Create issue ticket

考えれる877県の原因 随意運動なし

  • 淡蒼球錐体症候群

    随意運動すべてではありませんし、不随意運動にはいろいろな言葉があり、舞踏運動、ジストニア、チック、ミオクローヌス、下肢静止不能症候群、発作性ジスキネジア、アカシジア、遅発性ジスキネジアなど多くの名称が含まれています。[medical.radionikkei.jp] 錐体路が随意運動をつかさどるのに対し,錐体外路は 不随意運動 の経路とされてきたが,近年随意運動にも錐体外路が関係することが明らかになっている。[kotobank.jp] 運動過多ないし不随意運動の関係では) 尾状核、被殻、淡蒼球などが侵されると、舞踏病、アテトーゼが 視床下核が侵されると、バリスムが現れ 黒質が侵されると、パーキンソン病、 赤核の障害では、強い上下肢の振戦が見られ、症状は反対側に現れる。[asahi-net.or.jp]

  • パーキンソン病

    これを受けた「大脳皮質」が全身の筋肉に運動の指令を出すことで、私 たちは自分の体を思うように動かすこと(随意運動)ができるのです。 パーキンソン病では、黒質のドパミン産生細胞が減少してドパミンが枯渇し、運動を調整する刺激が低下するため、自由に体を動かすことが困難になってくるわけです( 図2 )。[min-iren.gr.jp] 一日の中で症状が変動する場合など、内服時間と動きやすさの程度、不随意運動の程度、睡眠の状況などを時間ごとに記入し、受診の際に主治医にみせましょう。 薬を自己判断で急に中止することは非常に危険で、生命にかかわることがありますので絶対にやめましょう。[agmc.hyogo.jp] また、パーキンソン病は初期においては治療に対する反応が良好でよく改善しますが、5 10年の治療経過で薬に対する効果が不安定となり、幻覚や不随意運動などの副作用がみられ、コントロールが困難になります。このような症例を経験したときにでも御紹介して頂ければと思います。 専門外来は原則として予約診療で行っています。[kohseichuo.jp]

  • 幼児の痙攣と舞踏病アテトーゼ

    随意運動 (ふずいいうんどう、involuntary movement)とは、意志に基づかない不合理な運動のこと。対となる用語は 随意運動 である。 不随意運動の診察 [ 編集 ] 不随意運動に関して分析を行う場合は以下の点に関して注目する。 どこに出るのか。[ja.wikipedia.org] 自分では動かそうとしていないのに勝手に動いてしまうような、自分の意思に反する異常な運動を不随意運動といいます。多くは脳の病気で起こり、睡眠時には休止し、興奮すると増強します。不随意運動のなかでも、手足のこまかいふるえを振戦(しんせん)と呼び、高齢者で振戦だけをみとめるものを老人性振戦といいます。[medical.jiji.com] このような症状も、不随意運動という症状が考えられ、瀬川病以外にも、他に原因が多くありますので、なるべく早く専門の医師に相談をしてください。[segawa-clinic.jp]

  • 大脳基底核出血

    当科では、神経内科との協力により、適切な薬物治療にもかかわらず症状が充分コントロールされない方や、薬物の長期服用により症状の日内変動や不随意運動などの副作用でお困りの方にDBS療法と呼ばれる外科的治療を提供しております。[h.u-tokyo.ac.jp] 体性感覚情報を用いた随意運動制御と比較して,視覚矯正鏡等を用いた視覚情報による随意運動制御を行なった方が,小脳-頭頂連合野-運動前野系経路による視覚誘導性運動をより賦活することになったと考えられ,理学療法介入初期において,より運動学習が行なわれやすかった可能性が示唆された.また本症例にとって,視覚情報による運動制御がある程度成立した後に,閉眼位課題[jstage.jst.go.jp] ⑵ハンチントン病Huntington's disease 初期においては,線条体の間接路ニューロンが選択的に変性・脱落するので,不必要な運動を抑制できなくなり, 不随意運動 (舞踏運動)が生じる。⑶ ジストニア dystonia 直接路・間接路の活動性が亢進し,不随意運動が生じる。[kotobank.jp]

  • ハラーホルデン・スパッツ症候群

    クロイツフェルト・ヤコブ病 クロイツフェルト・ヤコブ病の進行はHDよりも急速であり,その不随意運動で際立つのはミオクローヌス発作である(「プリオン病」を参照のこと).[symptoma.jp] 中毒性脳症の症状としての不随意運動から、てんかん自体の症状の一部としての不随意運動、更に医薬品へのアナフィラキシー的な反応としての生じる不随意運動まで様々である。その中で、抗てんかん薬でパーキンソニズムが出現するのは、非常に珍しい。[naoru.com] 運動過多ないし不随意運動の関係では) 尾状核、被殻、淡蒼球などが侵されると、舞踏病、アテトーゼが 視床下核が侵されると、バリスムが現れ 黒質が侵されると、パーキンソン病、 赤核の障害では、強い上下肢の振戦が見られ、症状は反対側に現れる。[asahi-net.or.jp]

