Create issue ticket

考えれる114県の原因 障害のある温度感覚

  • 糖尿病性多発ニューロパチー

    血流障害、抵抗力の低下に加え、神経障害の進行も足病変の悪化に深く関与しています。感覚神経の障害は痛覚や温度感覚の鈍麻を招き、足に傷やヤケドを負っても気がつかず、発見の遅れにつながります。また皮膚の汗腺に分布している自律神経は、汗の排出を調節しています。[igakuken.or.jp] 10秒以上であるが、神経障害では短縮します。 触覚の低下:触覚、温度感覚、痛覚を中枢と抹消を比較して確認します。神経障害では末梢ほど強く低下します。 神経伝導速度:筋電図計を用いて、刺激が伝わる速さを測定します。 3)生活の中で気をつけていただくこと 自分の足を清潔に保ち、毎日観察をしていただきます。[totucare.com] 糖尿病性神経障害 では、手足にチクチク感や灼熱感が起こる、遠位型の多発神経障害と呼ばれる症状が現れます。痛みはしばしば夜間に悪化し、触れられたり温度が変わったりすることでもひどくなります。温度感覚と痛覚が失われるために熱傷(やけど)を負ったり、長時間の圧迫やけがによって皮膚に潰瘍ができたりします。[msdmanuals.com]

  • 寒冷暴露

    自律神経機能障害が多くみられ,発汗の増加または減少,血管運動性変化,および温度変化への局所的過敏性を伴う。筋萎縮および異常感覚または感覚脱失が起き,慢性化する場合がある。 浸水足は,窮屈なブーツを履かず,足とブーツを乾いた状態に保って,靴下を頻繁に取り替えることにより予防可能である。[msdmanuals.com]

  • 末梢神経障害

    感覚神経障害では,チクチクする感覚,しびれ,焼けつくような痛み,振動や温度が感じられない感覚が鈍ることなどもみられます。また,自律神経障害の場合には,排尿障害,便秘や発汗異常などが現れることもあります。[clinicalscience.info] 末梢神経障害の際には主に自覚症状として感覚障害や運動障害が起こります。感覚障害はしびれ、痛みの様な自発的な症状と、触覚、痛覚、温度覚などの低下があります。運動障害は筋力の低下として表れます。但し、これらの症状は末梢神経以外の神経の病気でも起こりえます。例えば脳梗塞でも力が入りにくくなり、しびれ痛みを伴う時もあります。[byouin.metro.tokyo.jp] 力が弱くなる 感覚が鈍くなる(※感覚にはいわゆる視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚の五感以外にも痛覚、温度覚、振動覚、位置覚などがあり、どの感覚障害されるかで症状も異なります) 痛みがある 正座の後のようなビリビリとしたしびれ感がある 発汗の調整ができなくなる なおこれらの症状は中枢神経の障害でも生じることがあります。[ncnp.go.jp]

  • ニューロパチー

    力が弱くなる 感覚が鈍くなる(※感覚にはいわゆる視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚の五感以外にも痛覚、温度覚、振動覚、位置覚などがあり、どの感覚障害されるかで症状も異なります) 痛みがある 正座の後のようなビリビリとしたしびれ感がある 発汗の調整ができなくなる なおこれらの症状は中枢神経の障害でも生じることがあります。[ncnp.go.jp] 感覚障害の性質C線維の伝達する灼熱感や局在のはっきりしない痛み、Aδ線維の伝達する電撃性の痛みなど感覚障害の性質がニューロパチーの重要な情報となることがある。痛覚と温度覚が失われる一方で筋力と位置覚、振動覚、腱反射保たれ伝導速度も正常な場合は最も考えやすいのは小径線維ニューロパチーである。[ja.wikipedia.org] 末梢神経障害・ニューロパチーの症状 末梢神経障害の症状は多彩です。[ncnp.go.jp]

