Create issue ticket

考えれる72県の原因 頻繁に食べる

  • 過食

    過食(かしょく, Overeating)、食べ過ぎ(たべすぎ)とは、臓器が必要とする以上のエネルギーを、生物が過度に消費すること。体重増加や肥満をまねく。 またビンジ・イーティング(Binge eating)、ドカ食い、むちゃ食いとは無秩序な摂食パターンの一つであり、コントロール不能な摂食エピソードに特徴づけられる。これは摂食障害で一般的であり、それには神経性大食症とむちゃ食い障害(過食性障害,ビンジ・イーティング障害)が含まれる。ビンジ・イーティングにおいては、当人は限度を超えた量の食物を急速に消費する。ビンジ・イーティングの診断においてはセルフコントロール喪失感が要素となる 神経性大食症[…][ja.wikipedia.org]

  • 肥満

    肥満指数(BMI)と死亡リスク 日本のコホート研究のプール解析 ― 日本のコホート研究のプール解析 ― 日本人のBMIと死亡リスク[…][epi.ncc.go.jp]

  • 病的肥満

    腸内細菌叢の研究も合わせると、肥満や糖代謝などについての新しいウェーブの研究が世界で進んでいるように感じる。「メタボ」についての私の師匠・元大阪大学医学部病院長の松澤先生から、良い肥満と悪い肥満があると教えられて来た(ちなみに松澤先生は間違いなく良い肥満らしい)。最初は松澤先生の自己正当化だろうなどと笑って聞いていたが、現役を退いてからこの分野の論文を読んでいると、ほとんどの研究がこの問題に集中しているのがわかる。しかしいい肥満と悪い肥満がなぜ分かれるのか?脂肪細胞は常に悪か?などまだ本当の理解が出来ていない点は多い。事実脂肪細胞は悪ではないことを示す論文を6月21日このホームページで紹[…][aasj.jp]

  • 膵の悪性新生物

    膵がん 膵がんとは 膵臓は淡黄色の細長い臓器で、長さ15 cm、幅3-5 cm、厚さ2 cm、重さ60-70[…][pref.aichi.jp]

  • 膵島細胞腫瘍

    膵島細胞腫瘍について 膵臓を構成する細胞である膵島に生じる 腫瘍 の総称 膵島には、 血糖 や胃の消化を調整する ホルモン を分泌する細胞が複数ある その膵島に腫瘍ができると、ホルモンが過剰に分泌されてしまうことがあり、それぞれのホルモンごとの症状が生じる 腫瘍の分類 インスリノーマ インスリン をつくる細胞に発生する腫瘍 インスリン:血液の糖濃度を下げるホルモン ガストリノーマ ガストリンをつくる細胞に発生する腫瘍 ガストリン:胃の消化を助けるホルモン グルカゴノーマ グルカゴンをつくる細胞に発生する腫瘍 グルカゴン:血糖値を高めるホルモン ホルモンをつくらない細胞にできる腫瘍もある[…][medley.life]

  • 脂肪萎縮症

    HOME 病気の解説(一般利用者向け) 脂肪萎縮症(指定難病265) しぼういしゅくしょう (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1.「脂肪萎縮症」とは 脂肪萎縮症とは皮下脂肪や内臓脂肪などの脂肪組織が減少あるいは消失する疾患の総称です。エネルギー摂取の低下やエネルギー消費の 亢進 による痩せは含みません。脂肪萎縮症には遺伝子異常による 先天性 あるいは 家族性[…][nanbyou.or.jp]

  • 便秘

    もし最近フードの種類を変更したのであれば、便秘になる前の体調が良かった頃に食べていたものに戻してみましょう。 猫の飼い主さんの中には、頻繁にフードの種類を変更する方もいらっしゃいますが、体調を崩したら一つ前のフードに戻して様子を見るのが、基本的な対応になります。 —よく「便秘には食物繊維」と言いますが、猫に対してもそうでしょうか?[axa-direct.co.jp]

  • 顎関節炎

    顎関節症にとって悪い生活習慣としては、偏咀嚼、頬杖、うつぶせ寝以外に、長時間大きく口を開けたり、硬固物を好んで頻繁食べたりといったことが挙げられます。これらは、顎関節に直接強い負荷がかかるものばかりです。長い人生、快適な食生活をおくるためには、顎関節をいたわって頂きたいと思います。[hotei.or.jp]

  • 糖尿病

    また、妊娠前にファーストフードを頻繁食べた場合、糖尿病罹患リスクが増大することが報告されている。 女性ではコーラや果汁飲料などの清涼飲料水の飲用量が多いほど糖尿病の発症リスクが高いとの報告がある。多量の清涼飲料水の摂取は、急激な血糖・インスリン濃度の上昇をもたらし、耐糖能異常、インスリン抵抗性にもつながる可能性が指摘されている。[ja.wikipedia.org]

  • インスリン抵抗性

    また、妊娠前にファーストフードを頻繁食べた場合、糖尿病罹患リスクが増大することが報告されている。 女性ではコーラや果汁飲料などの清涼飲料水の飲用量が多いほど糖尿病の発症リスクが高いとの報告がある。多量の清涼飲料水の摂取は、急激な血糖・インスリン濃度の上昇をもたらし、耐糖能異常、インスリン抵抗性にもつながる可能性が指摘されている。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状