Create issue ticket

考えれる7県の原因 非進行性またはゆっくりと進行

つまり: 非進行性またはゆっくりと,

  • 再生不良性貧血

    特発再生不良性貧血には,汎血球減少が急速に進行する急性型と,ゆっくり進行する慢性型がある.急性型は発熱や出血症状が目立ち重症度も高いが,慢性型では,貧血が高度の割に症状が乏しく,好中球数は保たれていることが多い.[kotobank.jp] 再生不良性貧血は重症度によって予後や治療方針が大きく異なるため,血球減少の程度によって軽症,中等症,やや重症,重症,最重症の5ステージに分けられる.国際的には,好中球数 500/ μL, 網赤血球 数 20000/ μL,血小板 20000/ μL未満の少なくとも2項目を満たす(ステージ 4に相当)例が重症,それ以外が重症と定義されている[kotobank.jp]

  • 難治性貧血

    特発再生不良性貧血には,汎血球減少が急速に進行する急性型と,ゆっくり進行する慢性型がある.急性型は発熱や出血症状が目立ち重症度も高いが,慢性型では,貧血が高度の割に症状が乏しく,好中球数は保たれていることが多い.[kotobank.jp] 再生不良性貧血は重症度によって予後や治療方針が大きく異なるため,血球減少の程度によって軽症,中等症,やや重症,重症,最重症の5ステージに分けられる.国際的には,好中球数 500/ μL, 網赤血球 数 20000/ μL,血小板 20000/ μL未満の少なくとも2項目を満たす(ステージ 4に相当)例が重症,それ以外が重症と定義されている[kotobank.jp]

  • 無巨核球性血小板減少症

    特発再生不良性貧血には,汎血球減少が急速に進行する急性型と,ゆっくり進行する慢性型がある.急性型は発熱や出血症状が目立ち重症度も高いが,慢性型では,貧血が高度の割に症状が乏しく,好中球数は保たれていることが多い.[kotobank.jp] 再生不良性貧血は重症度によって予後や治療方針が大きく異なるため,血球減少の程度によって軽症,中等症,やや重症,重症,最重症の5ステージに分けられる.国際的には,好中球数 500/ μL, 網赤血球 数 20000/ μL,血小板 20000/ μL未満の少なくとも2項目を満たす(ステージ 4に相当)例が重症,それ以外が重症と定義されている[kotobank.jp]

  • 先天性再生不良性貧血

    特発再生不良性貧血には,汎血球減少が急速に進行する急性型と,ゆっくり進行する慢性型がある.急性型は発熱や出血症状が目立ち重症度も高いが,慢性型では,貧血が高度の割に症状が乏しく,好中球数は保たれていることが多い.[kotobank.jp] 再生不良性貧血は重症度によって予後や治療方針が大きく異なるため,血球減少の程度によって軽症,中等症,やや重症,重症,最重症の5ステージに分けられる.国際的には,好中球数 500/ μL, 網赤血球 数 20000/ μL,血小板 20000/ μL未満の少なくとも2項目を満たす(ステージ 4に相当)例が重症,それ以外が重症と定義されている[kotobank.jp]

  • 赤血球無形成

    特発再生不良性貧血には,汎血球減少が急速に進行する急性型と,ゆっくり進行する慢性型がある.急性型は発熱や出血症状が目立ち重症度も高いが,慢性型では,貧血が高度の割に症状が乏しく,好中球数は保たれていることが多い.[kotobank.jp] 再生不良性貧血は重症度によって予後や治療方針が大きく異なるため,血球減少の程度によって軽症,中等症,やや重症,重症,最重症の5ステージに分けられる.国際的には,好中球数 500/ μL, 網赤血球 数 20000/ μL,血小板 20000/ μL未満の少なくとも2項目を満たす(ステージ 4に相当)例が重症,それ以外が重症と定義されている[kotobank.jp]

  • 重度の再生不良性貧血

    特発再生不良性貧血には,汎血球減少が急速に進行する急性型と,ゆっくり進行する慢性型がある.急性型は発熱や出血症状が目立ち重症度も高いが,慢性型では,貧血が高度の割に症状が乏しく,好中球数は保たれていることが多い.[kotobank.jp] 再生不良性貧血は重症度によって予後や治療方針が大きく異なるため,血球減少の程度によって軽症,中等症,やや重症,重症,最重症の5ステージに分けられる.国際的には,好中球数 500/ μL, 網赤血球 数 20000/ μL,血小板 20000/ μL未満の少なくとも2項目を満たす(ステージ 4に相当)例が重症,それ以外が重症と定義されている[kotobank.jp]

  • 中心核病

    セントラルコア病 (せんとらるこあびょう、英: central core disease, CCD, central core myopathy) とは、常染色体優性先天性ミオパチーの一つである。1956年に Shy と Magee によって最初に報告された。顕微鏡下での筋原線維の出現によって特徴付けられる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状