Create issue ticket

考えれる564県の原因 頭蓋内圧亢進

  • 頭部外傷

    血腫を伴わない若しくは、血腫が少量の場合は手術の効果が低いため、頭蓋内圧亢進に対する脳圧降下薬の点滴注射が行われます。[kantounouge.com] また、びまん性脳腫瘍、脳挫傷といった頭蓋内圧亢進を示す患者様には脳圧センサー留置術を行ったうえで全身管理を行い、脳保護その他適宜必要な治療を行っております。[www3.kmu.ac.jp] 若年者にも発症することがありますが、頭痛や嘔吐を中心とした頭蓋内圧亢進症状が中心として現れることが多いです。 診断 頭部CTで診断はほぼ確実につきます。症状の原因として他の疾患が隠れている可能性(脳梗塞など)が考えられる場合や、血腫の境界がCTのみでは分りづらい場合などには、頭部MRIも確認することがあります。[kantoh.johas.go.jp]

  • 副鼻腔炎

    副鼻腔炎(ふくびくうえん、Sinusitis)は、副鼻腔に炎症がおきる病気。慢性の副鼻腔炎の俗称は蓄膿症(ちくのうしょう)。症状が4週未満の場合は急性副鼻腔炎(ARS)、12週以上続く場合は慢性副鼻腔炎(CRS)と定義される。 原因には感染症、アレルギー、大気汚染、鼻の構造的問題などがある。大部分はウイルス感染症である。症状が10日以上続いたり、悪化していく場合は細菌感染症が疑われる。再発エピソードは喘息、嚢胞性線維症、免疫機能低下の者に多い。X線は合併症が疑われる場合を除いて必要ない。慢性ケースでは、直接造影やCTにより確定検査が推奨される。[…][ja.wikipedia.org]

  • トキソプラズマ感染症

    トップ No.4954 質疑応答 プロからプロへ 妊娠中のトキソプラズマ感染症の対応と管理法は? 妊娠中のトキソプラズマ感染症について世間でも話題になっています。妊娠中の診断や管理法についてお教え下さい。 横浜市立大学附属市民総合医療センター・青木 茂先生にご回答をお願いします。 【質問者】 中田雅彦 東邦大学大学院医学研究科産科婦人科学講座教授 【回答】 【偽陽性を除外した上で,スピラマイシンによる治療を分娩まで行う】[…][jmedj.co.jp]

  • 外傷性脳損傷

    2018.07.17 友の会役員体制のご紹介 軽度外傷性脳損傷友の会役員体制を追加しました。 ご紹介致します。 2017.01.30 軽度外傷性脳損傷の実際 -学際的アプローチと多重的脳画像診断学- 軽度外傷性脳損傷の実際―学際的アプローチと多重的脳画像診断学 ひらの亀戸ひまわり診療所整形外科/石橋徹 川崎市立川崎病院耳鼻咽喉科/相馬啓子 安田泌尿器クリニック神経泌尿器科/安田耕作 木沢記念病院脳神経外科/篠田淳 (労働者住民医療2015.10) Mild Traumatic Brain Injury:Multidisciplinary Approach and Multiple Neuroimaging[…][mild-tbi.net]

  • 硬膜下血腫

    これらの症状は年代によってかなり差がみられ、若年者では主に頭痛、嘔吐を中心とした頭蓋内圧亢進症状、加えて片麻痺、失語症を中心とした局所神経症状がみられます。 一方、高齢者では潜在する脳萎縮により頭蓋内圧亢進症状は少なく、認知症などの精神症状、失禁、片麻痺(歩行障害)などが主な症状です。[kamikatsu.jp] 脳腫瘍(しゅよう)や頭蓋内血腫など頭蓋内占拠性病変のために頭蓋内容が髄液などによる代償域をこえて増加すると、頭蓋内圧亢進し、脳に解剖学的変化がおこる。 この時の症状を「頭蓋内圧亢進症」という。[rnac.ne.jp] 頭蓋内圧亢進例(大泉門膨隆、嘔吐など)にのみ穿刺を行うべき。 硬膜下穿刺によっても液貯留が改善されない場合には硬膜下腹腔シャントを試行する。シャントまでが必要となるのは10%以下と言われている。 予後 死亡率は5 10%。生存例でも知能障害や神経脱落症状を示すものが少なくない。 50 75%は正常に発育する。[ja.wikipedia.org]

  • 脳内血腫

    開頭減圧術 頭蓋内圧亢進している場合には脳ヘルニアを発症する危険があるため、速やかに頭蓋内圧を下げる必要があります。そのために、頭蓋骨の一部を状態が落ち着くまで取り除く手術が開頭減圧術です。 また、同時に脳圧降下剤の投与も行われます。 他病変に対する治療 外傷性脳内血腫は他の頭蓋内病変を合併することが多くあります。[medicalnote.jp] 脳出血患者の治療の目的は、再出血を予防すること、血腫で圧迫された脳組織を保護すること、頭蓋内圧亢進による脳ヘルニアを起こさないことです。脳出血の治療には薬物を用いた内科的治療と、手術を行う外科的治療があります。治療方針は、手術適応(表3)や全身状態や本人の意向など全人的に評価されて決定されます。[medica.co.jp] すなわち,脳出血や脳梗塞などの大きな病変が急激に出現すると,その病変部を中心に浮腫が起こり,脳が腫れます.そのため,限られた容積の頭蓋内腔ではその内圧が上昇し (頭蓋内圧亢進),それに伴って以下に述べるようなさまざまな脳の変化が起こります.[jsnp.jp]

