Create issue ticket

考えれる285県の原因 首の腫れ

  • 風邪

    しつこい咳を抑える風邪薬を探し求めている人に、残念なニュースだ。市販されているさまざまな咳止めの薬から米国で「風邪に効く」とされているチキンスープといった民間療法まで、あらゆる治療法に関して米国胸部医学会(ACCP)の専門家委員会が文献のシステマティックレビューを行ったところ、効果を裏付ける質の高いエビデンスがある治療法は一つもなかったという。これに基づき同委員会は指針をまとめ、「風邪による咳を抑えるために市販の咳止めや風邪薬を飲むことは推奨されない」との見解を示した。[…][carenet.com]

  • 扁桃炎

    伝染性単核球症 EBウイルスによる感染が扁桃、アデノイドやリンパ節におこり、のどの痛み、発熱、腫れ、痛み、だるい、といった症状がでます。 EBウイルスは経口感染(直接口から口に感染がうつる)で、幼少期に70%が感染し抗体をもちますが、感染せず抗体を持っていない方がいます。そういった方に経口感染、発症が見られます。[nomura-jibika.com] 扁桃が感染すると39〜40 の高熱、悪寒、嚥下痛、扁桃の発赤と腫れなどがあらわれます。また、関節痛やのリンパ節が腫れることもあります。喉の痛みが強く、食事や水分を摂りにくくなりますが、脱水症状をおこさないように水分は必ず摂取しなければいけません。[yokode-ent.or.jp] 症状は、のどの痛みや発熱、悪寒、だるさ、頭痛、関節痛、耳からにかけての痛みなどがあります。のどの痛みや腫れによって水分や食事が摂れなかったり、高熱のため体力が消耗すると、脱水にもなりやすいです。細菌が原因の場合は抗生剤で治療します。症状を和らげるために解熱鎮痛剤、消炎剤、うがい薬なども処方されます。[ishikawa-iin.or.jp]

  • 甲状腺腫

    のしこりや腫れを自覚したり、他人から腫れを指摘されたりする場合もあれば、超音波検査による健診で偶然発見される場合もあります。 甲状腺の機能(甲状腺ホルモンの分泌)に影響がなく、良性と診断されれば、すぐに身体に害を及ぼすことはありません。遺伝性のものもありますが、多くは原因不明です。 診断 超音波検査と細胞診で診断します。[kuma-h.or.jp] 手術が必要な場合は腫瘍の大きさが3センチメートル以上、腫れが目立つ場合、経過観察中に徐々に大きくなる場合、悪性の可能性がある場合です。 これら以外の場合は半年に1回程度外来で超音波検査をおこない、経過を観察します。 甲状腺乳頭がん 甲状腺がんの中ではもっとも多いタイプで、95 を占めます。[hokuto7.or.jp] 腫瘍が大きくなると、腫れやしこり、ものを飲み込むときの違和感などの症状が現れることがあります。 甲状腺腫瘍は増えている? 甲状腺の病気全般は一概に増えているとは言えませんが、甲状腺腫瘍は従来と比較して、10mm以下の微小なものが多く発見されるようになりました。[sawai.co.jp]

  • 咽頭炎

    のどの腫れ、痛み、発熱、のリンパ節の腫れなどの症状のほか、発疹を伴う「猩紅熱」を引き起こしたり、 数週間後になって心臓弁膜症の原因となる「リウマチ熱」や腎臓をおかす「溶連菌感染後急性糸球体腎炎」などを引き起こすことがあります。 適切な抗菌薬を一定期間使用することは、特にリウマチ熱の予防に有効であるとされています。[city.kitami.lg.jp] のどの腫れ、痛み、発熱、 のリンパ節の腫れなどの症状のほか、発疹を伴う「猩紅熱」を引き起 こしたり、数週間後になって心臓弁膜症の原因となる「リウマチ熱」や腎 臓をおかす「溶連菌感染後急性糸球体腎炎」などを引き起こすことがあ ります。 適切な抗菌薬を一定期間使用することは、特にリウマチ熱の予防に 有効であるとされています。[town.kuriyama.hokkaido.jp] 症状はのどの痛み、鼻水、軽い咳、のリンパ節の腫れ(特に細菌性の場合)です。のどをみると真っ赤に腫れあがり、細菌性の咽頭炎の場合には、白い膿が粘膜に付着していることがあります。 ウイルス性の咽頭炎の場合は、かぜ症候群のひとつとみなすことができます。 ウイルス性咽頭炎には特別の治療はありませんが、細菌性咽頭炎には抗生物質を使用します。[akamama.co.jp]

  • 副鼻腔炎

    副鼻腔炎(ふくびくうえん、Sinusitis)は、副鼻腔に炎症がおきる病気。慢性の副鼻腔炎の俗称は蓄膿症(ちくのうしょう)。症状が4週未満の場合は急性副鼻腔炎(ARS)、12週以上続く場合は慢性副鼻腔炎(CRS)と定義される。 原因には感染症、アレルギー、大気汚染、鼻の構造的問題などがある。大部分はウイルス感染症である。症状が10日以上続いたり、悪化していく場合は細菌感染症が疑われる。再発エピソードは喘息、嚢胞性線維症、免疫機能低下の者に多い。X線は合併症が疑われる場合を除いて必要ない。慢性ケースでは、直接造影やCTにより確定検査が推奨される。[…][ja.wikipedia.org]

