Create issue ticket

考えれる15県の原因 障害なく拡大した腎臓

  • 放射線誘発性白内障

    、敗血性多臓器不全など 腎疾患 慢性腎臓病の発症、腎臓局所から全身への酸化ストレスの拡大、とくに心血管障害(心腎症候群)への進展、糸球体・尿細管(ネフロン)の炎症から腎全体への炎症波及、腎組織における抗酸化物質の低下、尿毒症性物質の蓄積、冠動脈病変・脳血管障害など多臓器・全身性の病変など 糖尿病 糖尿病における酸化ストレス亢進、それによる血管合併症[gowest-comewest.net] 性脂肪性肝疾患(非アルコール性脂肪肝[NAFL]と非アルコール性脂肪肝炎[NASH])、腸管細菌叢の変化の毒性作用、肝線維化、肝がんなど C型肝炎による肝発がん ミトコンドリア障害、耐糖能障害、インスリン抵抗性;肝硬変、肝細胞がんなど 急性臓器不全 遊離ヘム(脂溶性の鉄)の放出とそれによる酸化ストレス増強;急性肝不全、急性呼吸不全、急性腎障害[gowest-comewest.net]

  • 急性呼吸不全

    中心静脈圧上昇により洞様血管(sinusoid)が拡大され,周囲の肝細胞が物理的に圧迫されることも肝障害を増悪させる要因になる。 6)腎障害 腎臓は低酸素に対し比較的抵抗性があるが,呼吸不全の約15%に乏尿,高尿素窒素血症,血清クレアチニンの上昇がみられる。 7)血液異常 高地住民では慢性低酸素血症の結果,代償性の多血症を呈する。[ja.wikipedia.org]

  • 膵萎縮

    8、肝辺縁鈍化、肝表面不整、肝線維化傾向 ともに何らかの慢性肝障害が疑われる所見です。 腎臓 所見 1、腎萎縮 腎臓が、腎不全などの腎障害のために小さくなってしまう状態をいいます。 2、腎盂の拡大 尿路に生じた通過障害によって、腎臓内部の腎盂が膨張している状態をいいます。原因としては、尿管結石や尿管腫瘍などが考えられます。[yaesu-health-support.com]

  • 全身性エリテマトーデス

    Primer Nature Reviews Disease Primers 2016年6月16日 Systemic lupus erythematosus 拡大する 全身性エリテマトーデス(SLE)は、皮膚、関節、中枢神経系および腎臓など、多くの臓器が障害される自己免疫疾患である。通常、SLEは特定人種の出産適齢期の女性に好発する。[natureasia.com]

  • 脾嚢胞

    8、肝辺縁鈍化、肝表面不整、肝線維化傾向 ともに何らかの慢性肝障害が疑われる所見です。 腎臓 所見 1、腎萎縮 腎臓が、腎不全などの腎障害のために小さくなってしまう状態をいいます。 2、腎盂の拡大 尿路に生じた通過障害によって、腎臓内部の腎盂が膨張している状態をいいます。原因としては、尿管結石や尿管腫瘍などが考えられます。[yaesu-health-support.com]

  • 胆嚢の石灰化

    8、肝辺縁鈍化、肝表面不整、肝線維化傾向 ともに何らかの慢性肝障害が疑われる所見です。 腎臓 所見 1、腎萎縮 腎臓が、腎不全などの腎障害のために小さくなってしまう状態をいいます。 2、腎盂の拡大 尿路に生じた通過障害によって、腎臓内部の腎盂が膨張している状態をいいます。原因としては、尿管結石や尿管腫瘍などが考えられます。[yaesu-health-support.com]

  • 馬蹄腎

    8、肝辺縁鈍化、肝表面不整、肝線維化傾向 ともに何らかの慢性肝障害が疑われる所見です。 腎臓 所見 1、腎萎縮 腎臓が、腎不全などの腎障害のために小さくなってしまう状態をいいます。 2、腎盂の拡大 尿路に生じた通過障害によって、腎臓内部の腎盂が膨張している状態をいいます。原因としては、尿管結石や尿管腫瘍などが考えられます。[yaesu-health-support.com]

  • 乳管拡張症

    8、肝辺縁鈍化、肝表面不整、肝線維化傾向 ともに何らかの慢性肝障害が疑われる所見です。 腎臓 所見 1、腎萎縮 腎臓が、腎不全などの腎障害のために小さくなってしまう状態をいいます。 2、腎盂の拡大 尿路に生じた通過障害によって、腎臓内部の腎盂が膨張している状態をいいます。原因としては、尿管結石や尿管腫瘍などが考えられます。[yaesu-health-support.com]

  • 腎性シスチン

    一方、乳児期およびそれ以降、腎の拡大あるいは肝脾腫による腹部膨満により発見されることもあります。腎臓の老廃物を捨てる機能などの障害が軽度であっても、大部分の症例に尿を濃くする能力の障害があり、脱水に注意が必要です。 (イ)病理組織所見 ARPKDにおいては、腎臓の中の集合管という部分の拡張と、肝臓の中の胆管という部分の異常が特徴です。[pck.jp]

  • シスチン症

    一方、乳児期およびそれ以降、腎の拡大あるいは肝脾腫による腹部膨満により発見されることもあります。腎臓の老廃物を捨てる機能などの障害が軽度であっても、大部分の症例に尿を濃くする能力の障害があり、脱水に注意が必要です。 (イ)病理組織所見 ARPKDにおいては、腎臓の中の集合管という部分の拡張と、肝臓の中の胆管という部分の異常が特徴です。[pck.jp]

さらなる症状