Create issue ticket

考えれる333県の原因 障害は紫斑になる

  • アミロイドーシス

    血管への沈着が著明であれば出血傾向を呈し、紫斑や皮下出血、粘膜下出血を認める。眼窩周囲に紫斑が認められる場合、アライグマの眼サインと呼ばれる。末梢神経障害として知覚障害、無感覚、筋力低下を認める。感覚障害は通常左右対称性で下肢に多く、ときに痛みを伴う。手根管症候群は他の症状より1年以上先行して見られることが多い。[ja.wikipedia.org]

  • ウイルス性下気道感染症

    代表的な物としては ① 神経:無菌性髄膜炎、脳炎、急性散在性脳脊髄炎(ADEM)、小脳失調症、横断性脊髄症、末梢性神経炎など ② 心血管:心筋炎、心内膜炎、心外膜炎、不整脈、血栓症(右室) ③ 皮膚:スチーブンス・ジョンソン症候群、多形滲出性紅斑、じんま疹、アレルギー性紫斑病、結節性紅斑など ④ 消化器:肝機能障害、膵炎など ⑤ 血液:自己免疫性溶血性貧血[sakuragaokashonika.com] 、血小板減少性紫斑病など ⑥ 運動器:関節炎、筋炎、横紋筋融解症など ⑦ 泌尿器:腎炎など これ以外にも多数報告されています。[sakuragaokashonika.com]

  • 上気道感染症

    代表的な物としては ① 神経:無菌性髄膜炎、脳炎、急性散在性脳脊髄炎(ADEM)、小脳失調症、横断性脊髄症、末梢性神経炎など ② 心血管:心筋炎、心内膜炎、心外膜炎、不整脈、血栓症(右室) ③ 皮膚:スチーブンス・ジョンソン症候群、多形滲出性紅斑、じんま疹、アレルギー性紫斑病、結節性紅斑など ④ 消化器:肝機能障害、膵炎など ⑤ 血液:自己免疫性溶血性貧血[sakuragaokashonika.com] 、血小板減少性紫斑病など ⑥ 運動器:関節炎、筋炎、横紋筋融解症など ⑦ 泌尿器:腎炎など これ以外にも多数報告されています。[sakuragaokashonika.com]

  • ウイルス性上気道感染症

    代表的な物としては ①神経:無菌性髄膜炎、脳炎、急性散在性脳脊髄炎(ADEM)、小脳失調症、横断性脊髄症、末梢性神経炎など ②心血管:心筋炎、心内膜炎、心外膜炎、不整脈、血栓症(右室) ③皮膚:スチーブンス・ジョンソン症候群、多形滲出性紅斑、じんま疹、アレルギー性紫斑病、結節性紅斑など ④消化器:肝機能障害、膵炎など ⑤血液:自己免疫性溶血性貧血[tsudashonika.com] 、血小板減少性紫斑病など ⑥運動器:関節炎、筋炎、横紋筋融解症など ⑦泌尿器:腎炎など これ以外にも多数報告されています。[tsudashonika.com]

  • 虫刺症

    時に頭痛、筋肉痛、神経症状(意識障害、けいれん、昏睡)、リンパ節腫脹、呼吸器症状(咳など)、出血症状(紫斑、下血)など様々な症状を引き起こします。重症化し、死亡することもあります。[kansen-wakayama.jp] 時に頭痛、筋肉痛、神経症状(意識障害、けいれん、昏睡)、リンパ節腫脹、呼吸器症状(咳など)、出血症状(紫斑、下血)などさまざまな症状を引き起こします。重症化し、死亡することもあります。[city.asago.hyogo.jp] マダニ媒介性の回帰熱 ダニに刺されてから、12 16 日程度(平均15 日)に 発熱、頭痛、悪寒、筋肉痛、関節痛、全身の倦怠感などの風邪のような症状が主で、時に、神経症状(意識障害、けいれん、昏睡)、リンパ節腫脹、呼吸不全、出血症状(歯肉出血、紫斑、下血)が現れます。[kansen-wakayama.jp]

  • 便秘

    この像は血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)に類似する。 症状 高血圧性緊急症(頭痛、悪心、意識障害)、心不全(呼吸困難)、腎不全の症状があらわれる。[med.osaka-u.ac.jp]

  • 歯齦炎

    上昇、急性肝不全、肝炎、血栓性血小板減少性紫斑病、血小板減少、紫斑、TTP、倦怠感、食欲不振、出血症状、精神・神経症状、破砕赤血球、溶血性貧血、発熱、腎機能障害、間質性肺炎、好酸球性肺炎、咳嗽、呼吸困難、肺音異常、無顆粒球症、再生不良性貧血、汎血球減少症、中毒性表皮壊死融解症、Toxic Epidermal Necrolysis、TEN、皮膚粘膜眼症候群[medley.life] 主な副作用 紫斑病、貧血、咳、紅斑、過敏症、K上昇、皮下出血、鼻出血、止血延長、眼出血、歯肉出血 起こる可能性のある重大な副作用 出血、頭蓋内出血、胃腸出血、脳出血、硬膜下血腫、下血、頭痛、悪心、嘔吐、意識障害、片麻痺、吐血、眼底出血、関節血腫、腹部血腫、後腹膜出血、十二指腸潰瘍、胃潰瘍、肝機能障害、黄疸、ALT上昇、γ-GTP上昇、AST[medley.life]

  • 甲状腺腫

    […] b.PTUに頻度の多いANCA関連血管炎症候群(発熱、腎障害、血痰、関越痛、紫斑などの症状あり。)は服用後のいつの時期にも発症する可能性があります。このため、受診の度に尿検査で潜血や蛋白をチェックしておいた方が無難です。 c.副作用の頻度はPTUに多く、効果もMMIの方が強いため、妊娠中や授乳中を除けば、飲み薬の第一選択はMMIです。[fukasawa-clinic.or.jp]

  • 顕微鏡的多発血管炎

    ANCAを測るときはMPA、WG、CSSを疑ったときであるため、急性ないし慢性の腎障害、持続性蛋白尿、原因のはっきりしない肺陰影、喀血、紫斑、多発性単神経炎、鼻中隔穿孔を認めたら測定する。血清における陽性率はCSSで50%、WGの活動期で90%、MPAで70%であるためANCA陰性であってもANCA関連血管炎の否定はできない。[ja.wikipedia.org] 血管炎で起こる症状は、主に障害を受ける血管のサイズに関連していることから、各疾患は障害血管サイズに分類されています。[rheuma-net.or.jp] 特に血管炎と臨床上類似する疾患としては動脈硬化、心臓粘液腫、血栓症(抗リン脂質抗体症候群、血栓性血小板減少性紫斑病)、感染性心内膜炎、薬剤性血管障害などがあげられる。 この場合は腹痛(intestinal angina)やLivedo疹、多発性単神経炎、皮膚壊死、失明、脈なし、筋肉痛、卵巣痛、睾丸痛、頭痛が起こることが知られている。[ja.wikipedia.org]

  • レイノー病

    下肢を中心に紫斑が見られたり、薬疹を起こしやすかったりする。 浜崎准教授は「膠原病は内臓の障害が起きることも多いため、早期発見、早期治療が重要。気になる皮膚症状があれば皮膚科を受診してほしい」と話している。[shimotsuke.co.jp]

さらなる症状