  • 運動失調

    めまい、麻痺が認めなければ運動失調によるものと考えることができる。 正常な随意運動は大脳皮質運動領から遠心性運動路、錐体路、末梢神経、さらに筋肉、運動器までのいずれかが損なわれた状態では遂行されない。[ja.wikipedia.org] 運動失調とは、一般に、四肢、体幹の随意運動を調節する機能が障害された状態を指す。神経学では協調運動障害といい、原則としては筋力低下は伴わない。麻痺があれば、運動障害がおこるのは当たり前だからである。協調運動に最も関与しているのは小脳と考えられている。[ja.wikipedia.org] 同じ錐体外路である大脳基底核の障害では運動失調も起こりえるが、不随意運動の方が目立つことが多い。 病院を受診する場合の主訴としては「立てない」「歩けない」「まっすぐに歩こうとしても偏ってしまう」といった起立、歩行困難で受診される場合が多い。起立、歩行困難の原因としては運動麻痺、平衡障害、運動失調、歩行障害、骨折、心因性の場合がある。[ja.wikipedia.org]

  • ハンチントン病

    テトラベナジンは、欧米で昔から不随意運動に対する治療薬として用いられてきたモノアミン小胞トランスポーター2(VMAT2)の選択的阻害剤であり、線条体の神経終末にてドパミンを枯渇させることによって不随意運動を抑制する機序を有する。[bsd.neuroinf.jp] 舞踏病様の不随意運動と精神知能低下の二大症状は、かならずしも同時期に発現するとは限らず、普通は不随意運動が先行する。舞踏病様運動は唐突におこり、不規則に繰り返し、速い。精神的に緊張したり、随意運動をしようとすると不随意運動がおこり、目的とする運動が妨げられる。[kotobank.jp] 運動症状 不随意運動(舞踏運動): 自分の意思とは関係なく体が運動することを不随意運動と言います。 ハンチントン病では、手足を勢いよく曲げたり伸ばしたりする動き、頭部を回したり伸ばしたりする動きや、舌を出したり、しかめ面をしたりなどの表情の動きなどがみられます。[h-navi.jp]

  • 運動障害

    主な不随意運動の種類としては(医学用語でいうと)、振戦、舞踏病様運動、 バリスム、アテトーゼ、ジストニア、 ジスキネジア、ミオクローヌス、痙攣(spasmとcramp)などがあります。不随意運動の原因はさまざまで、その診断には専門的な知識を要します。また、パーキンソン病などの神経疾患の初発症状であることも多く、原因の特定が重要になります。[juntendo-neurology.com] 随意運動(パーキンソン病の4大症状の振戦) 錐体外路症状。[akira3132.info] 序 文 訳者 序 / 序 訳者 序 本邦では神経内科疾患をまとめたマニュアルは多数出版されているが,運動障害疾患,とくに不随意運動疾患に焦点を当てたマニュアルはほとんどなく,現在出版されている不随意運動疾患の本は専門的で高価なものが多い. 本書は運動障害疾...[igaku-shoin.co.jp]

  • 夜間ミオクローヌス症候群

    】 ミオクローヌスと言うのは、突然起こる筋肉の収縮によって、体の一部がピクッと動く不随意運動のことです。長くは続きません。それが夜、入眠時に見られるのが夜間ミオクローヌス症候群というわけです。酷くなければ生理的現象なので治療の必要はありませんが、何度も起こり、睡眠障害になるようでしたら、坑痙攣剤の内服を行うことがあります。[hospita.jp] ミオクローヌスは不随意運動の一種です。まずは、不随意運動についての理解を深めましょう。 不随意運動とは 自分の意志とは関係なく、勝手に体が動いてしまうことです。これに対して、自分の意思で体を思うように動かすことを、随意運動といいます。[kango-oshigoto.jp] 周期性四肢運動障害 睡眠中に四肢、特に下肢に生じる周期的な不随意運動です。足関節の背屈が起こり、蹴るような動きをします。回数が多くなると不眠の原因となり、その結果昼間の眠気が誘発されます。夜間の前半から中盤にかけておこりやすく、明け方は不随意運動が軽減します。一般に高齢者に多く、むずむず脚症候群を併発することも多いです。[ikuji.mag2.com]

  • 多発性パラミオクローヌス

    随意運動に対応した病院・歯医者を探す SCUEL(スクエル) キーワード エリア 電話相談 病院・歯医者 病名・病気 脳・神経系の病気 不随意運動随意運動に対応した病院・クリニック・医院を探すことができます。[scuel.me] ミオクローヌスは不随意運動の一種です。まずは、不随意運動についての理解を深めましょう。 不随意運動とは 自分の意志とは関係なく、勝手に体が動いてしまうことです。これに対して、自分の意思で体を思うように動かすことを、随意運動といいます。[kango-oshigoto.jp] 1.進行性ミオクローヌスてんかんとは 進行性の経過をとり、ミオクローヌス(急に体の一部、手指、手足、顔面、まぶたなどが、ピクッとして、あたかも電気に打たれたように一瞬だけ動く)という 不随意運動 (体の一部が一瞬ピクッと勝手に動く)とてんかん発作(全身のひきつけ発作、意識消失発作)を主な特徴とする慢性の脳の病気の総称です。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状

類似した症状