  • 糖尿病性自律神経障害

    糖尿病神経障害は、大きく末梢神経障害と自律神経障害に分けられます。 末梢神経障害:痛みや温度を感ずる感覚神経が障害されると、手足の先が左右対称に痺れたり、じんじん痛んだりします。進行すると運動神経も障害され、顔面神経麻痺や物が二重に見えたりする(動眼神経麻痺)ことがあります。[rafflesj-clinic.com] 血流障害、抵抗力の低下に加え、神経障害の進行も足病変の悪化に深く関与しています。感覚神経の障害は痛覚や温度感覚の鈍麻を招き、足に傷やヤケドを負っても気がつかず、発見の遅れにつながります。また皮膚の汗腺に分布している自律神経は、汗の排出を調節しています。[igakuken.or.jp] 10秒以上であるが、神経障害では短縮します。 触覚の低下:触覚、温度感覚、痛覚を中枢と抹消を比較して確認します。神経障害では末梢ほど強く低下します。 神経伝導速度:筋電図計を用いて、刺激が伝わる速さを測定します。 3)生活の中で気をつけていただくこと 自分の足を清潔に保ち、毎日観察をしていただきます。[totucare.com]

  • 多発性神経炎

    糖尿病性神経障害 糖尿病性神経障害では、手足にヒリヒリする痛みや焼けつくような痛みが起こる、遠位性多発神経障害と呼ばれる症状が現れます。痛みはしばしば夜間に悪化し、触れられたり温度が変わるといっそうひどくなります。温度感覚と痛覚が失われるためにやけどをしたり、長時間の圧迫や外傷によって皮膚に潰瘍ができたりします。[mh.rgr.jp] 糖尿病性神経障害 では、手足にチクチク感や灼熱感が起こる、遠位型の多発神経障害と呼ばれる症状が現れます。痛みはしばしば夜間に悪化し、触れられたり温度が変わったりすることでもひどくなります。温度感覚と痛覚が失われるために熱傷(やけど)を負ったり、長時間の圧迫やけがによって皮膚に潰瘍ができたりします。[msdmanuals.com]

  • 後下小脳動脈閉塞

    嚥下や声帯運動にも影響が生じることから、飲み込みの障害や発声障害(声がかれたりします)などの症状もみることになります。 感覚障害の出現様式は、ワレンベルグ症候群で特徴的です。すなわち、温度や痛覚の感覚障害を認めるようになりますが、顔面では血管性病変と同側、体幹や上下肢では反対側に感覚障害をみるようになります。[medicalnote.jp]

  • 前脊髄動脈症候群

    前脊髄動脈症候群 前脊髄動脈の閉塞により、急激に下肢の対麻痺・障害レベル以下の解離性感覚障害(触覚はわかるが、痛覚と温度覚が障害)・膀胱直腸障害を呈する。背部痛を伴うことがある。 後脊髄動脈症候群 後脊髄動脈症候群は、前脊髄症候群の1/10程度の頻度で少ない。 病巣部以下の深部感覚優位の障害、深部反射の低下/消失、膀胱直腸障害が起こる。[medi.m2blog.net] が急速に進む 手足の運動の麻痺 温痛覚(温度や痛みを感じる感覚)の障害 膀胱直腸障害 :排尿や排便に障害が出る( 神経因性膀胱 などが起こる) 症状は両側に出ることも多いが、通常左右差がある 梗塞 を起こした 脊髄 の部位によって、症状の広がりは変わる 首のあたりの脊髄で障害が起こると、呼吸をコントロールする横隔神経の働きが弱くなり呼吸に障害[medley.life] 【症状の現れ方】 脊髄の梗塞では、(1)両下肢の対麻痺(ついまひ)または四肢麻痺、(2)温度と痛みの感覚が損なわれるけれども触覚、位置覚、振動覚は保たれる解離性知覚障害、(3)膀胱や直腸の障害が急激に現れます。これらの症状の組み合わせを前脊髄動脈症候群といいます。 [yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 脳血栓症

    図1 運動障害:片マヒ(半身不随) 2 感覚障害 感覚障害では、体の片側の「感覚が鈍い」「しびれる」などの感覚の異常が起こります。 顔や手足の感覚には、温度覚、痛覚、触覚、位置覚、振動覚などがあります。[minds.jcqhc.or.jp]

  • 梗塞性後大脳動脈閉塞

    図1 運動障害:片マヒ(半身不随) 2 感覚障害 感覚障害では、体の片側の「感覚が鈍い」「しびれる」などの感覚の異常が起こります。 顔や手足の感覚には、温度覚、痛覚、触覚、位置覚、振動覚などがあります。[minds.jcqhc.or.jp]

さらなる症状