Create issue ticket

考えれる12県の原因 顔の表情減少

  • 本態性振戦

    パーキンソン病を本態性振戦と鑑別するための主な特徴 特徴 パーキンソン病 本態性振戦 振戦の型 静止時振戦 姿勢時および企図振戦 年齢 高齢(60歳以上) 全年齢層 家族歴 通常は陰性 60%を超える患者で陽性 アルコール 有益でない しばしば有益である 振戦の発症 片側性 両側性 筋緊張 歯車様筋強剛 正常 表情 減少 正常 歩行 腕振[msdmanuals.com]

  • 両側性再発性咽頭神経麻痺

    2)症状 主症状は片側のの筋肉(表情筋)の麻痺です。また、顔面神経の枝は、涙腺や舌前方の味覚も支配しているため、涙の減少、味覚の障害がでる場合があります。顔面神経と聴神経(聴こえの神経、平衡神経)は隣りあって走行している部分もあるため、難聴やめまいを伴う場合もあります。[uoeh-u.ac.jp]

  • 家族性再発性末梢性顔面神経麻痺

    2)症状 主症状は片側のの筋肉(表情筋)の麻痺です。また、顔面神経の枝は、涙腺や舌前方の味覚も支配しているため、涙の減少、味覚の障害がでる場合があります。顔面神経と聴神経(聴こえの神経、平衡神経)は隣りあって走行している部分もあるため、難聴やめまいを伴う場合もあります。[uoeh-u.ac.jp]

  • 二次パーキンソン症

    その結果、まばたきの減少、眼球運動の低下、表情変化の喪失、唾を飲み込めなくなり涎を流す、歩行時の腕振りの消失、2つの異なった動作を同時に行えなくなるなどの症候が見られるようになります。 6.自律神経障害に基づく症候 便秘、発汗過多、頻尿、排尿困難、起立性低血圧(めまい、立ちくらみ)などが起きることがあります。[jpma-nanbyou.com]

  • 筋線維束性収縮

    程なくして線維束性収縮,痙縮,深部腱反射亢進,伸展性足底反応,巧緻運動障害,硬直した動き,体重減少,疲労,ならびに表情および舌の動きの制御困難が生じる。その他の症状には,嗄声,嚥下困難,言語不明瞭などがある;嚥下が困難なため,唾液が増加するようであり,患者は液体でむせやすくなる。[msdmanuals.com]

  • 家族性発育言語障害

    注意力の集中は大変短く,AS小児は表情や他の社会的な合図を送れないために,社交性は妨げられます.軽症例では,身振りや他の交流手段を学ぶには充分な集中力があります.これらの子供達に対しては,教育的・発達的な訓練の構成はより簡単であり,また一般的に効果もあります.若年の成人における観察では,多動性は加齢とともに減少します.何人かの小児ではメチルフェニデート[tokyo-med.ac.jp] 年長児では,わしづかみ,奪い取り,かみつきなども見られ,多動性により増強されることがあります.持続的な一定の行動制限を行うことによりこれらの不要な行動を減少ないし削減することが出来ます.[tokyo-med.ac.jp]

  • 眼瞼痙攣

    痙攣している筋肉以外にも薬の作用が効いてしまった場合,かえって瞼が開けにっくくなったり,ものが二重に見えたり,表情が少し変わってしまうことがあります。しかしこれらの副作用は,薬が効きすぎている為で,薬の作用が減少し元の状態に戻るにつれて,そのような副作用はなくなってきます。[yoshino-eye-clinic.com]

  • 筋萎縮性側索硬化症 5型

    程なくして線維束性収縮,痙縮,深部腱反射亢進,伸展性足底反応,巧緻運動障害,硬直した動き,体重減少,疲労,ならびに表情および舌の動きの制御困難が生じる。その他の症状には,嗄声,嚥下困難,言語不明瞭などがある;嚥下が困難なため,唾液が増加するようであり,患者は液体でむせやすくなる。[msdmanuals.com]

  • 再発性咽頭神経麻痺

    2)症状 主症状は片側のの筋肉(表情筋)の麻痺です。また、顔面神経の枝は、涙腺や舌前方の味覚も支配しているため、涙の減少、味覚の障害がでる場合があります。顔面神経と聴神経(聴こえの神経、平衡神経)は隣りあって走行している部分もあるため、難聴やめまいを伴う場合もあります。[uoeh-u.ac.jp]

  • 痙攣

    痙攣している筋肉以外にも薬の作用が効いてしまった場合,かえって瞼が開けにっくくなったり,ものが二重に見えたり,表情が少し変わってしまうことがあります。しかしこれらの副作用は,薬が効きすぎている為で,薬の作用が減少し元の状態に戻るにつれて,そのような副作用はなくなってきます。[yoshino-eye-clinic.com]

さらなる症状