Create issue ticket

考えれる37県の原因 障害のある腎濃縮力

  • 尿路疾患

    検査成績 1)血液検査: 血液生化学上,一側の上部尿路閉塞では機能障害は軽度もしくは正常なことが多い.両側の水症がみられる場合にはさまざまな程度の機能障害濃縮障害がみられ,いわゆる後性腎不全の状態で,緊急に尿路閉塞の解除が必要となる場合もある. 2)画像検査: a)超音波検査:上部尿路閉塞では拡張した腎盂腎杯を中心部エコーの解離[kotobank.jp] をきたしたでは,糸球体濾過率の低下,抗利尿ホルモンに対する反応性の低下などにより濃縮低下や,酸排泄能障害がみられる.このような水症が一側のみの場合には,対側腎の代償性肥大がみられ,総腎機能は正常であることが多い.急性の閉塞では,腎に不可逆的な変化が起こる前に閉塞を解除すれば,腎機能は回復する.[kotobank.jp] )が起きる.腎盂内圧の上昇により,尿生成は停止し,腎実質を圧迫すると腎虚血を引き起こす.その結果,レニン-アンジオテンシン系の活性化が起こり,腎血流の減少,および尿細管障害を生じる.また腎間質では組織の線維化が起こり,腎虚血と相まって腎萎縮を引き起こす.不完全閉塞では,腎盂内圧が尿の生成を停止するまで上昇せず,大きな水腎症が形成される.水[kotobank.jp]

  • うっ血性心不全

    慢性腎臓病(CKD)ステージ3 5においては、機能障害に伴い、 (1)尿濃縮障害 (2)高窒素血症 (3)水・電解質異常(体液過剰、高カリウム血症) (4)代謝性アシドーシス (5)性貧血 (6)二次性副甲状腺機能亢進症 など、さまざまな合併症が出現します。[twmu.ac.jp]

  • 腎疝痛

    病気 おしっこの出方の異常 おしっこの回数が異常に多い(頻尿) :ふつうは1日5 8回 おしっこの出る量が少ないのに回数が多い 膀胱出口近くの刺激でおきる 急性膀胱炎,前立腺炎,膀胱結石,尿管下端結石 膀胱の大きさが小さくなっておきる 前立腺肥大症,結核性萎縮膀胱,間質性膀胱炎 おしっこの出る量が多く,回数も多い(多尿) 糖尿病,尿崩症,機能障害[onodera.webcrow.jp] による濃縮低下 おしっこが出にくい(排尿困難) おしっこが出始めるまで時間がかかる,出終わるまで時間が長い,勢いがない 前立腺肥大症,膀胱頸部硬化症,尿道狭窄,神経因性膀胱 おしっこを出せない(尿閉) 膀胱におしっこが貯まっていても出せない 前立腺肥大症,膀胱頸部硬化症,尿道狭窄,神経因性膀胱 おしっこが漏れる(尿失禁) 激しい尿意とともにおしっこを[onodera.webcrow.jp]

  • 排尿失神

    慢性腎臓病(CKD)ステージ3 5においては、機能障害に伴い、 (1)尿濃縮障害 (2)高窒素血症 (3)水・電解質異常(体液過剰、高カリウム血症) (4)代謝性アシドーシス (5)性貧血 (6)二次性副甲状腺機能亢進症 など、さまざまな合併症が出現します。[twmu.ac.jp]

  • 尿毒症性肺炎

    慢性腎臓病(CKD)ステージ3 5においては、機能障害に伴い、 (1)尿濃縮障害 (2)高窒素血症 (3)水・電解質異常(体液過剰、高カリウム血症) (4)代謝性アシドーシス (5)性貧血 (6)二次性副甲状腺機能亢進症 など、さまざまな合併症が出現します。[twmu.ac.jp]

  • 脱水

    細胞内から水が移動し,細胞外液の欠乏を補うため,循環血漿量はある程度補正され,等張性脱水や低張性脱水の場合に比し末梢循環不全の症状が出現しにくい.しかしながら,細胞内脱水は高度に持続するため,ほかの脱水症に比較し,口渇が強いのが特徴である.したがって意識が正常であれば,飲水行動に出るため,等張性脱水と比べて実際の出現頻度は少ない.高熱患者,濃縮[kotobank.jp] が低下している幼少者や高齢者,意識障害患者,口渇中枢が障害されている患者などでみられる.細胞外液の高浸透圧(高ナトリウム血症)に適応して,細胞内も高浸透圧になるが,脳細胞などでは細胞の容積を一定に保とうとして,何らかの浸透圧物質が蓄積してくる.高浸透圧を改善するために急速に輸液をして血漿浸透圧を下げた場合,細胞内に蓄積しているその浸透圧物質[kotobank.jp]

  • 急性間質性腎炎

    尿所見では細菌尿は消失していることが多いが、近位尿細管障害を反映して低分子蛋白尿を認める。 障害が進行すると尿濃縮低下(夜間頻尿など)、糸球体機能低下、不全に至る。 急性腎盂腎炎を繰り返しても、また細菌尿が持続しても慢性腎不全となるわけではなく、結石、水腎症、前立腺肥大、神経因性膀胱などの尿流異常や逆流などが大きく影響している。[ncgmkohnodai.org]

  • 慢性腎盂腎炎

    しかし慢性心不全の患者さんや、何らかの疾患で尿の濃縮障害された場合には夜中に何回もトイレにいくようになります。 慢性心不全の患者さんの場合、夜寝ると心臓の負担が減り、また交感神経系の緊張が緩み腎血流が増加します。その結果として尿量が増えると考えられているためこの場合腎臓の問題ではありません。[www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp]

  • 低浸透圧

    本検査は,症候として多尿,乏尿があるとき,機能の悪化が考えられるとき,電解質異常が考えられるとき(血中Na,K,Ca,Clなどの異常),濃縮障害の有無を知りたいとき,また血液ガスの異常が存在するときなどの原因検索に有効である.[primary-care.sysmex.co.jp]

  • 間質性腎炎

    尿所見では細菌尿は消失していることが多いが、近位尿細管障害を反映して低分子蛋白尿を認める。 障害が進行すると尿濃縮低下(夜間頻尿など)、糸球体機能低下、不全に至る。 急性腎盂腎炎を繰り返しても、また細菌尿が持続しても慢性腎不全となるわけではなく、結石、水腎症、前立腺肥大、神経因性膀胱などの尿流異常や逆流などが大きく影響している。[ncgmkohnodai.org]

さらなる症状