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症 EBウイルスによる感染が扁桃、アデノイドやリンパ節におこり、のどの痛み、発熱、腫れ、痛み、だるい、といった症状がでます。 EBウイルスは経口感染(直接口から口に感染がうつる)で、幼少期に70%が感染し抗体をもちますが、感染せず抗体を持っていない方がいます。そういった方に経口感染、発症が見られます。[nomura-jibika.com] 乳幼児期に感染してもほとんどは無症状だが、思春期以降に感染すると38 39度の高熱が2 4週間続くほか、全身の倦怠感や喉の痛み、のリンパ節の腫れといった症状が表れる。まれに脳炎や、白血球が他の血球を破壊してしまう「血球貪食症候群」などの重い合併症を引き起こすこともある。 感染が疑われたら、血中にEBウイルスの抗体があるかどうか調べる。[medical.jiji.com] 耳の痛み(放散痛といってのどの痛みが耳の痛みとして感じられるものです)やのリンパ節の腫れがみられることもあります。細菌やウイルスが原因となります。 治療 細菌性の急性咽頭・扁桃炎では重症度に応じた抗生剤の内服を行います。さらに悪化させないよう早めに治療をしましょう。[nakagawajibika.com]

  • 甲状腺機能低下症

    じわじわ進むので、腫れや様々な不調を「太ったから」「年のせい」などととらえ、病気であることに気づかない人が多いという。冒頭のような症状がある人は、まずは甲状腺の異常を疑って血液検査を受けてみよう。家族に甲状腺の病気になった人がいる場合は、そうでない人より病気になるリスクが高い。 WOMAN SMART 新着記事[style.nikkei.com] 腫瘍が大きくなると、腫れやしこり、ものを飲み込むときの違和感などの症状が現れることがあります。 甲状腺腫瘍は増えている? 甲状腺の病気全般は一概に増えているとは言えませんが、甲状腺腫瘍は従来と比較して、10mm以下の微小なものが多く発見されるようになりました。[sawai.co.jp] の前(甲状腺)が腫れる 腫れは比較的若い人に多い 心臓がドキドキする 脈が速くなる(100 120) 不整脈がでることも 不整脈は比較的年配の人に多い 手足にちからが入らない 指先がふるえる 暑がりになって汗をたくさんかく 水をたくさん飲む 微熱があるような感じがする 食欲が高まり、よく食べるのにお腹が空く よく食べるのに痩せてくる[women.benesse.ne.jp]

  • 皮膚カンジダ症

    皮膚カンジダ症は、皮膚にカンジダ(カビの一種です)が感染して起きる病気です。股部・陰部・オムツ部・手指の間・口の周りなど、湿った部分に生じます。症状は、境界のあまりはっきりしない、ジクジクした紅斑で、その中や周囲に小さい水ぶくれや膿が多数見られます。多くは軽い痒みをともないます。 診断としては、病変部から皮膚の一部を採取して、顕微鏡で検査します。普通の湿疹、あせもなどと区別がつきにくいこともあるので、顕微鏡でカンジダを確認することが重要です。[…][yaho-hifuka.com]

  • トキソプラズマ感染症

    抄録 トキソプラズマ感染症は,免疫抑制状態にある膠原病患者における日和見感染症の一つとして知られており,しばしば髄膜炎や網脈絡膜炎などの症状を呈する.筆者らはトキソプラズマ感染症を併発した膠原病の2例を経験した.症例1は49歳,全身性エリテマトーデス(Systemic Lupus Erythematosus:以下SLEと略)・強皮症(Systemic[…][jstage.jst.go.jp]

  • 橋本甲状腺炎

    こんな症状のある方には ご受診をお勧めいたします 腫れがある 安静にしているのに、心臓がドキドキする 手指が細かく震える 暑がりになり、水をよく飲み、汗をたくさんかく よく食べているのに痩せてきた イライラしやすくなった、落ち着きがなくなった 体が冷え、寒がりになった 肌が乾燥し、カサカサする 体が重く、だるさを感じる 食欲が無いのに太[kosugi-naika.com] 甲状腺腫の大きさはさまざまですが腫れやしこり、ものを飲み込む時などの違和感などの症状があらわれることがあります。甲状腺ホルモンの異常は、甲状腺機能低下と甲状腺機能亢進の2通りありますが、前者のケースが多く現れます。この甲状腺機能低下の場合には新陳代謝の低下による症状や、自律神経失調症のような症状があらわれます。[chiba-city-med.or.jp] 多彩な症状 甲状腺の働きが亢進してホルモンが過剰に分泌されるバセドー病や、逆にホルモンが低下する橋本病(慢性甲状腺炎)は、腫れ以外に多彩な身体・精神症状が現れます。[koshii-c.sakura.ne.jp]

さらなる症状