Create issue ticket

考えれる23県の原因 顔のジストニア

  • 非中毒性甲状腺腫

    身体のふわふわ、夜に起こる。 これは、心臓の障害機能における血流障害のために起こる。 頻繁な圧力低下は、頻繁な頭痛の出現である葉血管ジストニアの発症を引き起こす。 甲状腺の機能不全によるホルモンレベルの中断は、カルシウム吸収の問題を引き起こす。 結果は、骨の脆弱性、関節の痛みです。[joomlabc.ru]

  • 耳性帯状疱疹

    顔面痙攣 顔面神経外来では顔面神経麻痺のほかに、顔面痙攣や、顔面ジストニアなどの不随意運動の診断と治療も行っています。不随意運動とは、を動かそう としてないのに自然に不快な動きが出る病気です。 不随意運動に対してはボツリヌスという薬剤が非常に有効であり、世界中で広く用いられています。[tokushima-u.ac.jp]

  • 原発性捻転ジストニア 6

    ジストニアとは[…][square.umin.ac.jp]

  • 自律神経障害

    遅発性 ジストニア ・ 首が上下、左右 に傾く ・ 首・足・指がね じれる ・ 口・体を 歪ませる ・ 唇を突き出す ・ 声が出しにくい ・ 箸が持てない、 持ちにくい ・布団が重く感じる ・呼吸困難、 息苦しい 遅発性ジストニア(ちはつせいジストニア) 長期間にわたる抗精神薬服薬によって起きる事がある。[akira3132.info] の表情をつくる筋肉や口の周辺、顎、舌、さらに手足や 体そのものが自分の意志とは無関係に動き固まり、ウェアリング -オフ時に起る。 全身性ジストニアと局所性ジストニアなどに分類され、 身体の一部または全身、複数の部分の筋肉が不随意に収縮。 ・ねじれ ・硬直 ・けいれんなどが生じる運動障害。[akira3132.info]

  • 運動障害

    遅発性 ジストニア ・ 首が上下、左右 に傾く ・ 首・足・指がね じれる ・ 口・体を 歪ませる ・ 唇を突き出す ・ 声が出しにくい ・ 箸が持てない、 持ちにくい ・布団が重く感じる ・呼吸困難、 息苦しい 遅発性ジストニア(ちはつせいジストニア) 長期間にわたる抗精神薬服薬によって起きる事がある。[akira3132.info] の表情をつくる筋肉や口の周辺、顎、舌、さらに手足や 体そのものが自分の意志とは無関係に動き固まり、ウェアリング -オフ時に起る。 全身性ジストニアと局所性ジストニアなどに分類され、 身体の一部または全身、複数の部分の筋肉が不随意に収縮。 ・ねじれ ・硬直 ・けいれんなどが生じる運動障害。[akira3132.info]

  • 器官幻覚

    遅発性 ジストニア ・ 首が上下、左右 に傾く ・ 首・足・指がね じれる ・ 口・体を 歪ませる ・ 唇を突き出す ・ 声が出しにくい ・ 箸が持てない、 持ちにくい ・布団が重く感じる ・呼吸困難、 息苦しい 遅発性ジストニア(ちはつせいジストニア) 長期間にわたる抗精神薬服薬によって起きる事がある。[akira3132.info] の表情をつくる筋肉や口の周辺、顎、舌、さらに手足や 体そのものが自分の意志とは無関係に動き固まり、ウェアリング -オフ時に起る。 全身性ジストニアと局所性ジストニアなどに分類され、 身体の一部または全身、複数の部分の筋肉が不随意に収縮。 ・ねじれ ・硬直 ・けいれんなどが生じる運動障害。[akira3132.info]

  • ミオクロニーけいれん

    (2)舞踏病 ハンチントン病、妊娠舞踏病、リウマチ熱による小舞踏病などがあり、しかめを特徴とする。 (3)アテトーシス 脳性まひなどで見られる。 (4)ジストニア 全身性のジストニアとして体幹をねじらせる捻転ジストニアがある。局所的なジストニアとして、痙性斜頚、書痙、眼瞼攣縮(あるいはメージュ症候群)などがある。[hhk.jp]

  • メージュ症候群

    (2)舞踏病 ハンチントン病、妊娠舞踏病、リウマチ熱による小舞踏病などがあり、しかめを特徴とする。 (3)アテトーシス 脳性まひなどで見られる。 (4)ジストニア 全身性のジストニアとして体幹をねじらせる捻転ジストニアがある。局所的なジストニアとして、痙性斜頚、書痙、眼瞼攣縮(あるいはメージュ症候群)などがある。[hhk.jp]

  • 職業性痙攣

    顔面けいれん以外に、斜頸、ジストニアといった病気にも使用されています。その他、病気ではありませんが、美容外科では、のしわ取りとしても広く使用されています。メリットとしては、外来で簡単にでき、注射後2日位で効果がみられることです。また、簡単なしわ取りも兼ねて使用している医師います。[twmu-mcens.jp]

  • クロニジン中毒

    も仮面のようになり、よだれを流し、発語はゆっくりで、単調となり、字を書くと小さい字になります。 急性ジストニア は、若い人では1週間以内に、筋肉の緊張異常として、や首など身体の筋肉群が収縮し、ひねり運動が出て、首が斜めにねじれたり、舌が突出したりします。[medical.itp.ne.jp]

さらなる症状