Create issue ticket

考えれる19県の原因 階段を降りるのが困難

  • 多発性筋炎

    病名:皮膚筋炎 治療薬:プレドニン 5 mg/日 (2010年10月現在) 私が皮膚筋炎を発症したのは11年前です。 25歳のときでした。 最初の症状は発熱と手にできた皮疹でした。 近くの総合病院にいき、早い段階で膠原病であることがわかり、入院加療を受けました。 しかし、悲しいかなその病院には専門医がおらず、治療に難渋しました。 8ヶ月間の入院生活の中で、一生分の苦労を味わったのではないか...と思うくらいの経験をしたと思います。 糖尿病でインスリンを打ち、脂肪肝や白癬、ヘルペス、口内カンジダなどなど、本来の疾患よりも、薬の副作用で苦しみました。[…][e-oishasan.net]

  • 皮膚筋炎

    皮膚筋炎(ひふきんえん、Dermatomyositis; DM)は自己免疫疾患の一種である。慢性疾患であり、膠原病の1つとして分類されている。横紋筋が冒される特発性炎症性筋疾患の一つであり、他には多発筋炎(PM)がある。両者は皮膚症状の有無によって区別されるが、そもそも基本的に疾患が異なるとする考えもある。他の膠原病においてもしばしば本症と同様の筋炎の臨床および病理所見が伴うことがある。なお、略称のDMは糖尿病と共通しており、また糖尿病のほうが有名であるため、うかつに略称で話すと勘違いされる可能性がある。 年間発病率は100万人あたり2[…][ja.wikipedia.org]

  • 変形性膝関節症

    変形性膝関節症の症状と原因を教えてください 変形性膝関節症のX線 始めは動き始めるときに膝が痛みますが、そのうち動作中もずっと痛みが取れず、次第に歩くのが困難になります。特に階段降りるときにつらいのが特徴です。[jinko-kansetsu.com]

  • 眼筋障害

    後天性の両眼性滑車神経麻痺では複視が主症状で、とくに下方視で強い複視を自覚するため、階段降りるのが困難になります。 診断 先天上斜筋麻痺は、上下斜視・眼球運動をよく観察し、さらに頭位異常に対して反対側(麻痺眼側)に頭を傾けると上下斜視が増加することから診断がつきます(頭部傾斜試験)。[jasa-web.jp] そのため、たとえば階段降りる際に踏み段が2つ見え、階段降りるのが、しばしば困難となる。同様に新聞や本を読んでいる時に複視を自覚することもある。 滑車神経は脳幹部(中脳)内での走行が極めて短く、障害部位としては末梢での障害を第一に考える。[yamamotoclinic.jp]

  • 老人性関節症

    変形性膝関節症の症状と原因を教えてください 変形性膝関節症のX線 始めは動き始めるときに膝が痛みますが、そのうち動作中もずっと痛みが取れず、次第に歩くのが困難になります。特に階段降りるときにつらいのが特徴です。[jinko-kansetsu.com]

  • 血胸

    呼吸器障害が残り、健常者と同様に階段を昇り降りすることができない程度の呼吸困難があれば、後遺障害認定の可能性があります。 肺を受傷された方の解決実績 その他の解決実績も多数掲載しておりますので、是非、 福岡の弁護士による交通事故専門特化サイト をご覧ください。[miyata-kouishougai.com]

  • 血気胸

    呼吸器障害が残り、健常者と同様に階段を昇り降りすることができない程度の呼吸困難があれば、後遺障害認定の可能性があります。 肺を受傷された方の解決実績 その他の解決実績も多数掲載しておりますので、是非、 福岡の弁護士による交通事故専門特化サイト をご覧ください。[miyata-kouishougai.com]

  • 片側不全麻痺

    後天性の両眼性滑車神経麻痺では複視が主症状で、とくに下方視で強い複視を自覚するため、階段降りるのが困難になります。 診断 先天上斜筋麻痺は、上下斜視・眼球運動をよく観察し、さらに頭位異常に対して反対側(麻痺眼側)に頭を傾けると上下斜視が増加することから診断がつきます(頭部傾斜試験)。[jasa-web.jp]

  • 低背部痛

    手の症状 ボタンがかけられない 箸を使えない 脚の症状 脚が上がらず、つまずく 階段降りづらい 排泄障害 頻尿 残尿感 便秘 中枢神経は一度圧迫されると元に戻りづらく、時間が経つほど悪化していき、 回復も困難になっていきます 。痛みとともに上記の症状がある場合、すぐに受診するようにしましょう。[fuminners.jp]

  • 良性外転神経麻痺

    後天性の両眼性滑車神経麻痺では複視が主症状で、とくに下方視で強い複視を自覚するため、階段降りるのが困難になります。 診断 先天上斜筋麻痺は、上下斜視・眼球運動をよく観察し、さらに頭位異常に対して反対側(麻痺眼側)に頭を傾けると上下斜視が増加することから診断がつきます(頭部傾斜試験)。[jasa-web.jp]

さらなる症状