Create issue ticket

考えれる30県の原因 電撃性紫斑病

  • 猩紅熱

    猩紅熱(しょうこうねつ、英: Scarlet fever)は、小児に多い発疹性伝染病。明治年間に法定伝染病に指定され恐れられていた病気の一つだが、抗生物質が開発された後には、容易に治療が可能となった。このため、猩紅熱は伝染病予防法に定められていた法定伝染病(届け出が必要)であったが、1998年の法改正に伴い、猩紅熱は法定伝染病ではなくなった。現在の感染症法ではA群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)として診断・治療を行うことがほとんどである。 A群β溶血性連鎖球菌の毒素(発赤毒(erythrogenic toxin)[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺炎球菌性肺炎

    概要 疾患のポイント: 肺炎球菌性肺炎とは、肺炎球菌が原因で起こる肺炎である。 市中肺炎の中で最多であり、死亡者が多いのも肺炎球菌肺炎である。 侵襲性肺炎球菌感染症(侵襲性感染症のうち肺炎球菌が髄液又は血液から検出された場合)は、感染症法の5類感染症に分類され、診断した医師は、7日以内に最寄りの保健所に届け出る必要がある。 市中肺炎と診断した場合には、第一に肺炎球菌性肺炎であるかどうか考える。 インフルエンザ罹患後に続発する肺炎としても、28 48%と最多である。 市中肺炎と診断後、良質な喀痰を塗抹鏡検し、グラム陽性双球菌を有意に認めたら確定診断できる。 喀痰グラム染色中の肺炎球菌: 図表[…][clinicalsup.jp]

  • 血管炎

    血管炎症候群(けっかんえんしょうこうぐん、英: Vasculitis Syndrome )は、自己免疫疾患の一群で、主として血管に炎症の主座がある症候群。血管のみが冒されるわけではなく、他の臓器にも病変がみられることもある。 多くは慢性疾患である。血管は全身に分布している為、全身性疾患である事が多い。膠原病の一種に分類されるが、全身性エリテマトーデス(SLE)や関節リウマチ(RA)、シェーグレン症候群などに随伴する二次性血管炎以外は抗核抗体は診断に影響しない。 日本では、特定疾患(難病)として、国や都道府県による医療費支援制度の対象となっている疾患もある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 敗血症

    敗血症性ショックの患者が対象 研究班は、この報告より前の研究で、重症の感染により 敗血症性ショック という致命的な状態に陥った患者200人をランダムに分け、体温36.5 から37 の範囲にまで冷やしながら治療するか、冷やさないで治療するかを比較し、冷やしたグループのほうが14日目までの死亡率が低いという結果を得ていました。 ここで得られた治療データを解析し、体温の変化と死亡率の関係をさらに詳しく調べました。 38.4 が境界 体温で区切ったとき、体温が高い場合と低い場合で死亡率に最も大きな違いが出るように境界の値を計算したところ、「 体温が38.4[…][medley.life]

  • 播種性血管内凝固症候群

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年3月 ) 播種性血管内凝固症候群 (はしゅせい けっかんない ぎょうこ しょうこうぐん、 英 : disseminated intravascular coagulation, DIC )とは、本来出血箇所のみで生じるべき 血液凝固反応 が、全身の 血管 内で無秩序に起こる 症候群 である。早期診断と早期治療が求められる重篤な状態で、治療が遅れれば死に至ることも少なくない。 汎発性血管内凝固症候群 (はんぱつせい-[…][ja.wikipedia.org]

  • プロテインC欠乏症

    深部静脈血栓症 ,表在静脈血栓症, 肺血栓塞栓症 などの多発血栓症や新生児期の電撃紫斑(先天性プロテインC欠乏症:ホモ接合体)に遭遇したときに検査を行う.[primary-care.sysmex.co.jp] 小児は血栓を発症しにくいが、播種血管内凝固症候群などをきたす。ヘテロ変異でも二次的な因子低下要因があれば、電撃紫斑をきたす。四肢先端の壊死、紫斑、発熱、腎不全、ショックなどを呈し、脳梗塞・出血、硝子体出血などをおこす。 5. 合併症 肺血栓塞栓症と電撃紫斑は、早期に適切な治療が行われなければ致死的となる。[nanbyou.or.jp] 女性は、習慣流産。小児の場合は播種血管内凝固症候群、電撃紫斑、多発脳梗塞、くも膜下出血、多発頭蓋内出血、四肢壊死、紫斑、腎不全、ショック、脳梗塞、硝子体の出血等である。電撃紫斑と肺血栓塞栓症は早期に適切な治療が行われないと死に至る。[pcfamily.jimdofree.com]

