Create issue ticket

考えれる26県の原因 頻繁な骨折

  • 卵管炎

    脊椎MRI 腰椎・頚椎・胸椎などの脊椎のMRI検査は非常に優れていて腰痛や手足の痺れなどの原因である椎間板ヘルニアや変性脊椎症、圧迫骨折などの脊椎病変の検出に非常に優れています。 骨盤MRI 婦人科でもっとも頻繁に指摘される疾患には子宮筋腫、子宮内膜症、 卵巣嚢腫、卵管炎や骨盤腹膜炎などの感染症などがあります。[kure.hosp.go.jp]

  • コーレス骨折

    橈骨の遠位端の骨折とは手首のあたりの骨折ということです。 交通事故では転倒して手をついた時に頻繁に起こりますが、手の付き方によって傷病名が違ってきます。 手の平をついて骨折した時にはコーレス骨折、手の甲をついて骨折した時にはスミス骨折と呼びます。[ziko-sodan.com]

  • 脱臼

    男性のコンタクトスポーツ選手などは本来抜けにくいにも関わらず抜けるわけですから、関節窩や上腕骨頭に骨折頻繁に発生しています。亜脱臼だけでも何回も繰り返すことにより、骨が大きく削れている事も少なくないので、CTによる検査は非常に重要です。[yukioka.or.jp]

  • 腰椎の圧迫骨折

    腰椎圧迫骨折は外から強い力が加わって起こることもありますが(多く の場合 破裂骨折 となる)、腰椎が骨粗鬆症などでもろくなっていると、し りもちをつく程度の軽微な外力で圧迫骨折が起こることも頻繁にあります。 右のレントゲン像では矢印の椎体に圧迫骨折があります。[lowback.jp]

  • 頭蓋骨骨折

    検査と診断 症状が刻々と変化するため、頻繁に神経学的チェックを行う。 画像診断 X線撮影で骨折部位を確認する。 CT、MRIでは、挫傷や血腫が描出される。経時的変化の追跡が必要となる。 治療法 神経症状がみられ、血腫の量が多い場合は、開頭血腫除去術を行う。 症状が軽い場合は、保存的治療を行う。[nurseful.jp]

  • 肩の脱臼

    男性のコンタクトスポーツ選手などは本来抜けにくいにも関わらず抜けるわけですから、関節窩や上腕骨頭に骨折頻繁に発生しています。亜脱臼だけでも何回も繰り返すことにより、骨が大きく削れている事も少なくないので、CTによる検査は非常に重要です。[yukioka.or.jp]

  • 多発性骨髄腫

    以下の障害がひとつでもみられた際には医師の診察を受けてください: 骨痛、特に背骨または肋骨 易骨折性の骨 原因不明の発熱や頻繁な感染症 内出血や出血が生じ易い 呼吸障害 四肢の脱力感 強い疲労感 腫瘍は骨を損傷し、高カルシウム血症(血液中のカルシウム過多)を誘発することがあります。[imic.or.jp] 骨折しやすくなる。 原因不明の 発熱 や、頻繁な感染。 あざや出血が生じやすい。 呼吸障害。 腕や脚の筋力の低下。 ひどい疲労感。 腫瘍によって骨が損傷を受けると、 高カルシウム血症 (血液中の カルシウム 量の過剰)が引き起こされます。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 篩板の骨折

    検査と診断 症状が刻々と変化するため、頻繁に神経学的チェックを行う。 画像診断 X線撮影で骨折部位を確認する。 CT、MRIでは、挫傷や血腫が描出される。経時的変化の追跡が必要となる。 治療法 神経症状がみられ、血腫の量が多い場合は、開頭血腫除去術を行う。 症状が軽い場合は、保存的治療を行う。[nurseful.jp]

  • 頭蓋底骨折

    検査と診断 症状が刻々と変化するため、頻繁に神経学的チェックを行う。 画像診断 X線撮影で骨折部位を確認する。 CT、MRIでは、挫傷や血腫が描出される。経時的変化の追跡が必要となる。 治療法 神経症状がみられ、血腫の量が多い場合は、開頭血腫除去術を行う。 症状が軽い場合は、保存的治療を行う。[nurseful.jp]

  • 肺形質細胞肉芽腫

    以下の障害がひとつでもみられた際には医師の診察を受けてください: 骨痛、特に背骨または肋骨 易骨折性の骨 原因不明の発熱や頻繁な感染症 内出血や出血が生じ易い 呼吸障害 四肢の脱力感 強い疲労感 腫瘍は骨を損傷し、高カルシウム血症(血液中のカルシウム過多)を誘発することがあります。[imic.or.jp]

さらなる症状