Create issue ticket

考えれる426県の原因 頭部 MRI 異常

  • 髄膜炎

    また、のちに髄膜炎合併症を評価するためCTまたはMRIスキャンを実施することが多い。 頭部MRIでは髄膜の異常増強効果で髄膜炎の診断の手がかりになるとされている。[ja.wikipedia.org] 画像検査、脳波検査 脳MRI頭部CT検査を行います。ヘルペス脳炎では、側頭葉という脳の一部分に、画像検査で異常を呈します。また、脳波検査で、周期性一側てんかん型放電(PLEDs)という特徴的な脳波異常が認められます。[utanohosp.jp] 頭部MRIでは髄膜の異常増強効果で髄膜炎の診断の手がかりになるとされている。異常増強効果は硬膜、硬膜下、くも膜が主体のDA型(dura-arachnoid pattern)とくも膜下、軟膜が主体のPS型(pia-subarachnoid space pattern)が知られ、それぞれびまん性と限局性が知られている。[ja.wikipedia.org]

  • 脳血管性認知症

    脳梗塞や脳出血などの脳血管障害は、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病や心臓の病気など、さまざまな病気が原因となって起こります。 頭部の画像検査(CT、MRI、脳血流SPECTなど)で脳梗塞や脳出血などを検出します。脳血管障害が認知症の原因と判断される場合、血管性認知症と診断します。[neurology-jp.org]

  • 多発性硬化症

    頭部MRI所見が軽微、脊髄MRI所見が高度、高カルジオリピン抗体やMPO-ANCAなど自己抗体の発現頻度が高い。内分泌異常を伴いやすいという特徴がある。[ja.wikipedia.org]

  • 血友病

    血友病(けつゆうびょう、Hemophilia)は、血液凝固因子のうちVIII因子、IX因子の欠損ないし活性低下による遺伝性血液凝固異常症である。 第VIII因子の欠損あるいは活性低下によるのは血友病A、第IX因子の欠損あるいは活性低下によるのは血友病Bである。 男児出生数の5000〜1万人に1人が血友病患者である。血友病Aは血友病Bの約5倍である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 細菌性髄膜炎

    画像検査、脳波検査 脳MRI頭部CT検査を行います。ヘルペス脳炎では、側頭葉という脳の一部分に、画像検査で異常を呈します。また、脳波検査で、周期性一側てんかん型放電(PLEDs)という特徴的な脳波異常が認められます。[utanohosp.jp]

  • 上衣下巨細胞性星細胞腫
  • 多形性膠芽腫

    研究概要 1)神経上皮性腫瘍におけるニューロフィラメント蛋白の発現 神経上皮性腫瘍の手術標本ホルマリン固定切片をクエン酸バッファ内で95 、25分間煮沸し抗原賦活し、ABC法によりニューロフィラメント(NF)の各サブタイプに対する単クローン性抗体を用いて免疫染色を行った。NFの発現はニューロン系腫瘍の分化度の指標となった。GlioblastomaにおいてNF陽性腫瘍細胞が存在し、この腫瘍が単にグリア系の細胞から構成されるだけでなく、より未熟な細胞を含んでいることを示唆した。 2)ENU誘発ラット脳腫瘍におけるネスチンmRNAの発現[…][kaken.nii.ac.jp]

  • MELAS症候群

    印刷用PDF(304KB) 平成25年8月9日 独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター(NCNP) 総務課広報係 TEL:042-341-2711 ミトコンドリア病MELAS(メラス)に対するEPI-743の臨床研究を開始 独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター(NCNP 東京都小平市 総長:樋口輝彦)病院(病院長:糸山泰人)、神経研究所(所長:髙坂新一)疾病研究第二部部長[…][ncnp.go.jp]

  • 2-メチルアシル CoA ラセマーゼ欠損症

    2.画像診断(頭部MRI頭部CT) AOX欠損症ではほとんどの症例で大脳、小脳に白質異常を認める。またDBP欠損症患者の脳MRIやCTでは脳室拡大や皮質異形成、髄鞘化遅延、脱髄、脳萎縮、germinolytic cystなどを認める。[nanbyou.or.jp] 2.画像診断(頭部MRI、頭部CT) ツェルベーガー症候群の頭部CTでは側脳室拡大(胎児エコーで見つかることもある)、MRI画像では髄鞘化障害と脳回形成異常が特徴的で側脳室拡大や脳梁低形成も認める。一方、新生児型副腎白質ジストロフィーの脳画像所見では、形成異常は乏しく、進行性の脳萎縮と白質変性がみられる。[nanbyou.or.jp]

  • 先端巨大症

    先端巨大症(せんたんきょだいしょう、acromegaly)は、脳の下垂体前葉の成長ホルモン分泌腺細胞がその機能を保ったまま腫瘍化し( 機能性腺腫)、成長ホルモンが過剰に産生され、手足や内臓、顔の一部分が肥大する病気。別名、末端肥大症もしくはアクロメガリー。また、「巨人症」と一般に称される状態はこの病気であることが多い。 成長ホルモンの過剰分泌により以下の症状が現れる。 唇が厚くなる。 額が突き出る。 下あごがせり出る。 四肢の異常な発達。 四肢以外の筋肉の収縮。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状