Create issue ticket

考えれる89県の原因 頻発月経

  • 血小板減少症

    2012.04.17 背景 免疫系の異常により赤血球が壊され、貧血が起こる病気です。赤血球を作るスピードよりも、壊すスピードの方が速いので貧血になってしまいます。原因は不明です。 免疫介在性溶血性貧血(IHA)と免疫介在性血小板減少症(ITP)はともに成熟赤血球や成熟血小板に抗体や補体が感作して血管内や血管外で破壊される病態であり、免疫学的破壊の標的が赤血球か血小板かの違いだけです。したがって治療はどちらの疾患もほぼ同じ治療法です。 症状[…][www2.you-amc.jp]

  • 子宮筋腫

    2.月経月経がひどくなると下腹部痛や張り、頭痛、不安感などが起こります。 3.頻発月経 月経の周期が25日より短くなり、人によっては月に2 3回月経があることがあります。 4.不正出血 通常の月経以外のときに出血が起こります。[ww9.tiki.ne.jp] 子宮筋腫の症状 子宮筋腫の症状でもっとも多いのは、月経の変化です。 1.月経困難症 生理痛がつよくなる 2.過多月経 生理の出血が多くなる 3.頻発月経 生理の周期が短くなる 以上のような症状が現れることが多いようです。その他に、下腹痛、腰痛、頻尿、便秘などの症状がみられることもあります。[sannoh.or.jp]

  • 凝固異常
  • 子宮腺筋症

    しかし、周期が25日より短い(頻発月経)、38日より長い(稀発月経)などの場合は、何か原因があることもあります。 月経不順の治療 月経不順を放っておくと、将来妊娠しにくくなったり、肩こり・頭痛・肌荒れ・のぼせといった更年期のような症状が早く出たり、閉経が早まって骨粗しょう症や生活習慣病のリスクを高めたりします。[murakoshi-lc.com]

  • 子宮内膜ポリープ

    頻発月経 月経周期が24日以下の短いサイクルになることを「頻発月経」と言います。原因としては、ストレスによるホルモン分泌の乱れや卵巣機能の低下が考えられます。 頻発月経のなかには、黄体ホルモンの分泌が不十分で、排卵日から月経開始までの期間が短くなる場合もあります(黄体機能不全)。[naoko-lc.com] しかし、周期が25日より短い(頻発月経)、38日より長い(稀発月経)などの場合は、何か原因があることもあります。 月経不順の治療 月経不順を放っておくと、将来妊娠しにくくなったり、肩こり・頭痛・肌荒れ・のぼせといった更年期のような症状が早く出たり、閉経が早まって骨粗しょう症や生活習慣病のリスクを高めたりします。[murakoshi-lc.com]

  • 転移性卵巣上皮がん

    卵巣がんについて、特徴・分類・症状・原因・検診・検査方法・病期(ステージ)・生存率・治療法・再発・転移など様々な観点から解説します。 男女ともに、がんでの死亡率はおおよそ60歳から増加し、高齢になるにつれ高くなっていきます。卵巣がんだけを見てみると、2017年に亡くなった人は4,745人で、年齢別でみてみると20歳代では13人、30歳代では76人、40歳代では408人、50歳代では731人、60歳代では1,125人、70歳代では1,005人、80歳代以上では1,385人となっています。[…][ganchiryo.com]

  • バセドウ病

    3日付のスポーツニッポン1面で「13日に婚姻届を提出する予定」と報じられた人気俳優の 水嶋ヒロ と人気シンガー・ソングライターの 絢香 が同日夜、東京・赤坂のTBSで緊急会見を開き「2月22日に入籍しました。共に人生を歩み始めたいと思い、このことをファンの皆さんに伝えたいという2人の強い希望で、今日の会見を迎えました」と既に結婚していたことを報告した。また交際約半年でのスピード婚に至った背景として、絢香がバセドウ病を患っていることが明かされた。[…][web.archive.org]

  • 切迫流産

    流産・切迫流産 赤ちゃんが流産しかかっている状態を切迫流産といいます。少量の出血が長引き、下腹部の痛みを伴うのが特徴ですが、医療技術が進んだ現在、9割以上は妊娠を継続でき、出産も可能です。しかし、残念なことにそのまま流産に進んでしまうケースもあります。 原因 妊娠前期の流産の原因は、ほとんどが赤ちゃんの染色体異常です。これは偶然起こってしまうことと考えられており、防ぎようのないことなのです。 妊娠10週以降の流産は、お母さんにも原因が考えられます。心理的なショックを受ける出来事があったり、働きすぎて過労になったりするケースです。子宮頚管無力症や、子宮筋腫などの病気で流産することもあります。[…][iwasa-clinic.net]

  • 稽留流産

    稽留流産 January 10 [Tue], 2012, 5:37 書こうかどうしようかずっと迷っていましたが、 いろんな方のブログを参考情報にいただいたので、 (逆に情報が多すぎて動揺したりもしますが・・・) 私も書いておこうと思います。 ちょっと具体的なことも書くので、 苦手な方はとばしてください。 ****************************** 私は昨年11月に授かった赤ちゃんを 約7週で稽留流産しました。 で、その赤ちゃんはまだおなかの中にいます。 流産にはいろいろとパターンがあります。 完全流産 出血や痛みで始まり、それがきつくなって、[…][yaplog.jp]

  • 子宮頸癌

    子宮頸癌(しきゅうけいがん、英: cervical cancer)は、子宮頸部と呼ばれる子宮の出口より発生する癌。そこに生じる悪性の上皮性病変(癌)のこと。 発生頻度は発展途上国で高い。発症は20代から40代で高く、死亡は25歳未満ではまれであり、特に高齢者に多い。主な原因に、主に性交渉にって感染するヒトパピローマウイルス (HPV)の感染があるが、大部分の人で通常は免疫によってHPVは排除される。子宮頸癌の人々の87.4%に、HPVの感染が確認されている。ほかの部位のがんに比較して生存率は高く、検診により死亡率は最大80%減少する可能性がある。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状