Create issue ticket

考えれる869県の原因 顔面神経障害

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

  • ベル麻痺

    顔の表情をつくる筋肉群を総称して表情筋といいますが、 顔の表情筋は顔面神経(第7脳神経)によって運動神経支配されています。 この 顔面神経障害されると顔の表情が作れなくなります(顔面麻痺)。[takatsu-chiro.com] 出典 小学館 デジタル大辞泉について 情報 凡例 世界大百科事典 内の ベル麻痺 の言及 【顔面神経麻痺】より …顔面部の運動をつかさどる顔面筋を支配する顔面神経障害により顔面筋の運動麻痺を生ずる疾患。[kotobank.jp] 病態 顔面神経障害は、耳介後部の頭蓋骨内にある顔面神経管で神経の浮腫と炎症が起こり、神経の絞扼と虚血を生じ、神経損傷を来すとされています。 症状 麻痺側で眉が上がらない、閉眼ができず白目となる、口角が下がる、水漏れがある、口笛が吹けないなどが特徴的です。[ogorimii-med.net]

  • 脳幹梗塞

    … 【片麻痺】より …したがって,大脳および顔面神経核の存在する橋(きよう)より上位の脳幹で錐体路が障害されると,顔面を含む反対側の半身麻痺を生じ,それ以下で頸髄より上の病変では,顔面を含まない反対側上下肢および体幹の半身麻痺を生ずることになる。 [kotobank.jp] 三 叉神経脊髄路(下行性)と外側脊髄視床路の障害によって同側の顔面と対側の体幹及び上下肢の温痛覚障害を示します。ただこのような典型的症状を呈するものは少なく、このような症状のいくつかが見られるものの方が多いです。 3.小嚢の梗塞または出血 小脳はAICA,PICA及び上小脳動脈(SCA)から血流を供給されています。[tokushima-u.ac.jp] 典型例では急性の頭痛・めまい・悪心嘔吐を伴って発症して、疑核の障害により同側の咽頭・声帯麻痺 をきたし、嚥下障害・さ声を呈し、交感神経下行路の障害によって同側のHorner症候群、下小脳脚の障害によって同側上下肢の運動失調が見られます。[tokushima-u.ac.jp]

  • 新生児顔面神経麻痺

    これらの症状は、顔面神経麻痺がどこで障害されているかによって起こり方が異なりますので、検査によって顔面神経麻痺の障害部位を診断することが可能です。 顔面神経麻痺の診断の上で重要なことは、まず顔面神経が脳から発し、側頭骨を通り、耳下腺を貫き、顔面に分布するまでのどこに障害があるのかを知ることです。[kamio.org] など 脳血管障害 変性疾患(パーキンソン病、脊髄小脳変性症、ALSなど) 認知症 脊髄神経根疾患(変形性脊椎症、椎間板ヘルニアなど) 筋肉疾患(筋ジストロフィー症、筋炎、重症筋無力症など) 末梢神経障害(多発性神経炎、圧迫神経障害顔面神経麻痺、神経痛など) 多発性硬化症 各種痙攣性疾患 中毒 髄膜炎 脳炎 代謝性脳症 難病医療相談 認知症[oitapref-hosp.jp] 脳の中で顔面神経への司令塔による障害を「核性麻痺」、顔面神経そのものによる障害を「末梢性顔面神経麻痺」と言います。多いのは末梢性顔面神経麻痺です。子供から大人まで見られますが、子供で多い「ベル麻痺」と呼ばれる特発性顔面神経麻痺は、人口1万に対して2 3人の頻度で見られます。[allabout.co.jp]

  • 耳性帯状疱疹

    また、耳の中耳腔の奥を走行する顔面神経が同時に障害を受けることもあります。顔面神経障害が生じると、障害を生じた側の顔面の筋肉を動かしづらくなり、額にしわを寄せられなくなったりします。目の周囲の筋肉も障害を受けるため、目を力強く閉じることができなくなって目が渇きます。[medicalnote.jp] 顔面神経と麻痺について 顔面神経麻痺の症状 顔面神経麻痺の症状:顔面筋の麻痺 顔面神経麻痺の症状:味覚異常 顔面神経麻痺の症状:聴覚障害 顔面神経麻痺の治療 顔面神経麻痺の経過 顔面神経麻痺の後遺症 顔面神経麻痺の後遺症の治療 顔面神経麻痺と分類 ベル麻痺(特発性顔面神経麻痺) ベル麻痺(特発性顔面神経麻痺)の症状と特徴 ベル麻痺(特発性顔面神経麻痺[kikumorijibika.com] 神経障害が生じている場合は、後遺症を残さないためにも症状が現れてから数日以内での治療が必要です。また、高度な顔面神経麻痺に対しては、顔面神経減荷術という手術的治療が行われることもあります。[medicalnote.jp]

