Create issue ticket

考えれる181県の原因 顔面筋力低下

  • 顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー

    主な症状 思春期以降に顔面・肩甲の筋力低下で発症する方が多い 発症年齢や重症度には幅があり、筋力の左右差が見られることも特徴のひとつです。 発症前の運動機能は正常な例が多く、軽症の患者さんでは顔面筋の筋力低下が目立たない場合もあります。[mdcst.jp] 顔面肩甲上腕型筋ジストロフィーで首の筋肉が侵され顔が前に向けなかったのです。しっかり前を向けるようになり、顔面筋力低下で無表情だったお顔にも笑顔が弾けました。 顔面肩甲上腕型筋ジストロフィーは進行性の遺伝子病、原因不明、治療法無しと言われていますが、きっともっと私の体はよくなると思います。これからが楽しみで仕方ありません。[ameblo.jp] 図25:顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー 初期症状として顔面筋力低下(表情がなくなる)が主な人もいるが、多くは上肢の挙上困難がある。バンザイをするように依頼しても出来ず、肩甲骨の突出が顕著となる。写真は肩甲骨の突出(翼状肩甲)を示している。 肢は下腿から侵されるもの、大腿部から侵されるものの何れもあります。[jmda.or.jp]

  • B 細胞リンパ腫

    更新・確認日:2017年08月14日 [ 履歴 ] 履歴 2017年08月14日 2.治療に関連情報「悪性リンパ腫 化学療法(R-CHOP療法導入)基本パス」、「悪性リンパ腫[非ホジキンリンパ腫] 化学療法(CHASER療法)基本パス」を掲載しました。 2015年11月26日 「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年版」「造血器腫瘍取扱い規約 2010年3月(第1版)」より内容を更新しました。「中悪性度非ホジキンリンパ腫」のタイトルを「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」に変更しました。 2006年10月01日 掲載しました。 1.びまん性大細胞型B細胞リンパ腫とは[…][ganjoho.jp]

  • 特発性全般てんかん

    2009/4/2 2018/11/9 てんかんと発作, てんかんの病型・症候群 これまでにてんかんの分類について述べてきた。発作が脳の一部から起こるか、あるいは脳全体が最初から興奮するかによって、全般てんかんと、部分てんかんとに分けられる。[…][mkclinic.jp]

  • 先天性筋ジストロフィー
  • 脊髄性筋萎縮症

    脊髄性筋萎縮症(せきずいせいきんいしゅくしょう、spinal muscular atrophy:SMA)とは、脊髄の前角細胞と脳幹の運動ニューロンの変性による筋萎縮と進行性の筋力低下を特徴とする常染色体劣性遺伝の形式の遺伝子疾患である。小児期、特に乳幼児発症のSMAの多くはSMN(survival motor neuron)遺伝子の変異を示すSMAであり、成人発症例や国際SMA協会報告の除外項目を含む場合はSMN遺伝子以外が原因であることが多い。運動ニューロン病のひとつである。 発症率は出生10万人当たり8.5[…][ja.wikipedia.org]

  • ウエルドニッヒ・ホフマン症

    ウエルドニッヒ・ホフマン症(ウエルドニッヒ・ホフマンしょう)は先天性の難病。 医学的分類をSMA(Spinal Muscular Atrophy)。SMAの1型をウエルドニッヒ・ホフマン(Werdnig-Hoffmann)病。 症状は体幹・四肢の筋肉の脱力、筋萎縮。 SMA家族の会 朝霧裕(ウエルドニッヒ・ホフマン症の歌手)[ja.wikipedia.org]

  • ミオパチー

    顔面筋力低下(閉眼困難、笑顔がつくれない)と翼状肩甲は顔面肩甲上腕型ジストロフィーに特徴的な所見である。顔面筋力低下や把握性ミオトニアを伴う遠位筋優位の筋力低下は筋強直性ジストロフィーI型に特徴的な所見である。[ja.wikipedia.org] 筋ジストロフィの各病型、多発筋炎および 皮膚筋炎 のほとんど筋障害では持続性の筋力低下を示す。通常は腱反射や感覚は保たれる。近位筋が遠位筋よりも強く対称性に障害され、顔面筋は障害されない肢体(limb-girdle)型の筋力低下を起こすことが多い。これ以外の筋力低下の分布を示す場合は鑑別診断はもっと絞り込むことができる [1] 。[ja.wikipedia.org] 筋ジストロフィの各病型、多発筋炎および皮膚筋炎のほとんど筋障害では持続性の筋力低下を示す。通常は腱反射や感覚は保たれる。近位筋が遠位筋よりも強く対称性に障害され、顔面筋は障害されない肢体(limb-girdle)型の筋力低下を起こすことが多い。これ以外の筋力低下の分布を示す場合は鑑別診断はもっと絞り込むことができる。[ja.wikipedia.org]

  • 本態性高血圧症

    クッシング症候群(参照問題E・参照問題F): 主訴:四肢脱力発作(筋力低下)、腰痛 理学所見:顔面紅潮、満月様顔貌、中心性肥満、皮膚線状、多毛 検査所見:血清K 、血糖 、コルチゾール 、尿中17-OHCS 2-3.[e-resident.jp]

  • 甲状腺腫

    甲状腺機能低下症 表1 甲状腺機能低下の人が受診する理由 診察科 症状 内科 循環器科 徐脈、狭心症、心不全 消化器科 便秘、食欲低下 神経科 筋力低下、めまい、筋肉痛、けいれん 血液内科 貧血 腎臓内科 顔面浮腫(むくみ) 整形外科 関節痛、筋肉痛 精神科 うつ状態、認知症 皮膚科 毛髪脱落、皮膚の荒れ 耳鼻科 めまい、嗄声(しわがれ声)[min-iren.gr.jp]

  • 多発性神経炎

    症状 ・手足のしびれ ・脱力 ・筋力低下 ・歩行困難 ・顔面神経麻痺 治療 免疫ブログリン、血漿交換で回復を促進します。呼吸器感染症が併発した場合は、抗生物質投与や手術をします。筋力低下等、後遺症が出る場合があります。 検査 診断は神経内科の医師が行います。[b-net.tv] ギラン‐バレー症候群(特定疾患)は原因不明の急性ないし亜急性多発神経炎で、四肢末端から始まる四肢筋の筋力低下、温痛覚や触覚の鈍麻が徐々に進行するもので、四肢のみならず顔面神経の麻痺 (まひ) がみられることも少なくない。多くは感冒様症状、すなわち軽い発熱や下痢などが先行し、1週間ないし10日目ころから神経障害が現れてくるのが通例である。[kotobank.jp] トップページ 神経内科  ギラン・バレー症候群(急性多発性神経炎) ギラン・バレー症候群(急性多発性神経炎) ギラン・バレー症候群(急性多発性神経炎)は、かぜや下痢の後で、手足のしびれや筋力低下が起きるものです。ギラン・バレーは学者の名です。 原因 原因は不明です。[b-net.tv]

さらなる症状