Create issue ticket

考えれる23県の原因 骨の腫れ

  • 骨折

    骨折(こっせつ、英語: fracture)とは、直達外力や介達外力により骨が変形、破壊を起こす外傷であり、構造の連続性が絶たれた状態のことである。 骨折は全ての骨に起こり得る。骨は元来、若干の柔軟性・弾力性・可塑性を持ち、健康な骨は骨折しにくいが、限界を超える強い外力や反復した外力、骨に腫瘍などの病変が存在する場合は軽微な外力でも破壊される。また、鎖骨や手の舟状骨など構造的に外力が集中しやすく、折れやすい骨も存在する。ヒトの骨折のうち、日常生活で骨折を起こしやすい骨としては、鎖骨、肋骨、指骨、鼻骨、尾骨、橈骨、尺骨、脛骨、腓骨等が挙げられる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 骨膜炎

    骨膜炎(こつまくえん、英: periostitis)は、骨の周囲に存在する骨膜に炎症が起こった病気。主な原因は細菌感染や骨への過重負荷などである。 整形外科診療でよくみられる骨膜炎は、シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)である。シンスプリントは運動時や運動後に、下腿部の内側に痛みを生じる病気である。詳細は当該項目を参照のこと。 ほかに化膿性骨膜炎などの病態が存在する。 歯科領域では、顎骨骨膜炎がよく知られる。う歯や歯周病が原因となりうる。 競走馬では前脚の第3中手骨(管骨)に起こる管骨骨膜炎(ソエ)が知られる。競走馬#競走馬の疾病・負傷も参照のこと。[ja.wikipedia.org]

  • 多関節若年性特発性関節炎
  • 線維肉腫
  • 脂肪腫

    脂肪腫 (しぼうしゅ)とは、 軟部組織 に発生する 脂肪細胞 による 良性腫瘍 である。皮下組織に発生する 浅在性脂肪腫 (せんざいせいしぼうしゅ)と、筋肉のような深い場所に発生する 深在性脂肪腫 (しんざいせいしぼうしゅ)とに大きく分けられる。なお、 脂肪肉腫 とは異なる。以下、特に断りがない限り、ヒトにおける脂肪腫について述べる。 原因 [ 編集 ] 脂肪腫の発生原因は、よく判っていない。しかし、以下に述べるように発生しやすい場所と、発生しにくい場所が存在することが知られている。 好発部位 [ 編集 ] 脂肪腫は全身で発生し得るものの、背中、肩、首などが特に発生しやすい部位である[…][ja.wikipedia.org]

  • 骨髄炎

    骨髄炎(こつずいえん)は、骨髄の炎症。細菌感染によるものがほとんど。原因菌としてはブドウ球菌、緑膿菌、表皮ブドウ球菌、MRSAなどがある。化膿性骨髄炎ともいわれる。急性と慢性に分かれる。 骨の組織に、細菌などの微生物が感染して化膿するもので、難治性の疾患である。 骨の外傷(開放性骨折、複雑骨折、粉砕骨折、外科手術、骨髄穿刺、銃による外傷等)などによって、細菌が骨髄に入って増殖して炎症を起こす場合や、血流に乗って細菌が骨髄に達して増殖(血行性感染)して骨髄炎となる場合がある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 軟骨腫
  • 骨肉腫

    骨肉腫(こつにくしゅ、osteosarcoma)とは肉腫の組織型の1つで、悪性の間葉性腫瘍のうち造骨細胞への分化ポテンシャルをわずかでも有し、腫瘍骨を形成する能力を持つものである。別名は悪性骨形成性腫瘍(あくせいこつけいせいせいしゅよう)。ほとんどが骨に生じるが、稀に骨とは離れた軟部組織からも生じることがあり、これは骨外性骨肉腫 と呼ばれる。 骨肉腫は多発性骨髄腫と悪性リンパ腫を除く骨の悪性腫瘍のうち、最も発症頻度が高い原発性骨腫瘍である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 軟骨芽細胞腫
  • 多発性骨髄腫

    基礎知識 診療の流れ 検査・診断 治療の選択 治療 生活と療養 転移・再発 更新・確認日:2017年04月12日 [ 履歴 ] 履歴 2017年04月12日 「多発性骨髄腫の診療指針 第4版(2016年9月)」「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年WEB版(第1.2版)」より内容を更新しました。 2015年05月26日 タブ形式に変更しました。「多発性骨髄腫の診療指針 第3版(2012年10月)」「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年版」より内容を更新しました。 2006年11月14日 「多発性骨髄腫の診断」を掲載しました。 1.多発性骨髄腫とは[…][ganjoho.jp]

さらなる症状