Create issue ticket

考えれる580県の原因 障害のある随意運動

  • 芳香族L-アミノ酸脱炭酸酵素欠乏

    症状 典型例では6ヶ月以内に、間歇的な眼球回転発作(oculogyric crisis)と四肢のジストニアで発症し精神運動発達は遅滞する。その他に頻度の高い症状としては、随意運動障害、易刺激性、 Ocularconvergence spasm、口腔顔面ジストニア、ミオクローヌスなどがある。[nanbyou.or.jp] ,失見当識,自殺企図,多発ニューロパチー,睡眠発作,睡眠障害,不随意運動,病的賭博,病的性欲亢進,不安・焦燥感,歩行障害,傾眠,めまい,味覚異常,興奮,振戦の増強,しびれ感,ドパミン調節障害症候群 呼吸器 鼻出血 誤嚥性肺炎 循環器 血圧低下,血圧上昇 心拍数不整,動悸,低血圧,起立性低血圧 代謝・栄養 体重減少,食欲減退 血中ホモシステイン[kegg.jp] 【一般的症状】 全身の低緊張(躯幹、頭部、および四肢を含める) 硬直と固縮 異常眼球運動(寄り目、上方凝視、眼振) 眼瞼下垂(垂れた眼瞼) ジストニア(不随意運動) 自発運動の減弱 随意運動に伴う四肢の振戦 自律神経機能障害(血圧と体温調節、心拍の変動) 多汗 身体違和感と情動不安定 睡眠障害(過度または混乱) 言葉の欠如 かんしゃくと啼泣[jpnd.org]

  • 運動失調

    同じ錐体外路である大脳基底核の障害では運動失調も起こりえるが、不随意運動の方が目立つことが多い。 病院を受診する場合の主訴としては「立てない」「歩けない」「まっすぐに歩こうとしても偏ってしまう」といった起立、歩行困難で受診される場合が多い。起立、歩行困難の原因としては運動麻痺、平衡障害運動失調、歩行障害、骨折、心因性の場合がある。[ja.wikipedia.org] 運動失調とは、一般に、四肢、体幹の随意運動を調節する機能が障害された状態を指す。神経学では協調運動障害といい、原則としては筋力低下は伴わない。麻痺があれば、運動障害がおこるのは当たり前だからである。協調運動に最も関与しているのは小脳と考えられている。[ja.wikipedia.org] めまい、麻痺が認めなければ運動失調によるものと考えることができる。 正常な随意運動は大脳皮質運動領から遠心性運動路、錐体路、末梢神経、さらに筋肉、運動器までのいずれかが損なわれた状態では遂行されない。[ja.wikipedia.org]

  • 運動障害

    (パーキンソン病の4大症状の運動障害) 不随意運動。(パーキンソン病の4大症状の無動) 錐体外路症状。 ドーパミン神経系 伝達経路: 腹側被蓋野(中脳) 側坐核(大脳辺縁系)ドーパミン量低下。[akira3132.info] 序 文 訳者 序 / 序 訳者 序 本邦では神経内科疾患をまとめたマニュアルは多数出版されているが,運動障害疾患,とくに不随意運動疾患に焦点を当てたマニュアルはほとんどなく,現在出版されている不随意運動疾患の本は専門的で高価なものが多い. 本書は運動障害疾...[igaku-shoin.co.jp] 全身性ジストニアと局所性ジストニアなどに分類され、 身体の一部または全身、複数の部分の筋肉が不随意に収縮。 ・ねじれ ・硬直 ・けいれんなどが生じる運動障害[akira3132.info]

  • 尿路疾患

    上位運動ニューロン障害の動物では、陰部神経の体性遠心性抑制が欠如するので、随意的な排尿の調節が出来なくなって、尿道括約筋の反射が過剰に興奮するので、膀胱の圧迫排尿が難しくなります。但し、上位運動ニューロン障害で拡張した膀胱では、排尿筋の伸張によって反射性収縮が起きるため、わずかに排尿(尿漏れ)がみられます。[dogwan.jp]

  • ハンチントン病

    ハンチントン病では主に神経細胞が脱落、変性する最も障害を引き起こしやすい部位で、線条体の障害により不随意運動を生ずる。 注7) ロタロッドテスト マウスの運動機能を見るテスト。回転棒に乗っていられる時間を測定する。いろいろな運動機能障害で時間が短くなる。[jst.go.jp] 3.症状 多くの症例で舞踏運動を中心とする不随意運動運動の持続障害、精神症状を様々な程度で認める。臨床像は家系内でも一定ではない。発症早期には、巧緻運動障害と軽微な不随意運動、遂行運動障害、うつ状態もしくは易刺激性などを認めるのみである。やや進行すると舞踏運動などの不随意運動が明らかとなり、随意運動障害される。[nanbyou.or.jp] McLeod 症候群(McLeod neuroacanthocytosis syndrome) 不随意運動,認知障害,精神症状,感覚運動性ニューロパチーを呈し,有棘赤血球を伴うX 染色体性劣性遺伝の変性疾患である.原因遺伝子は膜輸送蛋白XK をコードする XK (Xp21.1)である.発症年齢は30 40 歳代であり,口周囲,四肢の不随意運動[primary-care.sysmex.co.jp]

