Create issue ticket

考えれる22県の原因 頻発月経

  • 血小板減少症
  • 凝固異常
  • 子宮筋腫

    子宮筋腫(しきゅうきんしゅ、uterine fibroids)とは、子宮の筋層に存在する平滑筋細胞由来の良性腫瘍である。 生殖年齢の女性のうち20%の割合で発生するが、悪性化するのは0.5%以下である。30代以上に好発し45歳までに女性の約70%に発生する。 子宮壁を構成する3つの層における存在部位によって、粘膜下筋腫(子宮の内側(子宮腔)寄り)、筋層内筋腫(子宮壁の肉の中)、漿膜下筋腫(子宮の外側寄り)に分類される。また、子宮頸部の位置にできるものは頸部筋腫と呼ばれる。半数以上の子宮筋腫が多発性(複数の塊が発生する)である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 転移性卵巣上皮がん
  • バセドウ病

    バセドウ病とは? びまん性甲状腺腫大(首の甲状腺がびまん性に腫れて大きくなること)、頻脈(脈が速くなること)、眼球突出(眼が出てくること)を3大徴候とする自己免疫性疾患であり、甲状腺機能亢進症を認める疾患の70〜80%を占めています。甲状腺機能亢進症は血液中の甲状腺ホルモンが過剰になって、全身の代謝が亢進し、特有な臨床症状を呈する状態を言います。またバセドウ病は、英語圏ではグレーブス病とも呼ばれます。 びまん性甲状腺腫 バセドウ病の原因は? 甲状腺は脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(thyroid stimulating hormone :[…][jspe.umin.jp]

  • 切迫流産
  • 子宮腺筋症

    会員ページのパスワードは16年6月1日に変更しました。新しいパスワードは事務局からのメールに記載してあります。 @jecie_jp からのツイート[jecie.jp]

  • 稽留流産
  • 子宮頸癌

    子宮頸癌(しきゅうけいがん、英: cervical cancer)は、子宮頸部と呼ばれる子宮の出口より発生する癌。そこに生じる悪性の上皮性病変(癌)のこと。 発生頻度は発展途上国で高い。発症は20代から40代で高く、死亡は25歳未満ではまれであり、特に高齢者に多い。主な原因に、主に性交渉にって感染するヒトパピローマウイルス (HPV)の感染があるが、大部分の人で通常は免疫によってHPVは排除される。子宮頸癌の人々の87.4%に、HPVの感染が確認されている。ほかの部位のがんに比較して生存率は高く、検診により死亡率は最大80%減少する可能性がある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 播種性血管内凝固症候群

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年3月 ) 播種性血管内凝固症候群 (はしゅせい けっかんない ぎょうこ しょうこうぐん、 英 : disseminated intravascular coagulation, DIC )とは、本来出血箇所のみで生じるべき 血液凝固反応 が、全身の 血管 内で無秩序に起こる 症候群 である。早期診断と早期治療が求められる重篤な状態で、治療が遅れれば死に至ることも少なくない。 汎発性血管内凝固症候群 (はんぱつせい-[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状