Create issue ticket

考えれる24県の原因 階段昇降困難

  • 関節炎

    関節炎(かんせつえん、英: Arthritis)は、関節の炎症をともなう疾病の総称。症状には局所症状と全身症状があり、局所症状としては発赤、腫脹、圧痛、こわばり、可動域制限などが知られ、全身症状としては発熱、全身倦怠感、体重減少などが知られている。 急性か慢性か、単関節炎か多関節炎かといった観点で纏められることが多い。 単関節炎は感染症、結晶誘発性、物理的要因によるものが多い。 細菌性関節炎淋菌性関節炎は若年者に多い。移動性の関節痛が特徴的である。高齢者、免疫不全状態の患者では非淋菌性関節炎が起りやすい。[…][ja.wikipedia.org]

  • リウマチ性多発筋痛症

    リウマチ性多発筋痛症は, 巨細胞性動脈炎 (側頭動脈炎)と密接に関連する症候群である。55歳以上の成人に発生する。 典型的には近位筋に重度の痛みおよびこわばりが生じ(筋力低下や萎縮は伴わない),非特異的な全身症状を呈する。赤沈亢進およびCRPの上昇が典型的にみられる。診断は臨床的に行う。低用量コルチコステロイドによる治療が効果的である。低用量から中用量のプレドニゾンまたはメチルプレドニゾロンに対する劇的で急速な反応が診断を裏付ける。 リウマチ性多発筋痛症は55歳以上の成人に発生し,女性:男性の比率は2:1である。 リウマチ性多発筋痛症は 巨細胞性動脈炎[…][msdmanuals.com]

  • 脊柱管狭窄症

    腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)は、脊椎にある脊柱管(せきちゅうかん)という神経を囲んでいる管が狭窄する整形外科疾患。 通常、加齢に伴って発生する脊髄変性症で広く見られる症状であるが、ときには脊椎椎間板ヘルニア、骨粗しょう症や腫瘍によって引き起こされる場合もある。 間欠性跛行(かんけつせいはこう)がみられる。歩行しているとだんだん足が痺れたり痛くなり、休むと回復するのが特徴である。また、会陰(えいん)部の感覚に異常が生じることもある。なお、間欠性跛行は閉塞性動脈硬化症でもみられるため、鑑別が必要。[…][ja.wikipedia.org]

  • 人工関節の機械的合併症
  • 内部人工関節破損
  • 筋ジストロフィー

    ここから本文です。 ABOUT 知っていて欲しいこと JMDAってどんな団体ですか? MORE 筋ジストロフィーって どんな病気ですか? MORE 治療法の研究は進んでいるのですか? MORE NEWS お知らせ 令和元年 5 月 29 日 JMDA 重要 6月の電話相談スケジュール 令和元年 5 月 8 日 JMDA 重要 筋ジストロフィー(筋萎縮症)の専門病院 令和元年 6 月 12 日 JMDA New! 障害者雇用促進法改正案が成立 令和元年 6 月 12 日 医学研究情報 New! ミトコンドリア病遺伝カウンセリングセミナー(8/31,9/1、NCNP。有料) 令和元年 6 月 12[…][jmda.or.jp]

  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー
  • バセドウ病

    バセドウ病とは? びまん性甲状腺腫大(首の甲状腺がびまん性に腫れて大きくなること)、頻脈(脈が速くなること)、眼球突出(眼が出てくること)を3大徴候とする自己免疫性疾患であり、甲状腺機能亢進症を認める疾患の70〜80%を占めています。甲状腺機能亢進症は血液中の甲状腺ホルモンが過剰になって、全身の代謝が亢進し、特有な臨床症状を呈する状態を言います。またバセドウ病は、英語圏ではグレーブス病とも呼ばれます。 びまん性甲状腺腫 バセドウ病の原因は? 甲状腺は脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(thyroid stimulating hormone :[…][jspe.umin.jp]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    慢性炎症性脱髄性多発神経炎 (まんせいえんしょうせいだつずいせいたはつしんけいえん、Chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy、CIDP)は、末梢神経の脱髄および炎症細胞の浸潤をきたす神経疾患のひとつ。慢性炎症性脱髄性多発根神経炎と呼ばれたり、神経炎をニューロパチーとするなど学会や組織によって表記のゆれがある。特定疾患に指定されており、公費対象となっている。臨床症状、発症様式、治療反応性などが症例により様々であり、おそらく複数の病態が含まれた症候群と考えられる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 多発性筋炎

さらなる症状