Create issue ticket

考えれる33県の原因 骨スキャンの異常

  • 骨折

    骨折(こっせつ、英語: fracture)とは、直達外力や介達外力により骨が変形、破壊を起こす外傷であり、構造の連続性が絶たれた状態のことである。 骨折は全ての骨に起こり得る。骨は元来、若干の柔軟性・弾力性・可塑性を持ち、健康な骨は骨折しにくいが、限界を超える強い外力や反復した外力、骨に腫瘍などの病変が存在する場合は軽微な外力でも破壊される。また、鎖骨や手の舟状骨など構造的に外力が集中しやすく、折れやすい骨も存在する。ヒトの骨折のうち、日常生活で骨折を起こしやすい骨としては、鎖骨、肋骨、指骨、鼻骨、尾骨、橈骨、尺骨、脛骨、腓骨等が挙げられる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 前立腺癌

    『TOMOの会(患者会)』が実施した 「トモセラピー治療」に関するアンケート結果を公開しました。 「治療後のPSA推移、副作用、QOL、余病、再発・転移」 『TOMOの会(患者会)』が2013年10月実施 母数103人 【アンケート項目】 Q1:トモセラピー治療後の経過年数について Q2:トモセラピー治療後のPSAの推移状況について Q3:トモセラピー治療後の現在の副作用の有無(重複回答) Q3-A:「排尿関連」 Q3-B:「排便関連」 Q3-C:「下血関連」 Q3-D:「男性機能」 Q3-E:「その他」 Q4:全体的なQOLの変化について[…][tomotherapy.jp]

  • 前立腺腺癌

    限局性前立腺癌の根治療法: 全摘手術と小線源療法 について 骨やリンパ腺などへの転移が無く、周辺臓器にも浸潤していない限局性の前立腺癌は、根治療法が可能ですが、その治療法には前立腺全摘術と放射線療法があります。2003年より当院ではヨード125を用いた密封小線源を多数前立腺内に刺入する放射線療法の一種である小線源療法を開始いたしました。 小線源療法と全摘手術は、それぞれ適応が少しずつ異なるほか、長所・短所・副作用などの特徴が 異なります。患者さんの病状をよく検討した上でより適した方針を決めることになりますが、 患者さんのご希望をふまえて治療法を選んで頂くことも可能です。[…][hokkaido-cc.hosp.go.jp]

  • ステージ 4 前立腺癌

    膀胱と膀胱がんについて 膀胱は腎臓で作られ尿管を通って運ばれてきた尿を一時的にためておく袋の役割をもつ臓器です。内側は移行上皮という細胞という細胞でおおわれています。 膀胱がんのほとんどは、この移行上皮の細胞ががん化したものです。 膀胱がんにかかる率(罹患りかん率)は60歳以上に増加し始める傾向にあり、男性に多いがんです。発生の危険要因として喫煙が明らかになっています。 膀胱がんは大きく分けると、①表在性膀胱がん②浸潤性膀胱がん③上皮内がんの3つのタイプに分けられます。それぞれ性格がかなり異なっており、治療法も違います。 ①表在性膀胱がん[…][okayamamc.jp]

  • 骨転移

    昨今のがんの診断・治療法の進歩により、各種がんの治療成績は向上してきていますが、がん患者さんのQOL(生活の質)を大きく低下させる原因の一つに骨転移があります。 がんの骨転移は早期に適切な治療を行って、疼痛の緩和をはかるとともに骨関連有害事象と呼ばれる病的骨折や脊椎転移による神経麻痺を予防することが非常に重要です。京大病院では2011年より骨転移ユニットを立ち上げ、整形外科、放射線治療科、乳腺外科、泌尿器科から各専門医が集まり議論したうえで、骨転移のある患者さん一人一人に最適な治療を提供することを心がけております。 具体的には当ユニットでは以下のような活動を行なっています。[…][cancer.kuhp.kyoto-u.ac.jp]

  • 骨髄炎

    骨髄炎(こつずいえん)は、骨髄の炎症。細菌感染によるものがほとんど。原因菌としてはブドウ球菌、緑膿菌、表皮ブドウ球菌、MRSAなどがある。化膿性骨髄炎ともいわれる。急性と慢性に分かれる。 骨の組織に、細菌などの微生物が感染して化膿するもので、難治性の疾患である。 骨の外傷(開放性骨折、複雑骨折、粉砕骨折、外科手術、骨髄穿刺、銃による外傷等)などによって、細菌が骨髄に入って増殖して炎症を起こす場合や、血流に乗って細菌が骨髄に達して増殖(血行性感染)して骨髄炎となる場合がある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 転移性乳癌
  • 化膿性仙腸関節炎

    化膿性仙腸関節炎は仙腸関節の感染性疾患 症状は、仙腸関節部由来の疼痛となるが、症状が非特異的なため診断が難しいことがある。 症状として、鼠径部 臀部痛など股関節周囲痛 腹痛などがある CTで仙腸関節での骨溶解像や仙腸関節前方・後方部の膿瘍形成 MRIで容易に判断可能だが、仙腸関節炎を疑い、骨盤を撮影しないと診断が難しい。 診断に数週間かかることもある 起因菌はブドウ球菌が多いが、緑膿菌や大腸菌などもある 症状 症状として、鼠径部 臀部痛など股関節周囲痛 腹痛 立位が困難(立位になると仙腸関節に荷重がかかるため)[…][seikeigekamanual.seesaa.net]

  • 骨肉腫

    ホーム IMICライブラリ がんinfo 骨肉腫および骨原発悪性線維組織球腫 骨肉腫および骨原発悪性線維組織球腫 概説 このセクションの要点 骨肉腫および骨悪性線維性組織球腫(MFH)とは骨内に悪性(がん)細胞が生じる病気です。 過去に放射線療法を受けている場合、骨肉腫のリスクが高まることがあります。 骨肉腫/MFHを疑う徴候として骨や骨周囲の疼痛や腫脹があります。 骨肉腫/MFHを発見し、診断するために画像検査が用いられます。 骨肉腫を診断するために生検が行われます。 諸条件により予後(治癒の可能性)や治療選択肢が変わります。[…][imic.or.jp]

  • 悪性骨腫瘍

    トップ 疾患一覧 整形外科疾患 悪性骨腫瘍 疾患メモ 骨腫瘍を診断するには,好発年齢,好発部位,局在を念頭に置き,X線所見から腫瘍の発育速度を推測し,良・悪性を判断する必要がある。悪性が疑われたらMRIを撮像し,生検により病理組織診断を確定する 1) 。 原発性悪性骨腫瘍で最も多いのは骨肉腫である。骨肉腫は,腫瘍細胞が類骨あるいは骨組織を形成する悪性腫瘍と定義されている。発生頻度は,骨肉腫が人口100万人当たり年間2 3人である 2) 。ついで,軟骨を形成する軟骨肉腫,円形細胞腫瘍である骨髄腫,悪性リンパ腫,Ewing肉腫が続き,さらに脊索腫の順となっている。[…][jmedj.co.jp]

さらなる症状