Create issue ticket

考えれる29県の原因 頸筋緊張亢進

  • 神経根障害

    部から一側上肢への放散痛 [症状] 上肢の巧緻運動障害、特にmyelopathy hand 下肢の筋力低下や緊張亢進に伴う歩行障害(特に階段の上り下りなどが困難になる) 躯幹以下の感覚障害、下肢の件反射亢進と病的反射の出現 [症状] 上肢の神経根症状に加え、下肢の遠位優位性知覚障害、痙性麻痺を生じる。[shiga-med.ac.jp]

  • 淡蒼球錐体症候群

    (1) 緊張亢進と運動減少を主とする症候群 (hypertonic hypokinetic syndrome)例:パーキンソン症候群、マンガン中毒、ウイルソン病の末期、ハラーホルデン・スパッツ病 (2) 筋緊張低下と運動過剰を主とする症候群 (hypotonic hyperkinetic syndorome)例:舞踏病、アテトーゼ、パリスム[asahi-net.or.jp] 錐体外路症候群 extrapyramidal syndrome 筋の緊張状態の異常と不随意運動で、 手指振戦, 硬直, ・顔部のれん縮, 眼球回転発作,焦燥感 等 。 プリンペラン(メトクロプラミド)等の副作用でも生ずる。[asahi-net.or.jp]

  • 腰椎神経根障害

    部から一側上肢への放散痛 [症状] 上肢の巧緻運動障害、特にmyelopathy hand 下肢の筋力低下や緊張亢進に伴う歩行障害(特に階段の上り下りなどが困難になる) 躯幹以下の感覚障害、下肢の件反射亢進と病的反射の出現 [症状] 上肢の神経根症状に加え、下肢の遠位優位性知覚障害、痙性麻痺を生じる。[shiga-med.ac.jp]

  • 頸性脊椎炎

    部から一側上肢への放散痛 [症状] 上肢の巧緻運動障害、特にmyelopathy hand 下肢の筋力低下や緊張亢進に伴う歩行障害(特に階段の上り下りなどが困難になる) 躯幹以下の感覚障害、下肢の件反射亢進と病的反射の出現 [症状] 上肢の神経根症状に加え、下肢の遠位優位性知覚障害、痙性麻痺を生じる。[shiga-med.ac.jp]

  • 脊椎骨軟骨症

    部から一側上肢への放散痛 [症状] 上肢の巧緻運動障害、特にmyelopathy hand 下肢の筋力低下や緊張亢進に伴う歩行障害(特に階段の上り下りなどが困難になる) 躯幹以下の感覚障害、下肢の件反射亢進と病的反射の出現 [症状] 上肢の神経根症状に加え、下肢の遠位優位性知覚障害、痙性麻痺を生じる。[shiga-med.ac.jp]

  • 筋痙縮

    または伸のどちらか一方が障害される。 痙性麻痺 痙性斜 緊張亢進 固縮[ja.wikipedia.org]

  • 非退行性先天性血管腫

    皮質から前角への抑制がなくなって、伸展反射は著しく亢進し、緊張亢進する状態。[jscf.org] 部刺激により、緊張亢進部交感神経の緊張亢進、椎骨動脈の血流不全などが生じ、眼振が発来すると考えられる。頭頸部外傷患者や、椎骨脳底動脈循環不全症などでみとめられやすい。[jscf.org] 機能性イレウス 頸性眼振 cervical nystagmus 頸部捻転や、部振動刺激、電気刺激など、部に対する負荷により引き起こされる眼振〔リズミカルに反復する眼球運動〕。[jscf.org]

  • 仙骨障害

    部から一側上肢への放散痛 [症状] 上肢の巧緻運動障害、特にmyelopathy hand 下肢の筋力低下や緊張亢進に伴う歩行障害(特に階段の上り下りなどが困難になる) 躯幹以下の感覚障害、下肢の件反射亢進と病的反射の出現 [症状] 上肢の神経根症状に加え、下肢の遠位優位性知覚障害、痙性麻痺を生じる。[shiga-med.ac.jp]

  • ハラーホルデン・スパッツ症候群

    (1) 緊張亢進と運動減少を主とする症候群 (hypertonic hypokinetic syndrome)例:パーキンソン症候群、マンガン中毒、ウイルソン病の末期、ハラーホルデン・スパッツ病 (2) 筋緊張低下と運動過剰を主とする症候群 (hypotonic hyperkinetic syndorome)例:舞踏病、アテトーゼ、パリスム[asahi-net.or.jp] 錐体外路症候群 extrapyramidal syndrome 筋の緊張状態の異常と不随意運動で、 手指振戦, 硬直, ・顔部のれん縮, 眼球回転発作,焦燥感 等 。 プリンペラン(メトクロプラミド)等の副作用でも生ずる。[asahi-net.or.jp]

  • 脊髄硬膜炎

    皮質から前角への抑制がなくなって、伸展反射は著しく亢進し、緊張亢進する状態。[jscf.org] 部刺激により、緊張亢進部交感神経の緊張亢進、椎骨動脈の血流不全などが生じ、眼振が発来すると考えられる。頭頸部外傷患者や、椎骨脳底動脈循環不全症などでみとめられやすい。[jscf.org] 機能性イレウス 頸性眼振 cervical nystagmus 頸部捻転や、部振動刺激、電気刺激など、部に対する負荷により引き起こされる眼振〔リズミカルに反復する眼球運動〕。[jscf.org]

さらなる症状