  • 先天性プロテインC欠乏症

    ※「電撃紫斑」:重症で急激な経過をたどって死に至る、皮膚内出血を特徴とする疾患。 ページトップ[ketsukyo.or.jp] 小児は血栓を発症しにくいが、播種血管内凝固症候群などをきたす。ヘテロ変異でも二次的な因子低下要因があれば、電撃紫斑をきたす。四肢先端の壊死、紫斑、発熱、腎不全、ショックなどを呈し、脳梗塞・出血、硝子体出血などをおこす。 5. 合併症 肺血栓塞栓症と電撃紫斑は、早期に適切な治療が行われなければ致死的となる。[nanbyou.or.jp] 女性は、習慣流産。小児の場合は播種血管内凝固症候群、電撃紫斑、多発脳梗塞、くも膜下出血、多発頭蓋内出血、四肢壊死、紫斑、腎不全、ショック、脳梗塞、硝子体の出血等である。電撃紫斑と肺血栓塞栓症は早期に適切な治療が行われないと死に至る。[pcfamily.jimdofree.com]

  • 先天性アンチトロンビンIII欠乏症,

    小児は血栓を発症しにくいが、播種血管内凝固症候群などをきたす。ヘテロ変異でも二次的な因子低下要因があれば、電撃紫斑をきたす。四肢先端の壊死、紫斑、発熱、腎不全、ショックなどを呈し、脳梗塞・出血、硝子体出血などをおこす。 5. 合併症 肺血栓塞栓症と電撃紫斑は、早期に適切な治療が行われなければ致死的となる。[nanbyou.or.jp] 電撃紫斑は、急激に手足や臀部、腹部の皮膚の出血性 壊死 が進行し死に至る重篤な病気で、活性化プロテインC製剤による治療が必要です。硝子体出血は眼球内の硝子体に血液がたまった状態で、視力低下を引き起こしますが失明する恐れもあります。[nanbyou.or.jp] いずれも常染色体優性遺伝で、ヘテロ変異保有者は深部静脈血栓症を、ホモおよび複合へテロ接合の重症型は新生児に電撃紫斑をおこす。深部静脈血栓症を発症した日本人成人の65%にこの3因子の活性の低下が、さらにその約半数に遺伝子変異が同定される。周産母子領域の全容については明らかではない。 2.[nanbyou.or.jp]

  • ヘパリン起因性血小板減少症

    概要 ポイント: ヘパリン起因性血小板減少症(heparin-induced thrombocytopenia、HIT)とは、ヘパリン投与によって血小板第4因子(PF4)とヘパリンの複合体に対する抗体(HIT抗体)が産生され、血小板減少とともに血栓塞栓症を引き起こす疾患である。典型例では、ヘパリン投与開始後5 10日して発症する。 ヘパリン治療を受け、血小板数が前値より50%以上低下した場合、100,000/μL以下になった場合に疑う。 頻度:[…][clinicalsup.jp]

  • 発作性夜間血色素尿症

    発作性夜間血色素尿症(ほっさせいやかんけっしきそにょうしょう、英: Paroxysmal nocturnal hemoglobinuria、略称: PNH)とは、溶血性貧血の一つ。発作性夜間ヘモグロビン尿症とも呼ばれる。 厚生労働省指定の難病特定疾患であり、日本での患者数は、約500人程度と言われている。 グリコシルホスファチジルイノシトール(Glycosyl phosphatidylinositol:GPI)アンカーの生合成に必須な遺伝子である「PIG-A遺伝子」の変異が造血幹細胞に生じて、赤血球膜上のGPIアンカー型補体制御因子である「CD55(decay-accelerating[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状