  • ビタミンB12欠乏

    運動 失調 不随意運動 歩行障害 自律神経系 異常 脊髄 障害 排尿障害 ニューロパチー (neurophathy、末梢神経障害) 特定系統の症候学 錐体路障害 錐体外路障害 切迫する病態に関しての用語 脳浮腫 頭蓋内圧 亢進 脳ヘルニア 脳死 脳血管障害 [ 編集 ] 一過性脳虚血発作 (TIA) 脳卒中 脳梗塞 脳出血 クモ膜下出血[ja.wikipedia.org] 症候 [ 編集 ] 意識障害 遷延性意識障害 高次脳機能障害 認知症 失語 失認 失行 睡眠障害 構音障害 頭蓋骨縫合早期癒合症 髄膜刺激症状 頭痛 三叉神経痛 脳神経 症状 嗅覚障害 味覚 障害 神経眼科学 めまい (眩暈) 聴覚障害 麻痺 (運動麻痺と感覚麻痺) ミオパチー (myopathy、筋肉の疾患の総称) 筋萎縮 深部腱反射 異常[ja.wikipedia.org]

  • 淡蒼球錐体症候群

    そして、それ以外の神経が錐体外路ですが、上記錐体外路症状は解剖学的な同定ではなく大脳の基底核である、線条、淡蒼球、ルイ体、そして、黒質などの障害で、随意運動障害、不随意運動の出現、筋の緊張異常、筋のトーヌス異常増加、それらに関連する姿勢や姿勢反射の異常のことであります。[medical.radionikkei.jp] (大脳皮質の神経細胞のうち 80 % ほ程が錐体細胞) 皮質延髄路(錐体路)の位置 (大脳皮質より頸髄(脊髄)までの伝達路) 皮質脊髄路の障害 :筋萎縮性側索硬化症、神経変性疾患。 錐体外路の障害 :不随意運動随意運動、姿勢制御や 筋緊張。[akira3132.info] 歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症 (DRPLA) ・疾患の概要 歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症 (DRPLA) は、ミオクローヌス発作、痴呆、協調運動障害、不随意運動を主徴とする常染色体優性遺伝病.日本人に好発し、脊髄小脳変性症の中では日本では一番罹患者が多いタイプ.[ncnp.go.jp]

  • 前脊髄動脈症候群

    障害部位以下の同側に上位ニューロン障害 さまざま 脊髄中心症候群 central cord syndrome 障害高位の解離性温痛覚障害 障害高位の随意運動障害 さまざま 脊髄円錐症候群 conus medullaris syndrome 会陰部のサドル型解離障害 下肢の上位ニューロン障害 あり 馬尾症候群 cauda equine syndrome[ja.wikipedia.org] 解離性温痛覚障害 障害高位に下位ニューロン障害、障害部位以下に上位ニューロン障害 さまざま 脊髄後方障害 posterior cord syndrome 障害部位以下の解離性深部感覚障害 感覚性運動失調 さまざま 脊髄半側障害 brown séquard syndrome 障害部位以下の同側深部感覚障害と対側温痛覚障害 障害高位の同側に下位ニューロン障害[ja.wikipedia.org]

  • 不眠症

    運動 失調 不随意運動 歩行障害 自律神経系 異常 脊髄 障害 排尿障害 ニューロパチー (neurophathy、末梢神経障害) 特定系統の症候学 錐体路障害 錐体外路障害 切迫する病態に関しての用語 脳浮腫 頭蓋内圧 亢進 脳ヘルニア 脳死 脳血管障害 [ 編集 ] 一過性脳虚血発作 (TIA) 脳卒中 脳梗塞 脳出血 クモ膜下出血[ja.wikipedia.org] 周期性四肢運動障害とむずむず脚症候群 (1) 周期性四肢運動障害 (2) むずむず脚症候群 周期性四肢運動障害は、睡眠時ミオクローヌス症候群とも呼ばれ、睡眠中の下肢の不随意運動が原因となって睡眠の質的低下や中途覚醒を引き起こす。睡眠中の不随意運動が刺激となり覚醒反応をもたらす。[mhlw.go.jp] 症候 [ 編集 ] 意識障害 遷延性意識障害 高次脳機能障害 認知症 失語 失認 失行 睡眠障害 構音障害 頭蓋骨縫合早期癒合症 髄膜刺激症状 頭痛 三叉神経痛 脳神経 症状 嗅覚障害 味覚 障害 神経眼科学 めまい (眩暈) 聴覚障害 麻痺 (運動麻痺と感覚麻痺) ミオパチー (myopathy、筋肉の疾患の総称) 筋萎縮 深部腱反射 異常[ja.wikipedia.org]

  • 脊髄梗塞

    障害部位以下の同側に上位ニューロン障害 さまざま 脊髄中心症候群 central cord syndrome 障害高位の解離性温痛覚障害 障害高位の随意運動障害 さまざま 脊髄円錐症候群 conus medullaris syndrome 会陰部のサドル型解離障害 下肢の上位ニューロン障害 あり 馬尾症候群 cauda equine syndrome[ja.wikipedia.org] 解離性温痛覚障害 障害高位に下位ニューロン障害、障害部位以下に上位ニューロン障害 さまざま 脊髄後方障害 posterior cord syndrome 障害部位以下の解離性深部感覚障害 感覚性運動失調 さまざま 脊髄半側障害 brown séquard syndrome 障害部位以下の同側深部感覚障害と対側温痛覚障害 障害高位の同側に下位ニューロン障害[ja.wikipedia.org]

さらなる症状