Create issue ticket

考えれる87県の原因 非特異的ST-T変化

  • 急性アルコール中毒

    急性アルコール中毒(きゅうせいアルコールちゅうどく、英: acute alcohol intoxication)は、短時間に多量のアルコール(エタノール)を摂取することによって生じる中毒(オーバードーズ)である。急性アルコール中毒の症状は血液中のアルコール濃度に比例して誰もが陥り、意識を喪失し、死に至る。 かつての医学用語ではアルコール依存症のことを、「慢性アルコール中毒」と表現されることもあるが、本状態とは異なる。継続的なアルコールの使用による影響については、アルコール飲料の項を参照。 なお純度99%エタノールのLDLo(最少致死量)は、ヒトで1400mg/kgとされている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 高血圧症

    抄録 本態性高血圧症における食塩負荷時の血圧上昇に対するカリウム投与の影響を検討する目的で, 23名の本症患者に低塩食(NaCl25mEq/日)を3日間施行したのち, 6日間食塩(250mEq/日)のみを負荷した群(NaCl単独群)12名と,同量の食塩に加えてカリウム96mEq/日を投与した群(NaCl KCl群)11名に分け,比較した.その結果, NaCl KCl群ではNaCl単独群においてみられた食塩負荷時の血圧上昇は認められず,平均血圧の変化率はNaCl単独群に比し有意の低値を示した.尿中ナトリウム排泄はNaCl KCl群で食塩負荷早期(第1および第2日目)に有意の増加を認め, NaCl[…][doi.org]

  • 過換気

    こんにちは!蒸し暑い日が続いていますね ご無沙汰してます。 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、、 実は6/18の深夜に倒れました 今回、救急車に乗ったのも初めてですし、 本格的に意識を無くしたのは初めてだったので 記録に残そうと思い書きます。 時間は深夜1時頃でした。 急に息苦しくなり、目眩で歩けなくなり、 天井がくるくる回る。 目をつぶっても回る。横になっても回る。 家族を起こして『天井がくるくる回って気持ち悪くて苦しい』と言い、血圧と心拍数を測って貰ったら とにかく血圧が低く、心拍数が低い。 確か血圧は上が97下が58。 心拍数110。 と後から家族に聞きました。[…][ameblo.jp]

  • 低血糖症

    低血糖症(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖症は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖症に準じた対応をする。しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。[…][ja.wikipedia.org]

  • 食道炎

    食道炎(びらん・食道潰瘍) 食道炎は食道の粘膜が炎症を起こし、肉眼的にびらんや潰瘍が見られるものをいいます。びらんとは粘膜表面が欠損を起こすもので、内視鏡で見ると、中心が白い苔(こけ)のようになり、その周りの粘膜が赤くなっています。ときには、出血を起こすこともあります。一方、潰瘍は粘膜の欠損が下の層に進んで、陥没した状態です。 食道炎で最も多いのは 逆流性食道炎[…][onaka-kenko.com]

  • 慢性アルコール依存症

    概要 アルコールは古代より親しまれている嗜好品で我々の生活を豊かにしてくれますが、一方で過剰な飲酒を長期に渡って続けると様々な臓器に障害を来たし、その中でも肝障害は高頻度でしばしば重篤となります。世界では過剰な飲酒によってアルコール性肝障害(脂肪肝、肝炎、肝硬変)となり、さらに肝細胞がんや肝不全となり毎年300万人以上が、国内においても毎年4万人以上が亡くなっています。 症状・診断[…][kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 急性アンフェタミン中毒

    […] stimulant 覚せい剤 は眠気と疲労を除去し、一時的に作業効率を高める作用を有する薬物で、「 覚せい剤 取締法」によって規定されているフェニルアミノプロパン( アンフェタミン )、フェニルメチルアミノプロパン(メタンフェタミン)がこれに相当する。同法では、これらに加えて合成原料や中間体を「 覚せい剤[…][pharm.or.jp]

  • 高カリウム血症

    高カリウム血症(こうカリウムけっしょう)は何らかの原因により血中のカリウムの濃度があがってしまう電解質代謝異常症のひとつである。災害時、挫滅症候群(クラッシュシンドローム)として発症する場合もある。カリウムの血中濃度が関係している症状にはほかに低カリウム血症がある。 カリウムは本来は体内に必要不可欠なミネラルのひとつである。しかし、血中濃度が異常にあがりすぎた場合、人体に重篤な悪影響を及ぼす。主な症状は 四肢の痺れ 不整脈、頻脈 筋力低下 吐き気などがあげられる。そのまま放置しておくと致死性不整脈から心停止に至る可能性がある。ECF(細胞外液)のK濃度が5.0 -[…][ja.wikipedia.org]

  • アシドーシス

    生体の血液の酸塩基平衡は一定のpH (7.4) になるように保たれている。平衡を酸性側にしようとする状態をアシドーシス (en:acidosis)、平衡を塩基性側にしようとする状態をアルカローシス (en:alkalosis) と言う。 血清pHが7.4未満になった(低下した)状態をアシデミア、7.4より上になった(上昇した)状態をアルカレミアと言う。ともに全身の細胞にとっての環境の異常であり、上昇(低下)量が増大すると呼吸抑制から死に至ることもあるとともに、これらのpH異常は呼吸不全や腎不全など重篤な疾患の結果として生じるため治療の指標になる。このpHの測定は血液ガス分析によってなされる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性腎不全

    Home CKD(慢性腎臓病) 東葛クリニック病院 慢性腎不全に取り組んで45年 東葛クリニック病院は1973年の開業以来、慢性腎不全( CKD)をはじめとする腎臓病とその周辺領域、特に透析医療については、本院と7つの関連透析施設を擁して数多くの成果を挙げてきております。 その最大の特徴は、透析医療に至る前に、疾病の予防、早期発見と早期治療に全力を挙げて取り組み、それでも腎機能の低下が見られた場合には、腎機能維持のために専門スタッフがチームの総力を挙げて治療に取り組む、一貫した医療体制にあります。[…][tokatsu-clinic.jp]

さらなる症状