Create issue ticket

考えれる99県の原因 頭頂頭痛

  • 蝶形骨洞の癌腫

    外耳・鼓膜・中耳の硬性鼓膜鏡カラーアトラス 鼓膜所見 —成長に伴う鼓膜所見の変貌— 上出 洋介 綜 説 ウイルス性上気道炎での免疫応答と鼻粘膜上皮の役割 氷見 徹夫,高野 賢一,大國 毅,小笠原徳子,正木 智之,他 臨 床 両側視力低下を来した蝶形骨洞性篩骨洞(Onodi cell)嚢胞例 細川 悠,中山 次久,山川 秀致,春名 眞一 WEERDA型拡張式ビデオ喉頭鏡を用いて咽頭粘膜下異物を摘出し得た1例 高石 慎也,海邊 昭子,増田 文子,吉村 剛,飯野 孝,他 スギ花粉症の初期療法におけるオロパタジン塩酸塩の投与法に関する検討 北村 剛一,大塚 康司,清水 雅明,矢富 正徳,鈴木 衞[…][jibitenbou.gr.jp]

  • 眼内異物

    ・後頭葉障害/片頭痛,閃輝暗点/三叉神経痛/一過性黒内障 13 瞳孔疾患 生理的瞳孔反応/相対的瞳孔求心路障害(Marcus Gunn瞳孔)/橋性縮瞳/Argyll Robertson瞳孔/緊張性瞳孔/Horner症候群/反復発作性片側性散瞳/脳疾患に伴う瞳孔異常/視蓋瞳孔/薬物中毒に伴う瞳孔異常/瞳孔不同 14 眼球運動障害,眼振 眼球運動失行[igaku-shoin.co.jp] コロボーマ/視神経低形成/視神経乳頭ドルーゼン/乳頭前動脈ループ/乳頭部の側副血管形成/牽引乳頭/乳頭逆位/傾斜乳頭症候群/うっ血乳頭/偽乳頭浮腫/視神経炎/抗アクアポリン4抗体陽性視神経炎/乳頭血管炎/視神経周囲炎/視神経網膜炎/遺伝性視神経症/虚血性視神経症/鼻性視神経症/中毒性視神経症/視交叉症候群/視索ないし外側膝状体の障害/側頭葉・頭頂[igaku-shoin.co.jp]

  • 後下小脳動脈閉塞

    抗凝固療法がおこなわれ、頭痛は改善傾向にありましたが、入院7日目食事中に、突然激しい頭痛、嘔気・嘔吐が出現しています。MRIでは左前頭頭頂部の円蓋部に限局したくも膜下出血を認めています。その他に小脳に脳梗塞を認めています。脳血管撮影ではdiffuse segmental irregularitiesを認めています。[zutukomakusa.html.tv]

  • 咳嗽性頭痛

    解説・エビデンス 1.診断 一次性穿刺様頭痛 1)2) A .穿刺様頭痛が単回または連続して起こり,次の B D を満たす B .専らまたは主として,三叉神経の第1枝領域(眼窩,側頭部,および頭頂部)に生ずる C .穿刺様頭痛の持続時間は数秒以内,不規則な頻度(1日あたり1回から多数)で再発する D .随伴症状がない E .その他の疾患によらない[jhsnet.org] と思う人も多いと思いますが労作性頭痛は存在します。 男女比は報告により異なりはっきりしません。 頭痛は両側性、拍動性です。部位は後頭部痛、頭頂部痛が多いようです。 多くは特段の病気がないものですが、一部に隠れた病気が存在する可能性もありますので 診察、検査は一度受けたほうがよいと思います。[hiranumaseikeigeka.jp] その他 A)特発性穿刺様頭痛 アイスピックで刺すような数秒以内の短い痛みが主に眼窩、側頭部、および頭頂部に単回または連続して起こる。 B)良性咳嗽性頭痛 咳、息みに伴って誘発され、1秒 30分間持続する。 C)良性労作性頭痛 労作中または労作後に誘発され5分 48時間持続する拍動性の痛み。[isedans.jp]

