Create issue ticket

考えれる240県の原因 食道運動障害

  • 食道炎

    また、内視鏡検査を受けた後にお薬をもらってきちんと飲んでも症状が続く場合には、食道運動障害、知覚過敏による胃酸以外の逆流による症状、好酸球性食道炎といわれる特殊な食道炎の場合があるため、医師とご相談のうえ専門の病院で精密検査を受けるようにしましょう。 Q5 胃食道逆流症になったとき、日常生活で気をつけることはありますか?[jsge.or.jp]

  • 胃食道逆流症

    食生活の欧米化や、ヘリコバクター・ピロリ菌感染の低下に伴う胃酸分泌の亢進 過食や高脂肪食、加齢や肥満による下部食道括約筋の機能異常 食道蠕動運動障害による食道クリアランス(食道が蠕動運動を起こし、逆流物を胃内に排泄する作用)の低下 GERDの診断 胸やけ症状がどの程度であるかを問診し、合わせて内視鏡検査を行い、食道に炎症があるかどうかを確認[hyo-med.ac.jp] また、胃酸の逆流に関わらず、食道のぜん動運動などの機能に問題があったり、ストレスや睡眠障害など心理的な原因によって症状が出ることも考えられます。[sawai.co.jp] 逆流性食道炎の特徴 ・油っぽいものをよく食べる人に多い ・飲酒の機会が多い人、過食しがちな人に多い ・ストレスがある人に多い 非びらん性胃食道逆流症の特徴 ・食道粘膜が過敏になっている ・食道のぜん動運動などの機能に問題がある ・ストレスや睡眠障害がある人に多い 胸やけ、呑酸が胃食道逆流症の主な症状ですが、以下のような食道以外に現れる症状もあり[sawai.co.jp]

  • レイノー病

    特にSScに関するデータは存在しないが、GERD(胃食道逆流症)にはプロトンポンプ阻害薬を、症状のある腸運動障害には消化管運動促進薬を、小腸細菌異常増殖には抗生物質を用いるべきである。 このガイドラインは、患者ケアに直接意義があるだけでなく、追加的な推奨を行う、あるいは現在の推奨を強化するために必要な新たな研究領域も言及している。[natureasia.com]

  • 糖尿病

    食道蠕動運動の低下と胃内容排泄障害により胃食道逆流症状が起こりやすいとされる.おもな症状は胸やけや嚥下障害である. c.胃運動異常 胃壁の緊張低下と胃内容の排泄遅延を起こし,おもに食後の悪心・嘔吐,腹部膨満,上腹部不快感,腹痛,食欲不振などの症状を生じる.糖尿病性の胃排泄能低下の治療は血糖コントロールであるが,メトクロプラミドやドンペリドン[kotobank.jp] 1)糖尿病 糖尿病患者の約70%で何らかの消化器症状を伴うといわれている.主症状としては胸やけ,悪心・嘔吐,腹痛,便秘などがあげられ,糖尿病の進展に伴う自律神経障害がおもな要因と考えられている.その他免疫力低下や薬剤による消化管障害も起こりうる. a.食道カンジダ症 感染防御機構の低下による.有症状例では抗真菌薬の投与が行われる. b.胃食道逆流症[kotobank.jp]

  • 慢性アルコール依存症

    概要 アルコールは古代より親しまれている嗜好品で我々の生活を豊かにしてくれますが、一方で過剰な飲酒を長期に渡って続けると様々な臓器に障害を来たし、その中でも肝障害は高頻度でしばしば重篤となります。世界では過剰な飲酒によってアルコール性肝障害(脂肪肝、肝炎、肝硬変)となり、さらに肝細胞がんや肝不全となり毎年300万人以上が、国内においても毎年4万人以上が亡くなっています。 症状・診断[…][kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 脳卒中

    脳卒中センター 脳卒中センターのご案内 当院では、平成20年7月1日より脳卒中センター(38床)を開設致しました。 脳卒中とは 脳卒中とは、脳の血管が急に詰まったり破れたりして起こる病気のことです。具体的には、詰まる病気としては脳梗塞・一過性脳虚血発作(TIA)、破れる病気としては脳内出血・くも膜下出血が挙げられます。脳のどの部位が病気になるかにより、手足や顔の麻痺・しびれ、言語障害、視覚異常、めまい、頭痛など多彩な症状が出ます。 脳卒中の存在は大昔から知られており、「 卒 然として(突然に)、邪 風 (悪いカゼ)に 中[…][hoshigaoka.jcho.go.jp]

  • 糖尿病性自律神経障害

    2018年1月17日掲載 ここでは、 糖尿病の慢性合併症 のひとつである、網膜症についてお話します。 目次 糖尿病網膜症とは 糖尿病網膜症の検査 糖尿病網膜症の発症予防と重症化予防 糖尿病網膜症の治療[…][dmic.ncgm.go.jp]

  • 横隔膜ヘルニア

    しかし、近年増加している重症の救命例では、反復する呼吸器感染、気管支喘息、慢性肺機能障害、慢性肺高血圧症、胃食道逆流症、逆流性食道炎、栄養障害に伴う成長障害、精神運動発達遅延、聴力障害、漏斗胸、脊椎側弯症などを発症しやすい。生存例の15 30%程度にこれらの後遺症や障害を伴うことが報告されている。  要件の判定に必要な事項 1.[nanbyou.or.jp] 長期間にわたる後遺症や合併症として、くり返す呼吸器感染、気管支喘息、慢性肺機能障害、慢性肺高血圧症、胃食道逆流症、逆流性食道炎、栄養障害に伴う成長障害、精神運動発達遅延、聴力障害、 漏斗胸 、脊椎側弯などが知られています。 9. この病気は日常生活でどのような注意が必要ですか 重症例では多かれ少なかれ肺低形成を伴っています。[nanbyou.or.jp]

  • 偽性腸閉塞
  • プラマー ヴィンソン症候群

    腫瘍や大動脈瘤などによる食道の圧排によっても嚥下困難が起こる。食道潰瘍瘢痕・逆流性食道炎・食道静脈瘤硬化療法後では瘢痕による狭窄と壁の運動障害により嚥下困難が生じる。また、憩室・食道裂孔ヘルニア・奇形でも食道通過障害が起こることがある。[kanazawa-med.ac.jp] (2)機能性障害: アカラシアは食道の蠕動運動の消失と下部食道括約筋の弛緩不全により嚥下困難が起こる。 進行性全身性硬化症(強度症)は食道粘膜の硬化をきたし、嚥下困難が起こる。食道痙攣も原因となることがある。[kanazawa-med.ac.jp] 重症筋無力症・筋ジストロフィーなどの筋障害では嚥下に関与する筋の運動障害が起こる。Sjogren症候群では唾液分泌障害により嚥下障害が起こる。 2)食道部の障害: 食道部の嚥下困難は閉塞性障害と機能性障害によるものがある。 (1)閉塞性障害: 食道腫瘍による閉塞性障害では嚥下困難の程度は徐々に進行する。[kanazawa-med.ac.jp]

さらなる症状