Create issue ticket

考えれる222県の原因 青色母斑

  • 青色ゴムまり様母斑症候群

    ゴムまり様症候群(blue rubber bleb nevus syndrome:BRBNS)の可能性が示唆された.前縦隔腫瘤影に対し,胸腺腫を念頭に診断的治療として手術の方針としたが,鑑別診断として血管腫も挙げられた.胸腺全摘術を施行し病理組織学的に胸腺内血管腫と判明した.さらに,消化管内視鏡検査および頭部MRIで食道および小脳にも血管腫[jstage.jst.go.jp] 「MECP2重複症候群」や「青色ゴムまり様症候群」、「フォンタン術後症候群」など38の難病について、医療費助成の対象となる指定難病の要件を満たすか否かを検討する—。 12月13日に開催された厚生科学審議会・疾病対策部会の「指定難病検討委員会」で、こういった検討が始まりました。[medwatch.jp] 局所性症としては,スタージ ウェーバー症候群 ,クリッペル ウェーバー症候群, 眼上顎褐青色 ,色素血管母斑症などがあげられる。[kotobank.jp]

  • 青色母斑

    原因 青色は、メラニンと呼ばれる色素を有する青色細胞が増殖することを原因として発症します。皮膚の構造を詳しくみると、表面の浅いほうから順に、表皮、真皮と深くなっていきます。青色では、皮膚の中でも深い部位に相当する真皮において、青色細胞が増殖することで生じます。[medicalnote.jp] 太田母斑 顔面扁平母斑 顔面母斑 顔面母斑細胞母斑 頬部扁平母斑 頬部母斑 頬部母斑細胞母斑 前額部扁平母斑 前額部 前額部細胞 鼻部扁平 鼻部 鼻部細胞 顔面脂腺 顔面青色 頬部青色 前額部青色 側頭部青色 鼻部青色 頭皮および頚部のメラニン細胞性母斑の良性新生物 頚部母斑 頚部扁平母斑[scuel.me] […] blue nevus Point 25 青色 (4) Epitheloid blue nevus Point 26 青色 (5) 先天性青色 Point 27 青色 (6) Dermal melanocytosis Point 28 Combined nevus Point 29 母斑以外で色素斑を呈する病態 貴重症例供覧[molcom.jp]

  • ムコ多糖症

    ムコ多糖症(ムコたとうしょう、Mucopolysaccharidosis、MPS)は、遺伝的な要因による先天性代謝異常症であるライソゾーム病の一種である。医学上の正式名はムコ多糖代謝異常症。日本では、特定疾患に指定されている。 リソソーム内の加水分解酵素の先天的欠損あるいは異常により、リソソーム内にムコ多糖の一種であるグリコサミノグリカン(GAG)が蓄積する疾患である。GAGは人体内で細胞間結合に寄与する役割がある。[…][ja.wikipedia.org]

  • ムコ多糖症II型

    2007年10月4日、 ムコ多糖症II型 治療薬 イデュルスルファーゼ (商品名: エラプレース点滴静注液 6mg)が製造承認を取得した。10月17日に薬価収載され、同日付けで発売されている。 ライソゾーム病 の一種である ムコ多糖症 は、先天性の難治性疾患である。 ライソゾーム 酵素が遺伝的に欠損することで、分解されるはずの糖脂質等の物質が体内に蓄積し、その結果、臓器障害や骨格障害などを呈する。ムコ多糖症にはI型からVII型(V型は欠番)まであり、患者数は日本国内に数百人と推定されるが、中でもII型は100 150人程度と最も多い。 ムコ多糖症II型はハンター症候群とも呼ばれ、[…][medical.nikkeibp.co.jp]