  • 硬膜外血腫

    血腫が少量の場合は、頭蓋内圧亢進に対する脳圧降下薬(グリセオールやマンニトール)の点滴注射が行われます。頭蓋内圧亢進に対する特殊な治療法としてバルビツレート療法や低体温療法がありますが、副作用も大きいため適応は慎重に判断されます。[mizutani-neuro.com] また頭痛や嘔吐といった 頭蓋内圧亢進症状の有無 も大切です。痛みでも血圧は上昇しますので、 疼痛コントロール も行っていきましょう。 おわりに 看護師2年目で、画像を読めたり判断できたりすることは素晴らしいとしか言えません。さぞかしたくさん勉強をされてきてるのだと思います。[kango-oshigoto.jp] しかし,手遅れになると急速に頭蓋内圧亢進症状が現れ,脳かんとんヘルニアを起して死亡する。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報 デジタル大辞泉 の解説 こうまくがい‐けっしゅ〔カウマクグワイ‐〕【硬膜外血腫】 頭蓋骨 と 硬膜 の間で出血が起こり、血液が貯留した状態。[kotobank.jp]

  • 脳溢血

    このため内科的治療としては、頭蓋内圧亢進(ずがいないあつこうしん)に対する抗浮腫薬の投与、 高血圧 の管理、水電解質のバランス、合併症の予防と治療が基本になります。 外科的治療が必要かどうかの検討も同時に行います。 血腫の増大は、発症してから数時間以内に約20%の患者さんにみられ、多くの場合は発症6時間以内に止まります。[health.goo.ne.jp] また必要に応じ浸透圧性利尿薬やステロイド薬などで頭蓋内圧亢進症状を軽減する。 手術療法は全例に適応ではない。視床出血および脳幹出血では血腫量によらず手術適応がない。その他の部位でも血腫量が少量(10ml以下)であったり神経学的症状が軽い場合には、手術適応はない。脳ヘルニアが見られる例に対し緊急開頭術を行う。[ja.wikipedia.org] 高血圧性脳内出血について 脳の実質内の出血の約60%を占めるといわれており出血により頭蓋内圧亢進をきたし、さらに脳室内、くも膜下腔にも出血する重篤な疾患です。死亡率は全体で26%に達するといわれています。また生存者の70%は何らかの後遺障害を残します。原因としては高血圧に動脈硬化が加わったときに出血の危険性が非常に高くなるとされています。[med.kindai.ac.jp]

  • 脳腫瘍

    そのため頭痛の原因としては、頭蓋内圧亢進による場合と局所の痛みを感じる部分の刺激による場合が考えられます。早朝起床時に多い頭痛は、頭蓋内圧亢進症状に特徴的です。起床時に最も強くて午前中に徐々に軽快する頭痛があれば、脳腫瘍が疑われます。[osaka-med.ac.jp] 頭蓋内圧亢進症状:多くに共通して起こる症状 脳は周囲が頭蓋骨に囲まれた閉鎖空間であるため、その中に腫瘍ができると逃げ場がなく、その結果、頭蓋骨の中の圧力(頭蓋内圧)が高くなります。これによってあらわれる頭痛や吐き気などの症状を、頭蓋内圧亢進症状といいます(表2)。[ganjoho.jp] 頭蓋内圧亢進に伴う自覚症状としては、頭痛、嘔吐、視力障害などがあります。頭痛は早朝に起こることが多く、吐き気を伴った嘔吐などが多く見られるのが特徴です。視力障害は、初期にはあまり自覚されませんが、一過性・反復性の視力障害として見られることが多いようです。頭蓋内圧亢進が続くと、視神経萎縮を起こし、失明することもあります。[saiseikai.or.jp]

  • 大発作てんかん

    そのため頭痛の原因としては、頭蓋内圧亢進による場合と局所の痛みを感じる部分の刺激による場合が考えられます。早朝起床時に多い頭痛は、頭蓋内圧亢進症状に特徴的です。起床時に最も強くて午前中に徐々に軽快する頭痛があれば、脳腫瘍が疑われます。[osaka-med.ac.jp] 脳腫瘍が視神経やその周辺に出来てこれを圧迫する場合、そして頭蓋内圧亢進した場合にも視力障害が起こります。頭蓋内圧亢進による場合は、雲や霧がかかったような見え方になります。急激な視力低下や眼鏡でも矯正されない場合は、脳腫瘍による視神経圧迫を疑い、すぐに検査する必要があります。[osaka-med.ac.jp] 頭蓋内圧亢進(とうがいないあつこうしん)症状と呼ばれ、頭痛・嘔吐・傾眠などが起こります。もう一つは、脳腫瘍によって直接圧迫された脳の機能が障害されることによる症状です。巣症状(そうしょうじょう)または局所症状(きょくしょしょうじょう)と呼ばれています。[osaka-med.ac.jp]

さらなる症状