  • 頚椎性頭痛

    この出口で絞扼(entrapment)が起こりやすい この部分は外傷に弱く、後頭動脈・リンパ節とも接する これらの異常で後頭神経痛が誘発される Mayfieldの研究によると 12例はリンパ節、7例は動脈、1例は脂肪腫 症状 1.後頭部から頭頂部への放散痛 2.頭痛を伴なう上頸部痛 3.拘扼部の圧痛 4.硬結を触知することがある 5.C2[zutsuu-daigaku.my.coocan.jp] この部分の粘膜内には頭痛神経である三叉神経第2、3枝が支配しており炎症反応が出現すると頭痛神経を刺激し片頭痛とは異なる慢性頭痛を起こします。前頭部痛は軟口蓋背面、頭頂部痛は鼻咽腔天蓋、側頭部痛は下鼻遵天蓋後半部、後頭痛は鼻咽腔後壁といったように頭痛の局在と炎症部位が一致するのも特徴です。[xn--4itx00djtcz85b.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    症状 頭痛、悪心、嘔吐、けいれん、視覚障害など。 検査と診断 MRIで大脳半球の後半部(後頭葉、頭頂葉)の白質を中心に、浮腫性の異常信号を認める。この変化は、通常可逆性であり、可逆性後部白質脳症症候群(RPLS)とも呼ばれている。 脳血管障害との鑑別が重要となる。 治療法 点滴静注で降圧薬を投与し、すみやかに血圧を下げる。[nurseful.jp]

  • てんかん

    頭痛、吐き気、嘔吐などの偏頭痛様の症状が発作前後にみられることもある。 部分発作のところで脳の一部に起きた異常放電が他の部位にまで広がり、単純部分発作から複雑部分発作へと変化することがあるといいましたが、このような発作の変容を発作の進展といいます。[aoitori-center.com] このページの一番上へ戻る 発作の進展 図9 後頭葉発作の進展 後頭葉で発生した異常放電は視覚発作,眼球偏位、強制閉眼、眼瞼のピクツキをもたらすが、前方の側頭葉に異常放電が広がっていくと、幻視、意識消失、自動症が出現し、前上方の前頭葉、頭頂葉に拡がると、非対称性強直姿勢、片側間代けいれん、焦点性要素性感覚発作が生ずる。[aoitori-center.com]

  • 増殖型血管内皮リンパ腫

    症状として病変部位 に基づく麻痺や感覚障害、精神行動上の変化、脳圧亢進症状(頭痛、嘔気、嘔吐)、痙 攣が認められます。髄膜浸潤、眼内浸潤も見られます。80%程度が大脳(前頭葉、基底 核、頭頂葉、側頭葉、後頭葉の順)、約60%が単発で、20-40%が多発病変で発症しま す。CTでは90%以上の症例で等-高吸収域で周囲に浮腫を伴います。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • エルゴタミン撤退

    他の種類の頭痛と接触するドット ポイント頭痛は、片頭痛発症と引張りタイプの発作のいずれかの前駆体である。 続行する 痛みの感覚 頭部、首、頭頂部、首、目、前部部分から、徐々に強い圧力、鋭い脈動または頭の表面の締め付けに発展することができます。 多くの場合、男性に比べて女性に苦しみます(それぞれ23%〜18%)。[wlpr.ru] 統計によると、緊張の頭痛は人口の約90%を苦しんでいる。 患者は以下の特徴を記述する: 局所的な疼痛点は、頭部の後頭部または頭頂部にあり得る; クラウンに位置する痛みを伴うポイント; 目、顔の筋肉が病気になることがあります。 圧力の感覚、頭のバイスを圧迫感があります。 理由は異なります。[wlpr.ru]

  • 星細胞腫

    原発性脳腫瘍のおよそ8%、全グリオーマの約30%を占め 2) 、成人男性の大脳半球(前頭葉 側頭葉 頭頂葉)に多く発生しますが、小児の脳幹などにも発生することがあります。症状は、痙攣(約30%)、頭痛(30%)などで、進行すると片麻痺などの局所症状が出現してきます。[ims.u-tokyo.ac.jp]

さらなる症状