Create issue ticket

考えれる46県の原因 類白血病反応

  • 脳血栓症

    JAPIC試験ID JapicCTI-050129 最終情報更新日: 2016年9月29日 登録日:2016年4月19日 エダラボンの脳血栓症急性期に対する市販後臨床試験 基本情報 対象疾患 試験実施者 田辺三菱製薬株式会社 試験の種類 介入試験(薬剤) 試験の概要 脳血栓症急性期の患者に対し、エダラボン(ラジカット注30mg)を投与した際の長期機能予後が市販薬よりも劣らないことを検証する。また、エダラボンの安全性についても確認する。 試験の内容 試験薬剤名 エダラボン(ラジカット注30mg) 疾患名 脳血栓症急性期 薬効群名 その他の中枢神経系用薬 用法 点滴静注 試験の目的 治療[…][rctportal.niph.go.jp]

  • 脱水

    脱水(だっすい、英:dehydration)とは、医学において体内の水分量が不足した状態を言う。この脱水には二種類の状態が存在し、細胞外液(血漿と間質液)を失う“volume depletion"と、細胞外液中の水分と細胞内液中の水を失う “dehydration" があるが、日本ではこれらを総称して「脱水」と呼んでいる。簡易なチェック方法として「毛細血管再充血時間」を計る方法(指の爪を上から5秒間押して白くなった状態から元のピンク色に戻るまでの時間)がある。2秒以上かかる場合は緊急治療が必要と判断される。[…][ja.wikipedia.org]

  • 気管支原性癌
  • 細菌性肺炎

    細菌性肺炎 (さいきんせいはいえん)は細菌を原因とした肺の急性 炎症 ( 肺炎 )であり、そのほとんどは 肺胞性肺炎 である。 肺炎の死亡率はとくに高齢者で高く、75歳を過ぎると急激に増加する。加齢に伴う 唾液 分泌量の低下は口腔内の病原性細菌の増殖をまねき、病原細菌を含んだ口腔‐咽頭分泌物のくり返される誤嚥は肺の細菌処理能力をこえ、肺炎を引き起こす。よって、口腔ケアにより口腔内を清潔に保つことが重要である。また、人工呼吸器や経管栄養チューブをつけている高齢の入院患者などでは 胃液 の誤嚥による肺炎も問題となる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 上腸間膜動脈塞栓症

    上腸間膜動脈血栓症 (じょうちょうかんまくどうみゃくけっせんしょう)とは、 消化管 の 血液 供給が止まり、消化管が 壊死 する 病気 の事である [1] 。 概要 [ 編集 ] 上腸間膜動脈 とは全ての 小腸 と 大腸 の約半分に血液を供給する血管の事で、大部分がこの血管によって栄養され、酸素の供給を受けている [1] 。血栓とは血管内腔にできた「みずあか」のようなもので、これにより血管内腔が細くなる [1] 。つまり上腸間膜動脈血栓症とは、消化管の血液供給が止まり、消化管が壊死する病気なのである [1] 。 症状・診断 [ 編集 ] この病気の自覚症状は突然訪れる [1][…][ja.wikipedia.org]

  • 膵腺癌

    局所進行・転移性膵腺がんの1次治療において、ナノ粒子アルブミン結合パクリタキセル(ナブパクリタキセル、nab-PTX) ゲムシタビン(GEM)併用療法は、GEM単独療法に比べ高い有効性をもたらすことが、米国・Translational Genomics Research InstituteのDaniel D. Von Hoff氏らの検討で示された。GEMは、1997年以降、切除不能な局所進行・転移性膵がんの1次治療の標準治療とされている。この間に、多くの薬剤が第2相試験で有望な結果を示したが、第3相試験で生存期間の有意な改善効果を達成したのはGEM エルロチニブと、オキサリプラチン イリノテカン[…][carenet.com]

  • 骨髄増殖性疾患

    骨髄性増殖疾患は、骨髄内での造血幹細胞から血球細胞の前駆細胞、及び成熟血球細胞までが異常増殖を起こしてしまう骨髄家腫瘍疾患です。 主な骨髄増殖性疾患には「骨髄繊維症」や「新生赤血球増加症(真性多血症)」慢性骨髄性白血病」「本能性血小板血症」などがあり、それぞれの様々な症状が出ることがあります。 病気のことから治療法まで血液医療専門の 先生からわかりやすく解説して頂きます。 13:00 13:50 骨髄線維症の病態・診断・治療について 順天堂大学 血液内科 小松 則夫 先生 14:00 14:50 真性赤血球増加症と本能性血小板血症の病態・診断・治療について[…][cancerchannel.jp]

  • ホジキン病

    ホジキン病 ホジキン-びょう 広辞苑より イギリスの医師ホジキン T.Hodgkin 1798 1866の名に因む。 悪性リンパ腫の一病型。ステルンベルグ-リード細胞と呼ばれる細胞の 出現が特徴的で、全身リンパ腫の腫脹、肝臓、脾臓、骨髄への病変の波及が 主症状。リンパ球優勢型・混合細胞型・リンパ球減少型および結節硬化型に 分類される。原因、本態とも不明。 僕の主治医に伺ったところ、小児ホジキン病というのはホジキン病と基本的に同じなのだそうです。 治療法が変わってくるため、15歳くらいまでのホジキン病患者を小児ホジキン病と呼ぶそうです。[…][www005.upp.so-net.ne.jp]

  • フィラデルフィア染色体陽性慢性骨髄性白血病

    ※本情報は一般に公開されている 治験 ・ 臨床試験 情報を引用・抜粋しております 治験名 新規に 慢性期 (CP)の フィラデルフィア染色体 陽性 慢性骨髄性白血病 ( CML )と診断された患者に対するニロチニブ(商品名:タシグナ)の 有効性 と 安全性 を検証する第Ⅲ相試験 治験の概要 本治験は、慢性期(CP)のフィラデルフィア染色体陽性慢性骨髄性白血病(CML)患者に対してイマチニブ(商品名:グリベック)投与後に抵抗性あるいは 不耐[…][oncolo.jp]

  • 糖尿病性ケトーシス昏睡

    06 シックデイ対策を覚えておこう Q.529 ケトン体が増えると、どんな症状が現れますか? A. ケトーシスでは吐き気や腹痛などが現れますが、その症状は、シックデイの原因となった病気が引き起こしている症状と間違われたりして、ケトーシスに気付かないことがあります。そしてケトーシスからケトアシドーシスに進行すると、意識障害や昏睡といった緊急治療が必要な危険な状態に至ってしまいます。[…][dm-net.co.jp]

さらなる症状