Create issue ticket

考えれる46県の原因 顔の傷跡

  • 尋常性ざ瘡

    尋常性痤瘡(尋常性ざ瘡、じんじょうせいざそう、英語: Acne vulgaris, 略語: AV)は、顔や背と胸に見られる炎症性皮膚疾患の一つ。単に痤瘡 / ざ瘡 /[…][ja.wikipedia.org]

  • 脂肪浮腫

    傷跡を綺麗にする、のできものを綺麗に取る、垂れ下がった眼瞼を引き上げ目元をくっきりとさせる、などの細かな形成手術から、頭頚部癌・乳癌・皮膚癌などの切除や外傷により失った体の一部を、マイクロサージャリーの微小血管吻合を利用した組織移植などを行なって修復する、顔面神経麻痺により動かなくなった顔面に神経・血管吻合を行なって筋肉移植をすることで[tdc.ac.jp] 例えば、擦り傷、切り傷、やけど、しもやけ、の骨折、それに交通事故などにより皮膚がはがれてしまった場合なども治療します。また、以前のけがの傷跡で、ケロイド状(傷跡が盛り上がった状態)になったもの、ひきつれをおこしているもの、の骨が折れて顔のゆがみを来しているものなども形成外科の治療分野です。[nadogaya.com] 外傷に対する迅速な対応 大病院ではいくつかの科を何日もかけてまわるところを、当院なら一日で対応します 腫瘍、腫瘍手術後変形、表在性先天異常などへも対応いたします 美容外科も行っております、是非ご相談ください リンパ浮腫に対するスーパーマイクロサージャリー 当院形成外科での治療内容 外傷、外傷後変形(けが、やけどなど、または、けがや手術の傷跡[nadogaya.com]

  • 頬骨骨折

    当科では、できるだけ傷跡が残らない切開で骨折の固定を行っております。また、固定に使うプレートは通常、チタン製(金属)のものですが、最近では数ヶ月で溶けてなくなる吸収性プレートも使うことが出来るようになりました。さらに、超音波で診断しながら骨折部を観察し、できるだけ小さく目立たない顔面の切開で整復・固定を行う方法が成果を上げています。[kyorin-prs.com] ケガ) のケガの場合は表面の傷跡をいかに目立たなくさせるかということが重要ですが、神経や涙・唾液の通り道などの深い部分の損傷に対しても初めから適切な処置が施されなければなければ思わぬ後遺症を残すことになるので注意が必要です。[med.nihon-u.ac.jp] 当科では生まれつきの病気から、ケガやガン切除後の再建、傷跡の修正、眼瞼下垂やや顎の骨の骨折、美容外科まで幅広く治療を行っています。 当院眼科と連携して眼瞼下垂の治療に力を入れています。 毎週金曜日15時から『まぶたの外来(専門外来)』を開設しています。 眼瞼下垂症や眼瞼内反・外反、逆さまつげなどの診察を行っています。[kkr.hiratsuka.kanagawa.jp]

  • 膝蓋骨骨折

    交通事故被害で傷跡が…後遺障害等級認定のポイントと逸失利益の有無【弁護士が解説】 交通事故に遭い、傷跡が残ってしまったーー。という、他の人の目にもさらされる部分に傷が残れば、年齢や性別に関わらず心にダメージを負うでし...[bengo4.com]

  • 虚血性潰瘍

    副部長 医師 吉川 彩 ・初診レーザー加療(脱毛・イボ・にきび)も受け入れております 外傷 顔面骨の骨折(鼻、顎、頬骨など) の傷、傷痕(ケロイド、ひきつれ、醜状創) 手、足、四肢の表面の傷、傷跡、引きつれ 切断指 熱傷(やけど)、熱傷後の傷跡、引きつれ、変形 褥瘡(床ずれ) 難治性潰瘍(糖尿病性潰瘍、虚血性潰瘍、静脈うっ滞性潰瘍) まぶたの[shiroyama-hsp.or.jp]

  • 乳房パジェット病

    や手など紫外線の影響を受ける部分に生じやすいです。また、やけどや、ケガの傷跡(瘢痕)から発生する場合もあります。 病巣が浅く皮膚に限局する場合には5年生存率は92% 96%(ステージIおよびII)ですが、深部に浸潤する腫瘍やリンパ節に転移した場合(ステージIII)にはと、5年生存率は62%と低下します。[hyogo-cc.jp] 有棘細胞がんは、紫外線の影響が大きいとされているがんで、や首、前腕、手の甲といった日光にさらされやすい部位に発生します。やけどや外傷の傷跡、治りにくいおできや皮膚潰瘍、ヒ素やタールなどの化学物質も引き金になるとされています。[tonehoken.or.jp]

  • 乳房ページェット病

    や手など紫外線の影響を受ける部分に生じやすいです。また、やけどや、ケガの傷跡(瘢痕)から発生する場合もあります。 病巣が浅く皮膚に限局する場合には5年生存率は92% 96%(ステージIおよびII)ですが、深部に浸潤する腫瘍やリンパ節に転移した場合(ステージIII)にはと、5年生存率は62%と低下します。[hyogo-cc.jp]

  • 足関節骨折

    傷跡と肩の可動域制限で併合8級。紛争処理センター申立による解決… 詳しく見る 更新日: 2018年1月16日 家族4名が追突事故に遭遇。4名合計で294万円で解決。 詳しく見る 更新日: 2018年3月26日 高次脳機能障害で5級認定。[jikokaiketsu.com]

  • 皮膚腫瘍

    抜糸はであれば5-7日目頃、腕や足など良く動かす場所は7-10日目頃に行います。その後は傷跡を目立たなくするためにテーピング療法などアフターケアを3-6ヵ月間行なって頂きます。 対象疾患ページに戻る[med.nihon-u.ac.jp] 手術方法・時間・麻酔・経過などについて などにできた場合は特に傷跡をできるだけ小さく目立たせなくするように形成外科的テクニックを用いて切除、縫合します。 麻酔法は一般には局所麻酔で行いますが、腫瘍が大きい場合や痛みに弱い方などは全身麻酔や腰椎麻酔(腰から下の場合)で行なうこともあります。 手術時間は大きさにもよりますが20分前後です。[med.nihon-u.ac.jp]

  • 皮膚癌

    紫外線を多く浴びるに出ることも多く、治療することによって傷跡が残ることもあり、QOLが落ちることも考えられます。皮膚の異変に気が付いたら、自己判断せず、皮膚科の専門医に相談して、早期発見につなげましょう。[ganclass.jp] 有棘細胞がんは日光暴露がおもな原因で、や頭部に多く発生します。その他、やけどやけがなどの傷跡から発生することもあります。基底細胞がんは皮膚がんの中でも日本人にもっとも多いがんです。顔面に好発することから、有棘細胞がんと同様、紫外線の関与が推測されています。パジェット病は乳房と乳房外にわけられ、乳房にできるのは乳がんとなります。[shionogi.co.jp]

さらなる症状