠時無呼吸症候群の治療には、「CPAP」という医療機器が用いられます。[xn--pcka3d5a7lx98rugzc.com]

さらなる症状