Create issue ticket

考えれる5県の原因 顔の表情減少

  • 両側性再発性咽頭神経麻痺

    2)症状 主症状は片側のの筋肉(表情筋)の麻痺です。また、顔面神経の枝は、涙腺や舌前方の味覚も支配しているため、涙の減少、味覚の障害がでる場合があります。顔面神経と聴神経(聴こえの神経、平衡神経)は隣りあって走行している部分もあるため、難聴やめまいを伴う場合もあります。[uoeh-u.ac.jp]

  • 家族性再発性末梢性顔面神経麻痺

    2)症状 主症状は片側のの筋肉(表情筋)の麻痺です。また、顔面神経の枝は、涙腺や舌前方の味覚も支配しているため、涙の減少、味覚の障害がでる場合があります。顔面神経と聴神経(聴こえの神経、平衡神経)は隣りあって走行している部分もあるため、難聴やめまいを伴う場合もあります。[uoeh-u.ac.jp]

  • 二次パーキンソン症

    その結果、まばたきの減少、眼球運動の低下、表情変化の喪失、唾を飲み込めなくなり涎を流す、歩行時の腕振りの消失、2つの異なった動作を同時に行えなくなるなどの症候が見られるようになります。 6.自律神経障害に基づく症候 便秘、発汗過多、頻尿、排尿困難、起立性低血圧(めまい、立ちくらみ)などが起きることがあります。[jpma-nanbyou.com]

  • 口腔乾燥症

    そして年齢とともに咀嚼時間、咀嚼回数は減少してゆく傾向があります。 顎の筋肉の衰えは、唾液の分泌量の低下だけでなく、表情筋の衰えに連動します。 そのため、口角は下がり、ほうれい線は深く刻み込まれ、顔貌の老化を引き起こします。[ginza-dental.jp]

  • 再発性咽頭神経麻痺

    2)症状 主症状は片側のの筋肉(表情筋)の麻痺です。また、顔面神経の枝は、涙腺や舌前方の味覚も支配しているため、涙の減少、味覚の障害がでる場合があります。顔面神経と聴神経(聴こえの神経、平衡神経)は隣りあって走行している部分もあるため、難聴やめまいを伴う場合もあります。[uoeh-u.ac.jp]

さらなる症状