Create issue ticket

考えれる107県の原因 陰茎の痛み

  • 尿路感染症

    淋菌性尿道炎では、感染機会から2 6日の潜伏期間を経て、陰茎先端の外尿道口から黄色膿性の分泌物と排尿初期の激しい痛みが出現します。一方、非淋菌性尿道炎では、40%がクラミジアによるものと言われています。[wakayama-med.ac.jp] 尿道炎は感染機会から2 6日の潜伏期間を経て、陰茎先端の外尿道口から黄色膿性の分泌物と排尿初期の激しい痛みが出現します。女性の場合は尿道が短いため、尿道炎としての症状はでませんが、淋菌が子宮頚管で炎症を起こすことにより発熱と腹痛、膿性の分泌量が外子宮口に見られることがあります。[info.fujita-hu.ac.jp]

  • 膀胱炎

    膀胱炎(ぼうこうえん、英:cystitis)は、膀胱に起こる炎症である。 急性膀胱炎と慢性膀胱炎がある。急性膀胱炎は細菌性の感染症である。慢性膀胱炎は、急性膀胱炎の慢性化のほか、間質性膀胱炎もある。なお、糖尿病などの合併症に膀胱炎を起こすこともあるが、それらは主に細菌性である。 女性に多く、男性では比較的少ない。発熱を伴わないことが多い。発熱を伴っているときには、実質臓器の炎症、特に腎盂腎炎まで感染が拡がっている可能性がある。排尿痛、頻尿、血尿のいずれかがあれば、ほぼ50%の確率で急性尿路感染症と診断される。 検査としては 尿検査 膀胱鏡検査などがある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 性感染症

    原因 症状(初感染) 初感染 感染後1週間で男性は陰茎、女性は外陰部に痛みを伴う多数のみずぶくれが出現します。 再発 心身疲労時に初発時とほぼ同じ部位に発症するも、痛みは軽めです。 治療 抗ウイルス薬(1日2 5回、数日間服用)ですぐ治るも、ウイルスは死滅せず神経節に潜伏します。抵抗力が弱った時に、ウイルスは元気を取り戻し再発します。[wada-uro.com] 尖圭コンジローマ 【潜伏期間】 1 3ヶ月程度(半年以上のこともある) 【症 状】 亀頭や陰茎などに多数の乳頭腫ができ、徐々に増加・増大します。 かゆみや痛みはありません。 【診 断】 診察により診断します。 【治 療】 「外用薬による薬物療法」と「凍結療法・蒸散療法などの外科的療法」があります。[yamano-cl.jp] 病原体: ヒト乳頭腫ウイルス 潜伏期: 3か月程度 症 状: 男女とも外性器(亀頭/陰茎)や尿道近くの皮膚にイボがふえる。あまり、痛みはない。 治 療: 手術(凍結、レーザー、電気メス)で切除。5‐FU軟膏が効くこともある。 トリコモナス症 感染すると女性では尿に病原体(原虫)がよくみられます。[kansen-wakayama.jp]

  • 尿道炎

    病原体: ヒト乳頭腫ウイルス 潜伏期: 3か月程度 症 状: 男女とも外性器(亀頭/陰茎)や尿道近くの皮膚にイボがふえる。あまり、痛みはない。 治 療: 手術(凍結、レーザー、電気メス)で切除。5‐FU軟膏が効くこともある。 トリコモナス症 感染すると女性では尿に病原体(原虫)がよくみられます。[kansen-wakayama.jp] 嵌頓(かんとん)包茎 包皮を剥いた際に陰茎を包皮が強く締め付けて元に戻せなくなった状態です。締め付けられた先に血液循環不全が起こるため、痛みや腫れを起こし危険な状態です。整復できない場合には緊急手術が必要になることもあります。[kidoclinic.jp]

