Create issue ticket

考えれる10県の原因 食道鏡検査異常

  • 食道炎
  • 胃食道逆流症

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動 検索に移動 胃食道逆流症 (いしょくどうぎゃくりゅうしょう 、英語:Gastroesophageal Reflux Disease: GERD )とは、胃食道逆流により引きおこされる一連の疾患。以下の3つの病態の総称。 非びらん性胃食道逆流症 (non-erosive reflux disease: NERD ) 食道粘膜に、びらん・粘膜障害がなく症状だけを伴うもの 逆流性食道炎 (reflux esophagitis) 食道粘膜に、びらん・粘膜障害を生じているもの バレット食道 (Barrett's[…][ja.wikipedia.org]

  • プラマー ヴィンソン症候群
  • 食道閉塞
  • 食道下部のリング状狭窄
  • 食道狭窄症
  • 食道腫瘍
  • 食道の牽引性憩室
  • バレット食道

    バレット食道 ( 英 : Barrett's esophagus )とは、下部 食道 の 粘膜 が 扁平上皮 ( 英語版 ) から 円柱上皮 に変化したもの。 歴史 [ 編集 ] 1950年 に ロンドン大学 の胸部外科医Norman Barrettによって報告され、呼ばれるようになった。 病理 [ 編集 ] 厳格な 組織学 的、 病理学 的な定義としては「バレット食道(Barrett's esophagus)とは食道内に存在する円柱上皮で 腸上皮化生 を伴ったもの」と定義される。 円柱上皮化生と、 粘膜筋板 の2層化とを特徴としている。 分類 [ 編集 ] 実臨床で用いられる[…][ja.wikipedia.org]

  • 逆流性食道炎

    内視検査で粘膜障害(びらん・潰瘍)が見られる逆流性食道炎と内視検査異常を認めない症候性GERDに分けられます。元来、胃・食道接合部には下部食道括約筋(LES)など食道内に胃内容物が逆流することを防止するような逆流防止機構があります。しかし、食道裂孔ヘルニアなどで逆流防止機構が壊れた場合は、胃食道逆流をきたしやすくなります。[keijinkai-hp.net] 内視検査異常を認めない症候性GERDも逆流性食道炎と同等に存在し、胃食道逆流症は30%前後の頻度でみられるとされています。実に3 4人に1人の割合で存在することになるのです。当院においても、逆流性食道炎は12%の頻度で、症候性GERDを含めた胃食道逆流症全体では25%の頻度で認められました。[keijinkai-hp.net]

さらなる症状