Create issue ticket

考えれる120県の原因 頭囲拡大

  • アレキサンダー病

    当初は乳児期に発症するけいれん、拡大、精神運動発達の遅れを中核症状とし、10歳に満たずなくなってしまう非常に 生命予後 の悪い疾患と考えられていました。診断はもっぱら脳の病理組織で行われ、生前の確定診断は難しい状態でした。[nanbyou.or.jp] 当初は乳児期に発症するけいれん、拡大、精神運動発達の遅れを中心に、10歳に満たずに亡くなってしまう非常に予後不良の疾患と考えられていた。 診断は脳の病理組織で行われ、死亡した後でないと確定診断のつかない難しい疾患だったのである。[ameblo.jp] 乳児型は拡大が見られることが多い。若年型、成人型は特徴的症状に乏しいが、頭部MRI所見で疑わしければ遺伝子解析を勧めるのが一般的。根本的治療は知られていない。[ja.wikipedia.org]

  • 脈絡叢乳頭腫

    症状は拡大,頭痛, 吐き気 , 嘔吐 などで,出現後数週間から数ヵ月間で悪化することが多い。診断は CTスキャン によって安全かつ容易に行われる。 早期 に手術で摘出すれば経過はよい。この腫瘍によって髄液が過多となり, 水頭症 を起すこともある。[kotobank.jp] 頭蓋内圧亢進症状 小児脳腫瘍は成人と比べて小脳や脳幹のある後頭蓋窩と呼ばれる狭い空間にできることが多く、脳の水(脳脊髄液)の通路が閉塞しやすくなり、に水がたまり水症をおこします。 その結果、頭蓋内圧が高くなり、乳幼児であれば拡大します。また、大脳の腫瘍でも大きければ頭蓋内圧が高まります。[camedata.jp] この腫瘍の特徴は脳脊髄液の過剰産生を伴うことで、症状の大半は拡大、嘔吐など水症によるものとなっています。 脳内で脈絡叢と呼ばれる血管に富んだ組織から発生するため、脈絡叢の発達した側脳室や第4脳室に好発することが多くなっています。 脈絡叢乳頭腫の予後 脈絡叢乳頭腫は比較的予後の良好な腫瘍で、治療後の回復をある程度望むことができます。[camedata.jp]

  • 交通性水頭症

    一方,国際iNPH ガイドラインではNPH 症状の発現年齢を40歳以上としており,先天性水症の症状遅発例も含む可能性がある 3) 。事実,iNPH で拡大を認めるとする報告もある 4) が,多数のiNPH例を検討した報告では平均年齢は75歳前後で,40歳台の症例はそれほど多くはないと推測される 5)6) 。[minds.jcqhc.or.jp] 乳幼児の場合は、頭蓋骨の縫合が未完成のために、頭蓋内圧に押し広げ られて拡大します。 その他、落陽現象(目が下方を向く)などがみられます。 頭蓋骨縫合が完成する幼児期以降の水症では、拡大は見られず、 頭蓋内圧が亢進しますので、頭痛・嘔吐を訴えます。[hsr2.com] 症は,新生児における拡大の原因として最も頻度の高い病態である。泉門閉鎖後に発生する水症は,拡大や泉門膨隆を引き起こさないが,頭蓋内圧を大幅かつ急激に上昇させる可能性がある。[msdmanuals.com]

  • 閉塞性水頭症

    一方,国際iNPH ガイドラインではNPH 症状の発現年齢を40歳以上としており,先天性水症の症状遅発例も含む可能性がある 3) 。事実,iNPH で拡大を認めるとする報告もある 4) が,多数のiNPH例を検討した報告では平均年齢は75歳前後で,40歳台の症例はそれほど多くはないと推測される 5)6) 。[minds.jcqhc.or.jp] 症は,新生児における拡大の原因として最も頻度の高い病態である。泉門閉鎖後に発生する水症は,拡大や泉門膨隆を引き起こさないが,頭蓋内圧を大幅かつ急激に上昇させる可能性がある。[msdmanuals.com] 【図4】各成長期と正常頭蓋内圧 乳幼児の場合、 頭蓋骨の縫合 が未完成であり、頭蓋内圧の 亢進(こうしん) が継続すると拡大します。乳幼児以降は頭蓋骨縫合が完成するため拡大しません。しかし頭蓋内圧は亢進し、症状として頭痛・嘔吐が出現します。[bbraun.jp]

