Create issue ticket

考えれる26県の原因 頭皮のかさぶた

  • アトピー

    乳児では、じくじくしてかさぶたを伴う赤い発疹が、顔面、頭皮、おむつで覆われる部分、手、腕、足、脚にできる傾向があります。 より年長の小児や成人の場合、発疹が1カ所だけ、または数カ所にできる傾向があり、手、上腕部、肘の内側、膝の裏によく現れます。 診断は、発疹の外観と患者の家族歴に基づいて下されます。[msdmanuals.com]

  • 皮膚炎

    乳児では、じくじくしてかさぶたを伴う赤い発疹が、顔面、頭皮、おむつで覆われる部分、手、腕、足、脚にできる傾向があります。 より年長の小児や成人の場合、発疹が1カ所だけ、または数カ所にできる傾向があり、手、上腕部、肘の内側、膝の裏によく現れます。 診断は、発疹の外観と患者の家族歴に基づいて下されます。[msdmanuals.com] 症状 頭皮や髪のはえぎわ、まゆげなどにフケがでて赤くなります。かゆくなることもあります。 ひどくなると固まってかさぶたになることもあります。 原因 好脂性真菌のマラセチアの増殖が原因ではないかと考えられています。 治療 ステロイド外用剤による治療が一般的ですが、抗真菌剤が投与されることもあります。[hifunokoto.jp]

  • 皮膚感染症

    ②頭部白癬(写真3) フケやかさぶたができる程度の軽い症状から、頭皮から膿みが出て脱毛を生じる症状(ケルスス禿蒼)まであります。特に低年齢層の患者が重症になり易く、注意が必要です。症状が無くても菌が毛穴の中に入ってしまうと、友人や家族間での感染源になります。飲み薬での治療となります。 Q.治療はどのようにすれば良いですか?[judo.or.jp]

  • 日光角化症

    高齢者の頭皮から生じるものが多く見られます。内出血のような赤い斑や盛り上がった赤い発疹で始まり、出血とかさぶたを繰り返すような症状が見られることもあります。悪性度の高いがんで、病期の診断が難しく、標準治療も定まっていません。治療法としては、手術、化学療法、放射線療法を組み合わせていく場合が多いです。[ganclass.jp]

  • アトピー性皮膚炎

    乳児では、じくじくしてかさぶたを伴う赤い発疹が、顔面、頭皮、おむつで覆われる部分、手、腕、足、脚にできる傾向があります。 より年長の小児や成人の場合、発疹が1カ所だけ、または数カ所にできる傾向があり、手、上腕部、肘の内側、膝の裏によく現れます。 診断は、発疹の外観と患者の家族歴に基づいて下されます。[msdmanuals.com]

  • 接触性皮膚炎

    頭皮では、脂っぽいフケや皮膚の赤み、顔で鼻の周囲などに脂っぽい薄いかさぶたのようなものを伴った赤みが見られるのが特徴です。こうした症状は、胸や背中の中央部、わきの下、陰部など、頭や顔以外にも生じることがあります。かゆみの程度は、ほとんどない人からひどい人までさまざまで、個人差があります。[yoshida-hihuka-clinic.com] 症状 頭皮や髪のはえぎわ、まゆげなどにフケがでて赤くなります。かゆくなることもあります。 ひどくなると固まってかさぶたになることもあります。 原因 好脂性真菌のマラセチアの増殖が原因ではないかと考えられています。 治療 ステロイド外用剤による治療が一般的ですが、抗真菌剤が投与されることもあります。[hifunokoto.jp]

  • 皮膚カンジダ症

    症状 頭皮や髪のはえぎわ、まゆげなどにフケがでて赤くなります。かゆくなることもあります。 ひどくなると固まってかさぶたになることもあります。 原因 好脂性真菌のマラセチアの増殖が原因ではないかと考えられています。 治療 ステロイド外用剤による治療が一般的ですが、抗真菌剤が投与されることもあります。[hifunokoto.jp]

  • ウイルス性発疹

    小児科 発疹を伴う小児の疾患 手足口病 溶連菌感染症 マイコプラズマ感染症 麻疹・風疹 水痘 病原ウイルス 帯状疱疹ウイルス(VZV) 症状 約2週間の潜伏期を経て、体、四肢、顔、頭皮などに赤い水疱ができて、全身に拡がります。しばしば発熱や痒みを伴います。発疹のピークは2-3日で、その後、乾いて黒いかさぶたになり、7日前後で治癒します。[tokeidai-mc.jp]

  • 乳房ページェット病

    高齢者の頭皮から生じるものが多く見られます。内出血のような赤い斑や盛り上がった赤い発疹で始まり、出血とかさぶたを繰り返すような症状が見られることもあります。悪性度の高いがんで、病期の診断が難しく、標準治療も定まっていません。治療法としては、手術、化学療法、放射線療法を組み合わせていく場合が多いです。[ganclass.jp]

  • 皮膚癌

    高齢者の頭皮から生じるものが多く見られます。内出血のような赤い斑や盛り上がった赤い発疹で始まり、出血とかさぶたを繰り返すような症状が見られることもあります。悪性度の高いがんで、病期の診断が難しく、標準治療も定まっていません。治療法としては、手術、化学療法、放射線療法を組み合わせていく場合が多いです。[ganclass.jp]

さらなる症状