  • CDK4 に関連した悪性黒色腫

    (11) 大型の先天性色素細胞に生じる増殖性結節proliferative nodule (C)真皮メラノサイトの (1) 青色blue nevus (2) 太田nevus of Ot(a眼上顎部褐青色) AII memo memo 1 後天性色素細胞母斑という病名の自己矛盾 memo 2 遅発性母斑とは?[bunkodo.co.jp] ダーモスコピーによるの分類 (1) 小球状パターンglobular nevus (2) 網状パターンreticular nevus (3) 放射状パターンstarburst nevus (4) 均一青色homogeneous blue nevus (5) その他の母斑 5.[bunkodo.co.jp] )とは memo 20 ancient nevus様所見を呈したproliferative nodule memo 21 細胞増殖型青色で認められる“benign metastasis”について memo 22 青色は先天性母斑か?[bunkodo.co.jp]

  • 悪性黒子型黒色腫

    悪性青色 malignant blue nevus 細胞性青色と呼ばれる灰青色子局面 に続発する真皮内メラノサイト性黒色腫をいう。 末端黒子型黒色腫 四肢末端、即ち手のひら、足の裏、爪部に発生します。日本人に比較的多いとされ、特に足の裏に好発します。はじめは扁平な黒褐色の色素斑から発生し、色調が一部濃くなったりまだらになります。[mh.rgr.jp] 組織学的には真皮内からの発生が多い点で注意を要する。乳幼児期からみられることが多く、早期発見の時期を逸すると予後が悪い。 (b)悪性青色 きわめてまれな腫瘍で、比較的大形の青色(青あざ)から発生する。青色細胞の悪性化によるもので、細胞増殖型青色から生ずることが多いとされる。[kotobank.jp] 先天性(巨大先天性色素性、獣毛様など)、後天性(ミーシャ型、ウンナ型、クラーク型など)、青色、スピッツ母斑、表皮系母斑(表皮母斑、脂腺母斑など)、カフェオレ斑、扁平母斑、ベッカー母斑などがあります。 脂漏性角化症(老人性いぼ)や老人性色素斑(しみ)、肝斑なども鑑別に挙げることができます。[kobaskin.com]

  • 限局性血管角化腫

    下口唇 上口唇細胞 下口唇細胞 上口唇扁平 下口唇扁平 下口唇青色 上口唇青色 D220 口唇のメラニン細胞性母斑 眼瞼母斑 眼瞼母斑細胞母斑 上眼瞼 下眼瞼 上眼瞼細胞 下眼瞼細胞 上眼瞼扁平 下眼瞼扁平 眼瞼青色 上眼瞼青色 下眼瞼青色 D221 眼瞼のメラニン[kegg.jp] 母斑 メラノサイト系母斑 母斑細胞母斑 通常型 境界母斑 複合母斑 真皮内 特殊型 巨大先天性色素性 分離 爪甲黒色線条型 Spitz Clark 真皮メラノサイト系 青色 太田母斑 遅発性両側性太田母斑様色素斑 蒙古斑 表皮系母斑 疣贅状表皮母斑 脂腺母斑 副乳 面皰母斑 エクリン母斑 アポクリン母斑[derm-hokudai.jp] おもな内容 総 論 皮疹の数・大きさ・分布とその関連事項/皮疹の性状/皮疹の数による所属疾患群と各疾患の特徴ほか 単発疹を主体とする皮疹 毛細血管拡張性肉芽腫(化膿性肉芽腫)/せっ,せっ腫症,廱/Spitz(スピッツ)(若年性黒色腫)/皮膚リンパ球腫(皮膚リンパ球増殖症,良性皮膚リンパ球腫)/アポクリン嚢胞腺腫/青色/皮膚線維腫(硬性線維腫[kanehara-shuppan.co.jp]

