Create issue ticket

考えれる373県の原因 顔面皮膚障害

  • 尋常性ざ瘡

    疾病及び関連保健問題の国際統計分類 ICD-10 第12章:皮膚および皮下組織の疾患 L60-L75 皮膚付属器の障害 L70 ざ瘡顔面尋常性ざ瘡(L70.0) 尋常性ざ瘡(L70.0) 膿疱性ざ瘡(L70.0) 面皰(L70.0) 集簇性ざ瘡(L70.1) 粟粒性壊死性ざ瘡(L70.2) 痘瘡性ざ瘡(L70.2) 熱帯性ざ瘡(L70.3)[ja.wikipedia.org]

  • 酒さ

    酒さ(酒皶、しゅさ、Rosacea)とは、顔に生じる皮膚疾患のひとつ。酒焼けとも呼ばれる。 日光、ストレス、寒暖や風、運動、化粧品などがきっかけとなりやすい。治療は軽症から中等症では、第一選択はメトロニダゾール(抗菌薬)やアゼライン酸。きっかけを避け、日光から防御し、ステロイドの使用は避ける。 顔がほてり、鼻や頬の血管が炎症を起こし、真っ赤になるように見える。脂腺、汗腺の疾患とされている。浮腫を伴うこともある。 きっかけとなりやすいのは以下。 日光 81% 精神的ストレス 79% 猛暑 75% 風 57% 激しい運動 56% アルコール52% 寒い天気 46% 香辛料 45%[…][ja.wikipedia.org]

  • アトピー性皮膚炎

    (揮発性有機化学物質などの化学的刺激の場合) 爪は短く切り、掻破による皮膚障害を避ける。 顔面の症状が高度な例では眼科医の診察を定期的に受ける。眼囲の皮疹を掻破、叩打することによって眼病変(網膜裂孔、網膜剥離)を生じうることに留意する。 細菌・真菌・ウイルス性皮膚感染症を生じるリスク因子が高い場合もあり、皮膚をよい状態に保つよう留意する。[ja.wikipedia.org]

  • 日光角化症

    Solar Keratosis 解説:中川 浩一 ( 富田林病院 皮膚科部長) 日光角化症はこんな病気 日光角化症は、その名のとおり紫外線に当たりやすい顔面やうなじ、手の甲などの部位に発症しやすい皮膚がんの一つです。薄紅色、褐色をした斑状のもので、表面は「ザラザラ」しているのが特徴です。 長い間、紫外線を浴びると発症しやすいといわれており、高齢者に多くみられます。オゾン層の減少に伴い、地上に紫外線が大量に降り注ぐようになって急激に増えています。[…][saiseikai.or.jp]

  • 口唇ヘルペス

    TOP 主な体のトラブル 口唇ヘルペス 口唇ヘルペス 口唇ヘルペスとは ヘルペス(疱疹)とは「皮膚や粘膜に小さな水ぶくれ(小水疱)が集まった状態」のこと。一般にヘルペスウイルスによる感染症をヘルペスといいます。ヘルペスがほかのウイルス性の病気と大きく異なるのは、一度感染すると症状がなくなった後もウイルスが神経節の中にじっと潜み、生き延びている点です。そして、抵抗力が低下すると潜伏していたウイルスが神経節から出てきて増殖し、再発を繰り返します。[…][rurikou.jp]

  • 皮膚癌

    皮膚癌のなかで最も頻度の高いものが基底細胞癌と有棘細胞癌であり,欧米では非黒色腫皮膚癌(non-melanoma skin cancers;NMSC)とし て一括されている。日本においても,社会の高齢化を反映して近年NMSCが急増している。日光角化症とBowen病は有棘細胞癌の早期段階の 病変とみなされるものであり,やはり近年,患者数の増加が目立つ。また,悪性黒色腫(メラノーマ)は診断が難しいうえに高い転移能を 有し,治療抵抗性であるので,診療上,細心の注意を要する皮膚癌である。さらにまた,やはり高齢者の外陰部に好発する特異な腺癌であ[…][m-review.co.jp]

  • 基底細胞癌

    この項目では、重層扁平上皮から生じる 癌 の一種について説明しています。 唾液腺 などの腺組織から生じる、基底細胞に似た癌細胞からなる腫瘍については「 基底細胞腺癌 」をご覧ください。 基底細胞癌 (きていさいぼうがん basal cell carcinoma)は、重層扁平上皮(特に 皮膚 の 表皮 )から生じる病変の 組織型 のひとつである。多くの医学者はその名のとおり 悪性腫瘍 (ただし低悪性度のもの)であると考えている。 皮膚以外の 器官 の重層扁平上皮から生じる同様の腫瘍は、 類基底細胞癌 (basaloid cell carcinoma)と呼ばれることがある。 皮膚の基底細胞癌 [ 編集[…][ja.wikipedia.org]

  • 皮膚の扁平上皮癌

    明 細 書 扁平上皮細胞癌関連抗原を指標とする皮膚性状の評価方法 技術分野 本発明は、 細胞の扁平上皮細胞癌関連抗原 (Sduamous Cell Care inoma Antigen, 以下 「 S C C A」 と称す)を指標とした、 皮膚状態 の評価方法を提供する。 背景技術 皮膚が正常の角化を行うと角質細胞で核が消滅する 「脱核」 とい う現象が生ずる。 表皮角化細胞は基底層で増殖し、 上層に移行して 成熟し角層となる。 しかしながら、 例えば乾癬やア トピー皮膚炎と いった皮膚病に罹り、 正常な角化が行われない肌荒れした皮膚にお いては、 角質細胞に核が未消化のまま残り、[…][patents.google.com]

  • 丹毒

    丹毒(たんどく、erysipelas)とは、溶連菌による皮膚の化膿性炎症である。 表皮基底層および真皮浅層が、病変の主座である。そのレベルを水平方向に急速に拡大する浮腫性紅斑と腫脹を特徴とする。浮腫性紅斑には菌体および菌産生毒素に対する免疫アレルギーが関与しているといわれている。疼痛を伴うこともあるが、比較的少ない。人畜共通の病気でもあり発熱・頭痛など全身症状を伴うこともある。また、治癒したと思っても再発再燃をおこす場合があり、それを習慣性丹毒(しゅうかんせいたんどく)という。 顔面に好発する。 蜂窩織炎が下肢に多いのに比べると下肢の丹毒は少ない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 全身性エリテマトーデス

    患者の約8割が腎障害を併発 皮膚では顔面に蝶形紅斑、円盤状紅斑がみられます。また寒冷刺激で手指が痺れを伴い真っ青になるレイノー現象がみられることもあります。心臓には心外膜炎、弁尖炎、冠動脈炎を引き起こすことが知られ、これにより心不全、心タンポナーデ、狭心症、急性心筋梗塞が合併することがあります。[tokushukai.or.jp]

さらなる症状