  • Haddad症候群

    出生後に認められる先天性脳腫瘍の主要な症候は,水症に伴う拡大・泉門の膨隆であり半数以上の症例で認められ,とりわけ出生直後に診断される先天性脳腫瘍では,拡大が最も多く認められる症候です。[plaza.umin.ac.jp] 脈絡叢乳頭腫 初期症候は水症・拡大を呈することがほとんどです。腫瘍の発生部位は,側脳室脈絡叢が最も多く,ついで第4脳室あるいは第3脳室でう。まれですが両側性に発生することがあります。腫瘍からの脳室内出血を合併することは珍しくありません。[plaza.umin.ac.jp] 胎児34週の右側脳室に生じた脳室内出血と拡大を母体内のMRIで診断したものです。血腫の中心部に良性の脈絡叢乳頭腫が認められます(矢印)。子宮内での高度の頭蓋内圧亢進が予想されたため,35週目に帝王切開を行いました。[plaza.umin.ac.jp]

  • 非定型脈絡叢乳頭腫

    症状は拡大,頭痛, 吐き気 , 嘔吐 などで,出現後数週間から数ヵ月間で悪化することが多い。診断は CTスキャン によって安全かつ容易に行われる。 早期 に手術で摘出すれば経過はよい。この腫瘍によって髄液が過多となり, 水頭症 を起すこともある。[kotobank.jp] 乳児にみられる髄液産生をする脈絡叢乳頭腫は激しい水症と拡大を呈するので,できる限り早く全摘出するべきであろう。 両側性の症例にあっては手術侵襲による神経脱落症状を考慮しながら慎重にtranscortical approachの部位を決定しなければならない。[plaza.umin.ac.jp] 2.症状と徴候 脳脊髄液を産生する組織から発症するという、病気の起源から予想されるように、この腫瘍では髄液が過剰に生産され、このため、髄液の流れが滞り、水症を起こします。乳児では大泉門の膨隆(ふくらみ)、拡大を認めます。他の腫瘍の水症のときと同じように、頭痛、嘔気、嘔吐など頭蓋内圧亢進症状を示して発症します。[neurosurgery.jp]

  • ハイドログラフィス

    4) (図4) 乳幼児の場合、頭蓋骨の縫合が未完成であり、頭蓋内圧の亢進が継続すると拡大します。乳幼児以降は頭蓋骨縫合が完成するため拡大しません。しかし頭蓋内圧は亢進し、症状として頭痛・嘔吐が出現します。[square.umin.ac.jp] 年長児では頭蓋内圧亢進症状を示し、乳児では易刺激性、食欲低下、拡大、睡眠障害などを認めます。 スリット状脳室(slit like ventricle)とslit ventricle syndrome 乳幼児ではシャント手術を行った後に、髄液が過剰に排出される為に約半数はスリット状脳室になっています。[square.umin.ac.jp]

  • 頭部外傷

    であり、そのほかに拡大、大泉門の膨隆、運動発達が遅れるなどです。これらの症状が出現したら速やかに頭部断層撮影(CTスキャン)などの検査が必要です。必ず脳神経外科外来を受診してください。 急性硬膜下血腫は頭部打撲の後、数時間以内からせいぜい2 3日以内に生じますが、その症状も (1)(2)(3) が急激に生じるものです。[shinseikinouge.com]

  • 頭蓋脊椎披裂

    頭蓋内出血(脳室内出血、脳内出血、くも膜下出血、硬膜下血腫)、虚血性脳症,頭皮の血腫(帽状腱膜下血腫,血腫)が生じます。脳血管の未熟性など、原因はさまざまです。哺乳不良、無呼吸発作、拡大、貧血、痙攣などが認められます。 髄液リザーバ設置術 や 脳室ドレナージ術 、 開血腫除去術 が必要となる場合があります。[pref.hokkaido.lg.jp] 2歳くらいまでの乳幼児期には頭蓋縫合が開存していることよりが大きくなる(拡大)のを特徴とし、一般的な頭蓋内圧亢進症状である頭痛(不機嫌や啼泣)や嘔吐はあまりみられません。が大きくなることによって圧の亢進が緩和されるのです。[www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp] 後天性水症では、脳腫瘍などの占拠性病変に伴う閉塞性の頻度が高い。 症状 新生児・乳児では、脳室拡大による拡大、頭皮静脈の怒張、大泉門の緊張、落陽現象*がある。 1歳以上では、頭痛、悪心、うっ血乳頭、嘔吐がある。 *落陽現象:眼球が下方に偏倚する現象をいう。 検査と診断 画像診断 CTで脳室拡大が確認される。[nurseful.jp]

  • 前頭骨骨髄炎

    2歳くらいまでの乳幼児期には頭蓋縫合が開存していることよりが大きくなる(拡大)のを特徴とし、一般的な頭蓋内圧亢進症状である頭痛(不機嫌や啼泣)や嘔吐はあまりみられません。が大きくなることによって圧の亢進が緩和されるのです。[www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp] 一方、もう少し年長になると拡大の頻度は低くなり、いわゆる頭蓋内圧亢進症状である頭痛や嘔吐がみられるようになります。 治療は過剰に貯留した髄液を図が以外の体腔へ誘導する方法が一般的です。多くは脳室内の髄液を腹腔に誘導する方法(脳室-腹腔シャント)がとられます。[www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp]

さらなる症状