Create issue ticket

考えれる617県の原因 頭痛

  • 風邪

    急性期(原則は発汗療法)悪寒・発熱・頭痛があり、汗が出ていない/急性喉頭炎・急性扁桃炎の初期:葛根湯(麻黄を含む薬剤中心)(ある程度体力のある人向けであり、画一処方は慎む) 鼻炎で鼻水・くしゃみ・鼻閉:小青竜湯 インフルエンザで高熱があり、頭痛・倦怠・筋肉痛などが顕著: 西洋医療を優先 軽度の鼻炎・喉頭炎の症状があり、悪寒で顔面蒼白、元から[ja.wikipedia.org] 症状としては鼻水、鼻づまり、喉の痛み、咳などのほか、頭痛、発熱、目の充血がみられることもある。症状は人によって異なり、風邪によっても異なる。風邪を引き起こすのは、通常は呼吸器に存在するウイルスで抗生物質が効かないため、ほかに有望な 治療 法がないかどうかは、公衆衛生の観点から大いに関心を持たれている。[cochrane.org] 頭痛・のどの痛み、鼻詰まり、くしゃみが起こります。水のような鼻水が出始めますが、次第にそれは濃いねばっこい黄色あるいは緑色のものへと変化し、量も少なくなります。通常、発熱はありません。軽い咳が少し遅れて出始め2週間近く続くこともあります。通常、1-2週間以内に軽快します。[city.yokohama.lg.jp]

  • アデノウイルス感染症

    吐き気、頭痛の強いとき、せきが激しいときは早めに医療機関に相談してください。[mhlw.go.jp] 臨床症状 発熱で発症し、頭痛、食欲不振、全身倦怠感とともに、咽頭炎による咽頭痛、結膜炎にともなう結膜充血、眼痛、羞明、流涙、眼脂を訴え、3 5日間程度持続する。眼症状は一般的に片方から始まり、その後他方にも出現する。また、結膜の炎症は下眼瞼結膜に強く、上眼瞼結膜には弱いとされる。眼に永続的な障害を残すことは通常はない。[niid.go.jp]

  • 上気道感染症
  • 顎関節炎

    そのため、いわゆる「顎関節症」として一般的に認識されている症状は、顎関節や耳の前方に疼痛や不快感、開口障害、顎運動時の雑音や疼痛、頭痛などとされている。 顎関節症には様々な疾患が含まれていることから、原因は、それぞれの疾患により異なる。そのため、「顎関節症の原因」ということ自体に疑問がある。[ja.wikipedia.org]

  • ビタミンB12欠乏

    抄録[…][doi.org]

  • 虫刺症

    虫刺症(ちゅうししょう)とは、昆虫類を含む虫に刺された時にできる傷であり、外傷の一つである。この他に刺咬症(しこうしょう)、蜂の場合は蜂刺症(はちししょう)ともよばれる。症状が日常的には「虫刺され」といわれることが多い。便宜上、刺された場合のみではなく咬まれた場合も下記に記す。 蚊・ブヨ・ダニ・アブなどに刺されたり、毛虫や毒蛾にかぶれた場合、ステロイド外用剤(軟膏、クリーム)を塗ると効果的である。また冷たいタオルなどで患部を冷やすと、かゆみや痛みが和らぐ(局所冷罨法)。ひどい場合は、ステロイドの内服や注射を行うこともある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 扁桃炎

    扁桃炎の症状 発熱、特に38 以上の高熱 ノドの痛み(咽頭痛)、ものを飲み込む時の痛み 寒気や震え(悪寒戦慄) 体がだるい(全身倦怠感) 頭痛 関節痛 など。扁桃炎は高熱になりますので、それに伴う症状が多いのが特徴です。 扁桃炎の原因 扁桃炎を起こす病原体は、ウイルス、細菌があります。[allabout.co.jp] 主な症状としては38度以上の発熱、咽頭の痛み、悪寒戦慄、 倦怠感、頭痛、関節痛に加え、顎の下や頚部のリンパ節の腫れなどで、痛みが耳や側頭部に広がることもある。高熱を出すため、高熱に特徴的な症状が多い。[ja.wikipedia.org]

  • 高血圧症

    高血圧緊急症 慢性的な影響とは別に、急激な高血圧により脳圧が亢進し頭痛・視力障害などの急性症状を引き起こした状態は高血圧緊急症、または高血圧脳症と呼ばれる。治療として降圧薬および脳圧降下薬が投与される。 血圧降下により症状が消失することにより診断される。食後低血圧 腸が食物消化をするためには多くの血流が必要になる。[ja.wikipedia.org]

  • 副鼻腔炎

    頭重感、頭痛、鼻汁、鼻づまり、副鼻腔付近の鈍痛 咳、喘息、咳喘息、熱。[ja.wikipedia.org] また、眉と眉の間にある印堂穴というツボは頭痛、不眠、高血圧、鼻づまり、鼻水、鼻炎、めまいなどに効くとされている。 耳鼻科 耳鼻咽喉科 口腔外科 呼吸器科 Chow, Anthony W.; Benninger, Michael S.; Brook, Itzhak; Brozek, Jan L.; Goldstein, Ellie J.[ja.wikipedia.org]

  • 食中毒

    A3 症状については、下痢、腹痛、発熱、悪心、嘔気、嘔吐、頭痛、悪寒、倦怠感などであり、他の感染型細菌性食中毒と酷似します。多くの患者は1週間ほどで治癒します。死亡例や重篤例はまれですが、乳幼児・高齢者、その他抵抗力の弱い方では重症化する危険性もあり、注意が必要です。また、潜伏時間が一般に1 7日間とやや長いことが特徴です。[mhlw.go.jp] ヒスタミンが原因物質となっているため、胃腸炎の他に頭痛、発疹などの症状を呈し、発症までの時間は20分程度と短い場合もある。ヒスタミン生産菌のProteus morganiiなどにより汚染された魚(鮮度の落ちた魚)には多量のヒスチジンが存在し、このヒスチジンが脱炭酸化によりヒスタミンに変化する。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状