  • 肢端黒皮症

    おもな内容 総 論 皮疹の数・大きさ・分布とその関連事項/皮疹の性状/皮疹の数による所属疾患群と各疾患の特徴ほか 単発疹を主体とする皮疹 毛細血管拡張性肉芽腫(化膿性肉芽腫)/せっ,せっ腫症,廱/Spitz(スピッツ)(若年性黒色腫)/皮膚リンパ球腫(皮膚リンパ球増殖症,良性皮膚リンパ球腫)/アポクリン嚢胞腺腫/青色/皮膚線維腫(硬性線維腫[kanehara-shuppan.co.jp] 、脂腺、扁平、単純黒子、細胞・色素性青色、血管腫、ポートワイン母斑、被角血管腫、老人性血管腫、リンパ管腫、貧血性母斑、グロムス腫瘍、石灰化上皮腫、汗管腫、皮膚線維腫、軟線維腫、アクロコルドン(スキンタッグ)、ケロイド、肥厚性瘢痕、被角線維腫、若年性黄色肉芽腫、爪下外骨腫、皮膚良性リンパ腺腫症、色素性蕁麻疹・肥満細胞腫[sumi-cl.com] 脂腺/扁平/単純黒子/青色/血管腫/ポートワイン母斑/被角血管腫/老人性血管腫/リンパ管腫/貧血性母斑/グロムス腫瘍/石灰化上皮腫/汗管腫/皮膚線維腫/軟線維腫、アクロコルドン(スキンタッグ)/ケロイド/肥厚性瘢痕/被角線維腫/若年性黄色肉芽腫/爪下外骨腫/皮膚良性リンパ腺腫症/色素性蕁麻疹・肥満細胞腫基底細胞癌(基底細胞上皮腫[toriicl.tv]

  • 一過性新生児膿疱性メラニン沈着症

    この真皮メラノサイトーシスに分類される色素沈着は、 太田(下記参照) 伊藤(肩から肩甲骨にかけて生ずる青アザ) 堀(後天性両側性太田様色素青色 など です。 太田 メラノサイトが、自律的に過剰に増殖した色素沈着です。[me-no-kuma.hajime888.com] メラノサイト・神経系腫瘍 260 1) 扁平 260 2) 単純黒子 260 3) 細胞 261 4) 若年性黒色腫 261 5) 蒙古斑 262 6) 太田 262 7) 青色 262 8) 神経線維腫 262 9) 神経鞘腫 262 4. [rnavi.ndl.go.jp] 2.分離 3.爪甲黒色線条型 4.Spitz 5.Clark b.真皮メラノサイト系 1.青色 2.太田母斑 3.後天性真皮メラノサイトーシス 4.蒙古斑 B.表皮系母斑 1.疣贅状表皮母斑 2.脂腺母斑 3.副乳 4.面皰母斑 5.エクリン母斑 6.アポクリン母斑 C.間葉細胞系母斑 1.結合組織母斑 2.表在性皮膚脂肪腫性母斑[rr2.nakayamashoten.co.jp]

  • クルーゾン症候群 - 黒色表皮腫症候群

    (3)体幹 ポーランド症候群、漏斗胸、鳩胸、尿道下裂、臍の異常など (4)母斑 (いわゆる「あざ」)・血管腫 上皮系:表皮(硬)、脂腺など 神経櫛系細胞(色素性)など 扁平青色、蒙古斑など 間葉系母斑:血管腫、リンパ管腫など 全身性:プリングル病、ポイツ・ジェガース病、レックリングハウゼン病など 局所性[kyorin-prs.com] 脂腺(類器官)、石灰化上皮腫 神経櫛起原性の 色素性、扁平.太田(眼上顎部褐青色)、蒙古斑 神経線維腫、神経鞘厘 間葉系の腫瘍・母斑 線維腫、脂肪腫。[jsprs.or.jp] 転移性腫瘍 知識、技能ともに b または c に属するもの i)皮膚の良性腫瘍 神経櫛起原性の 若年性黒色腫。青色 間葉系の腫瘍、母斑 軟骨性母斑、軟性線維腫、アクロコルドン、 手掌足蹠線維腫症、若単性黄色肉芽腫、軟部好酸球肉芽腫(木村病)、 血管脂肪腫、平滑筋腫、 皮膚骨腫、血管拡張性肉芽腫、披角血管腫、グロ一ムス腫瘍 母斑。[jsprs.or.jp]

さらなる症状