Create issue ticket

考えれる151県の原因 階段昇降困難

  • 関節炎

    関節炎(かんせつえん、英: Arthritis)は、関節の炎症をともなう疾病の総称。症状には局所症状と全身症状があり、局所症状としては発赤、腫脹、圧痛、こわばり、可動域制限などが知られ、全身症状としては発熱、全身倦怠感、体重減少などが知られている。 急性か慢性か、単関節炎か多関節炎かといった観点で纏められることが多い。 単関節炎は感染症、結晶誘発性、物理的要因によるものが多い。 細菌性関節炎淋菌性関節炎は若年者に多い。移動性の関節痛が特徴的である。高齢者、免疫不全状態の患者では非淋菌性関節炎が起りやすい。[…][ja.wikipedia.org]

  • 筋ジストロフィー

    ジストロフィン異常症や肢帯型は動揺性歩行などの歩容異常、階段昇降困難、易転倒性といった歩行障害で発症する。顔面肩甲上腕型では上肢挙上困難、筋強直性ジストロフィーはミオトニア現象や握力低下などで発症する。[nanbyou.or.jp] また、ジャンプや階段昇降など、重力に逆らう運動に困難さが生じます。 デュシェンヌ型筋ジストロフィーとは もっとも頻度・重症度が高い病型 デュシェンヌ型筋ジストロフィーは、小児期に発症する筋ジストロフィーの中でもっとも頻度が高い病型です。男児に発症し、発症時期は3歳ごろに多く、未治療の状態では、大半の方が10歳未満で歩行が難しくなります。[medicalnote.jp]

  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー

    診断 臨床症状(走れない、階段昇降困難、ふくらはぎの肥大など)、血清クレアチンキナーセ(CK,、CPKと言われたこともあります)値が正常の10倍以上、男児であればほデュシェンヌ型が強く疑われます。[jmda.or.jp] 従来は3-5歳頃、走れない、転びやすい、階段昇降困難で気付かれることが多かったのです。しかし最近では、乳児期に他の疾患(たとえば風邪をひいたとか)での検査中に偶然高CK血症で見いだされることが多くなりました。[jmda.or.jp]

  • リウマチ性多発筋痛症

    リウマチ性多発筋痛症は, 巨細胞性動脈炎 (側頭動脈炎)と密接に関連する症候群である。55歳以上の成人に発生する。 典型的には近位筋に重度の痛みおよびこわばりが生じ(筋力低下や萎縮は伴わない),非特異的な全身症状を呈する。赤沈亢進およびCRPの上昇が典型的にみられる。診断は臨床的に行う。低用量コルチコステロイドによる治療が効果的である。低用量から中用量のプレドニゾンまたはメチルプレドニゾロンに対する劇的で急速な反応が診断を裏付ける。 リウマチ性多発筋痛症は55歳以上の成人に発生し,女性:男性の比率は2:1である。 リウマチ性多発筋痛症は 巨細胞性動脈炎[…][msdmanuals.com]

  • 脊柱管狭窄症

    腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)は、脊椎にある脊柱管(せきちゅうかん)という神経を囲んでいる管が狭窄する整形外科疾患。 通常、加齢に伴って発生する脊髄変性症で広く見られる症状であるが、ときには脊椎椎間板ヘルニア、骨粗しょう症や腫瘍によって引き起こされる場合もある。 間欠性跛行(かんけつせいはこう)がみられる。歩行しているとだんだん足が痺れたり痛くなり、休むと回復するのが特徴である。また、会陰(えいん)部の感覚に異常が生じることもある。なお、間欠性跛行は閉塞性動脈硬化症でもみられるため、鑑別が必要。[…][ja.wikipedia.org]

  • 人工関節の機械的合併症

    股関節の主な病気と治療 変形性股関節症 股関節は、下肢の付け根の部分にあり、ボールの形をした大腿骨骨頭と、骨盤側で骨頭の受け皿になる寛骨臼(臼蓋)との組み合わせでできた球状の関節です。健康で正常な股関節は、歩いたり、ひねったりするとき、関節軟骨がクッションとなり痛みを生ずることはありません。しかし、若いときには柔らかく滑らかだった軟骨も、加齢によりだんだん硬くなり、クッションの効果が失われてしまうことがあります。 その結果、ひどい場合には軟骨が擦り減り、骨がこすれて痛みを生じてしまいます。これが、変形性股関節症です。[…][naritatomisato.jp]

  • 内部人工関節破損

    家庭医学館 の解説 かんせつしゅじゅつのいろいろ【関節手術のいろいろ】 最近の関節手術 関節手術の分類 最近の関節手術 若者の交通事故による関節内骨折の増加や、長寿社会をむかえて老化現象による変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)、とくに下肢の関節の障害が問題になるため、ますます関節手術の必要性が高まっています。 最近、この関節手術に、2つの大きな方向性がみられます。 1つは、手術によるダメージが少なく、手術後の回復も早い関節鏡を用いた手術がいろいろな分野に試みられ、満足な結果をあげています。[…][kotobank.jp]

  • バセドウ病

    3日付のスポーツニッポン1面で「13日に婚姻届を提出する予定」と報じられた人気俳優の 水嶋ヒロ と人気シンガー・ソングライターの 絢香 が同日夜、東京・赤坂のTBSで緊急会見を開き「2月22日に入籍しました。共に人生を歩み始めたいと思い、このことをファンの皆さんに伝えたいという2人の強い希望で、今日の会見を迎えました」と既に結婚していたことを報告した。また交際約半年でのスピード婚に至った背景として、絢香がバセドウ病を患っていることが明かされた。[…][web.archive.org]

  • 常染色体優性肢帯型筋ジストロフィー 1D型

    走れない、転びやすい、階段昇降困難などです。立ち上がるときに努力がいり、しばしばGowers徴候(立ち上がるときに膝に手をあてて立つ)をみます。下腿の仮性肥大はないか、あっても軽度です。関節拘縮は下肢にみられ、早期から尖足をみるものもあります。歩行不能となると、全身の関節が拘縮するようになるのはデュシェンヌ型と同じです。[jmda.or.jp]

  • 眼咽頭型筋ジストロフィー

    ジストロフィン異常症や肢帯型は動揺性歩行などの歩容異常、階段昇降困難、易転倒性といった歩行障害で発症する。顔面肩甲上腕型では上肢挙上困難、筋強直性ジストロフィーはミオトニア現象や握力低下などで発症する。[nanbyou.or.jp] 症状は、2 5歳で、転倒しやすい、動揺性歩行、階段昇降困難等で発症します。近位筋(胴体に近い筋肉)優位の筋障害分布をとります。腓腹部などが堅く肥大することがありますが、これは脂肪組織の浸潤であり筋が肥大するわけでないので、仮性肥大と呼びます。[www2b.biglobe.ne.jp] 初期症状は、爪先立ちやジャンプが出来ない事、平坦な道での歩行でつまづき転倒したり階段昇降なども大変になるような症状が現れます。また、発症後10年位で歩行困難とされていますが個人差はあります。 心臓や呼吸器は侵されにくいので生命的予後はよいとされています。[padj.jp]

さらなる症状