  • 中耳真珠腫

    グロームス腫瘍 耳の周囲にある神経から生じる腫瘍です。心臓の音に一致した耳鳴、顔面神経麻痺、内耳障害、下位脳神経障害(嚥下障害、発声障害)をきたすこともあります。 腫瘍が大きくなって頸動脈や頸静脈に進展すると顔面神経や下位脳神経障害の機能をチェックしながら手術する必要があります(下図)。[kuhp.kyoto-u.ac.jp] 耳の奥には顔面を動かす神経や味覚を感じる神経などの重要な神経、体のバランスを取る三半規管や音を感じる蝸牛が存在するため、真珠腫がこれらを障害することで顔面神経麻痺や味覚障害、めまいや神経性の難聴などの症状が引き起こされることもあります。 真珠腫性中耳炎の原因-なぜ鼓膜の一部が凹むのか?[medicalnote.jp] さらに炎症が奥へ奥へと進めば、めまい、顔面神経麻痺、味覚障害などの神経障害を引き起こすこともある。 中耳の上には、脳があるため、この頭骸骨の骨が破壊されれば髄膜炎、脳腫瘍など様々な疾患を引き起こし、最悪の場合死に至ることもある。[fdoc.jp]

  • 側頭骨骨折

    の重症度 V.顔面神経の術中モニタリング 1.術中モニタリングの方法 2.刺激電極、麻酔 VI.顔面神経障害の画像診断 1.顔面神経の正常解剖 2.顔面神経障害の画像診断 VII.ウイルス学的検索 1.血清診断法 2.培養・分離同定法 3.DNA診断法 4.顔面神経麻痺におけるウイルス検索の活用法と問題点 疾患 I.顔面神経麻痺 1.顔面神経障害[rr2.nakayamashoten.co.jp] 外耳道出血、裂傷、鼓膜穿孔、耳小骨離断、内耳障害、外傷性耳性髄液漏、顔面神経麻痺、難聴、前庭障害、外リンパ瘻の評価を行う。 治療: 詳細情報 頭蓋内病変がある場合は脳神経外科による治療を優先し、その後に各種障害の有無、程度、予後を精査する。[clinicalsup.jp] そのため聴力障害が生じている原因を明らかにするために聴力検査を行うことも重要です。さらに、症状に応じて顔面神経の麻痺について検査します。また、髄膜炎の発症が疑われる際には、髄液検査が行われます。 治療 顔面神経麻痺、聴力障害、前庭機能障害、髄液の漏出などに対してアプローチしながら治療を行います。[medicalnote.jp]

  • サルコイドーシス

    血管周囲腔が脳底部で特に大きいため、視床下部、第三脳室、視神経、脳幹から出る脳神経(特に顔面神経)が障害されやすいと考えられている。その過程や肉芽腫性血管炎によって虚血性変化、梗塞も起ると考えられている。慢性髄膜炎による急速進行性認知症を起こすこともある。[ja.wikipedia.org] 静脈洞血栓症 e 脳炎 ② 末梢神経 a 脳神経麻痺 a-1. 顔面神経麻痺 a-2. 舌咽・迷走神経障害 a-3. 聴神経障害 a-4. 視神経障害 a-5. 三叉神経障害 a-6. 嗅神経障害 a-7. その他の脳神経の障害 b 脊髄神経麻痺 b-1. 多発性単神経炎 b-2.[jssog.com] 顔面神経麻痺などの末梢神経障害はステロイド治療を適切に行えば治りやすいのですが、尿崩症はなおりづらく、抗利尿ホルモン剤を点鼻で長く使用します。なおりづらい場合にはステロイド薬を多めに、長く使用せざるをえません。[nanbyou.or.jp]

  • 多発性硬化症

    脳幹 病変により 三叉神経痛 、 顔面筋麻痺 、 構音 ・ 嚥下障害 、 めまい 、 難聴 などを来すこともある。さらに、 大脳 病巣により 記憶障害 、 注意障害 、 遂行機能 障害などの 認知機能障害 を呈することがある。精神症状としては、 抑うつ 、 不安 、 多幸症 などを認めることもある。[bsd.neuroinf.jp] […] longitudinal fasciculus, MLF)症候群 等に代表される 眼球運動障害 、 眼振 等がみられる。[bsd.neuroinf.jp] 神経学的診察所見としては、 視神経 萎縮、 視神経乳頭 耳側蒼白( 乳頭黄斑 線維が 視神経炎 で障害されやすいため)、視野欠損等の視神経障害、 片麻痺 、 対麻痺 、 四肢麻痺 等の運動障害、 痙縮 、四肢 腱反射 亢進、 病的反射 の出現、 痙縮 、 小脳性運動失調 、 感覚鈍麻 、 感覚性失調 、 膀胱直腸障害 、 内側縦束 (medial[bsd.neuroinf.jp]

  • 全身性エリテマトーデス

    症状 顔面の紅斑(蝶形紅斑)、関節痛、皮膚の皮疹など。 腎臓が障害されている場合、下肢や顔面のむくみ、倦怠感など。 中枢神経障害されるケースでは意識障害や精神障害。 血液障害では貧血や血が止まりにくいなど。 原因 はっきりとした原因はまだわかっていない。[fdoc.jp] 脳神経障害では内耳神経(VIII)、動眼神経(III)、滑車神経(IV)、外転神経(VI)が障害されることが多く、他に三叉神経(V)、顔面神経(VII)も稀に侵される。脳幹梗塞、髄膜炎の鑑別が必要。 末梢神経障害 末梢神経障害はしばしば他の神経精神症状とともに生じ、筋電図や神経伝導検査にて診断する(D)。[med.osaka-u.ac.jp]

さらなる症状