Create issue ticket

考えれる14県の原因 顎口腔運動障害

  • 良性移動性舌炎

    ・肥満による咽頭の狭窄 ・上気道の異常の有無 アデノイド、扁桃肥大 軟口蓋下垂、鼻中隔湾曲症、アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎 喉頭ポリープ、喉頭腫瘍、声帯運動障害口腔の形態異常: 小下顎、後退下顎、末端肥大症などによる舌の肥大の有無 ③睡眠ポリグラフ:Polysomnography (PSG) 検査装置で睡眠中の状態を実際に観察します[imaizumi-cl.com]

  • 深在性嚢胞性大腸炎

    麻酔科 手術時の麻酔管理・周術期管理、痛みの外来における難治性慢性疼痛管理、RST外来における人工呼吸管理 リハビリテーション科 内部障害、脳血管障害、呼吸器障害、循環器障害運動障害、小児障害、がんリハビリテーション、義肢・装具、老年医学 口腔外科 腫瘍、外傷、摂食嚥下障害、関節症、インプラント、顎骨再生、顎変形症、周術期口腔機能管理[lab.toho-u.ac.jp]

  • メージュ症候群

    の不随運動や眼瞼痙攣,光過敏症,開口障害の痛み,構音障害などの症状が出現した.これらの症状からメージュ症候群と診断された.抗精神病薬がリスペリドンからパリペリドン 6 mg/日へと変更となった.その結果,瞬目,光過敏症,顎の痛み,開口障害は徐々に改善した.しかし,構音障害は持続した.パリペリドンに変更6ヶ月後にはこの患者のメージュ症候群[jstage.jst.go.jp] 張りなどの症状が認められる事もある.症例は44歳の日本人統合失調症の患者である.初発症状は,幻聴,迫害妄想,精神運動興奮,連合弛緩,落ち着きのなさであった.何種類かの抗精神病薬が試みられた後,リスペリドンによる治療が開始され緩徐に4 mg/日まで増量された.その結果上記の症状の改善が認められた.リスペリドン4 mg/日投与開始1年後から,口腔[jstage.jst.go.jp]

  • 歯膿瘍

    噛み合わせが変位したり、運動障害を生じて生活に大きな問題を生じます。多くの場合は、病院の口腔外科へご紹介させていただき、適切な精査、加療を必要とします。 顎口腔領域の軟組織や顎骨に発生する腫瘍には良性腫瘍と悪性腫瘍があります。[keiseifunabashi-dc.com]

  • 脳膿瘍

    難聴や人口内耳埋込等に伴う聴覚・言語機能の障害を有する患者さま 7. 口腔の先天異常に伴う構音障害を有する患者さま 8. 広範性発達障害(精神遅滞・脳性まひ等)に伴う運動機能・作業機能の障害を有する患者さま 9.[showa-u.ac.jp]

  • 気管支の遺物

    麻酔科 手術時の麻酔管理・周術期管理、痛みの外来における難治性慢性疼痛管理、RST外来における人工呼吸管理 リハビリテーション科 内部障害、脳血管障害、呼吸器障害、循環器障害運動障害、小児障害、がんリハビリテーション、義肢・装具、老年医学 口腔外科 腫瘍、外傷、摂食嚥下障害、関節症、インプラント、顎骨再生、顎変形症、周術期口腔機能管理[lab.toho-u.ac.jp]

  • 顎口腔ジストニア

    下顎骨骨折や頬骨弓骨折、口腔顎顔面領域の腫瘍なども、比較的閉口障害の原因として頻度の高い疾患といえる。 また、咬筋などの咀嚼筋の麻痺、パーキンソン病や筋肉の不随意運動による口腔ジストニアなども閉口障害を生じることがあり、一般歯科医にとって閉口障害を的確に診断することは必ずしも容易ではない。[dental-diamond.jp] 演題14)「顎顔面の疼痛と口腔感覚の変調に関する臨床的観察」 成田紀之、木野孔司:日本大学松戸歯学部顎咬合機能治療学講座、東京医科歯科大学歯学部附属病院関節治療部 関節症・口腔顔面痛患者の疼痛症状は口腔顔面の運動機能ばかりか他の感覚機能をも障害すると考えられる。[jorofacialpain.sakura.ne.jp]

  • 唇膿瘍

    噛み合わせが変位したり、運動障害を生じて生活に大きな問題を生じます。多くの場合は、病院の口腔外科へご紹介させていただき、適切な精査、加療を必要とします。 顎口腔領域の軟組織や顎骨に発生する腫瘍には良性腫瘍と悪性腫瘍があります。[keiseifunabashi-dc.com]

  • トゥレット症候群

    歯科スプリント治療について 関節を含む歯科的・口腔外科的なアプローチによる治療で、チックなどの運動障害及びOCD(強迫性障害)やADHD(注意欠如多動性障害)などの随伴症状の軽減または消失することが期待されるものです。[value-press.com]

  • 難治性下顎症候群

    唾液腺腫瘍、唾石症、唾液腺炎、口腔乾燥症、シェーグレン症候群、口唇粘液嚢胞、がま腫などの粘液貯留嚢胞 顎関節疾患 顎関節症、顎関節炎、顎関節脱臼、顎関節強直など 先天異常・発育異常 上唇小帯や舌小帯の異常 唇顎口蓋裂などの先天異常や下顎前突などの変形症の診断 神経疾患と心因性病態 三叉神経痛や非定型顔面痛などの疼痛、顔面神経麻痺などの運動障害[hashimoto-hsp.jp] 、神経痙攣や口腔ジスキネジア、口腔心身症、舌痛症など 血管性病変 口腔顔面領域の血管腫や血管奇形など 歯と周囲組織 埋伏歯抜歯、難抜歯や歯根端切除術、自家歯牙移植術、顎堤形成術、下顎隆起・口蓋隆起形成術など補綴処置前の歯周組織の外科治療 (*一般的な歯科治療は除きます) 有病者・(障がい者)歯科 白血病や血友病など血液疾患、心疾患患者の口腔[hashimoto-hsp.jp]

さらなる症状