  • 慢性前立腺炎

    具体的な症状としては、陰のうと肛門の間にある会陰部の痛みを主体に、下腹部、股間、睾丸、尿道や陰茎痛み・不快感、排尿痛、射精時痛、頻尿、残尿感などが見られます。 ストレスとの関係 慢性前立腺炎には、身体的なストレスのほか、精神的ストレスも大きく関係しています。[medicalnote.jp] 初診時の症状は、ヒリヒリした「会陰部の痛み」で、夜眠ることができません。また、排尿前には陰茎根部に痛みが、排尿後には尿道全体に痛みが走ります。 頻尿は1日13回、排尿障害も自覚していて、尿流量測定検査(ウロフロメトリー)で示すように途切れ途切れのおしっこで苦しんでいます。食欲が落ち、72kgあった体重が初診時は63kgです。[takahashi-clinic.sms.gr.jp] 長時間のデスクワークやストレスから会陰部(陰のうと肛門の間)の痛みや違和感を引き起こします。 症状 会陰部(陰のうと肛門の間)の痛み、下腹部の痛み、股間部の痛み、睾丸の痛み、尿道や陰茎痛みや不快感、排尿痛、射精時痛、頻尿、残尿感等があります。 治療方法 慢性的に経過することが多く、治療法は確立していません。[fukumoto-clinic.jp]

  • 胆石症

    胆石症 胆石は、胆汁中の成分(コレステロール、色素)が胆道(胆嚢、総胆管、肝内胆管)内で固まったものである。 高齢化と食生活の欧米化(脂肪やコレステロールの多い食事)とともに、胆石を持つ人の割合は増加しており、成人の胆石保有率は10%前後と考えられる。40から50代の肥満の女性は胆石症を起こしやすいとされる。みぞおちから右側の上腹部に激しい腹痛発作が起きることが有るが、胆石をもっている人の約3分の2は無症状であると考えられる。 胆石の大半はコレステロール結石であり、胆汁の成分であるビリルビンが固まったものをビリルビンカルシウム結石という。この他黒色石という石もある。[…][ssl.kotobuki-pharm.co.jp]

  • バラニティデス

    胃炎 胃潰瘍、胃癌の発症の多くにヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori、以下ピロリ菌)感染が関与していることが明らかになる一方で、ピロリ菌陰性であっても胃疾患を発症する患者はいまだ少なくない。これらの胃疾患に関係しているとみられているのが、ピロリ菌以外のヘリコバクター属、Helicobacter heilmannii(以下、ハイルマニイ)だ。今年の日本ヘリコバクター学会で発表された全国調査では、ピロリ菌陰性の胃疾患患者27人のおよそ半数がこの菌に感染していたことが示された。 ログインして全文を読む [medical.nikkeibp.co.jp] 乾癬 HOME[…][symptoma.jp]

  • 腎疝痛

    9.精系静脈瘤 陰のうが腫れ、痛みを伴うことがあります。 高度であれば不妊の原因になりますので手術を行います。 10.ED(erectile dysfunction) 陰茎勃起不全のことです。 EDの治療薬の処方を行なっていますので、おたずねください。 治療には保険が効きません。[uro-ito.com]

  • 亀頭包皮炎

    亀頭包皮炎(英: balanoposthitis)と陰茎亀頭および陰茎包皮の炎症。 亀頭に雑菌や真菌(カビ菌)などが感染することによって起こる皮膚炎。感染することがないため、性感染症ではないとされている。亀頭包皮炎が発症すると、亀頭部分や包皮の皮膚が赤くなり、ニキビのような赤い斑点や、ただれ、アトピーのような症状が発生。かゆみや痛みがある場合もある。 市販の軟膏クリームで治癒する場合もあるが、医師の処方が必要な抗生物質や抗真菌剤配合の軟方を必要とする場合もある。 ヒトの場合小児に多く見られ、包茎もその原因となる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 不安障害

    不安障害(ふあんしょうがい、英:Anxiety disorder)とは、過剰な反すうや心配、恐怖の特徴を有するいくつかの異なる種類の一般的な精神障害を含んだ総称である。不安は、身体と精神の健康に影響を及ぼす可能性がある不確かで現実に基づかないか、あるいは想像上の将来についてである。 不安障害は、さまざまな心理社会的要因を有し、遺伝的素因を含む可能性もある。不安障害の診断は2つの分類に分けられ、それは持続しているか、一時的な症状かどうかに基づく。たびたび全般性不安障害として誤診される、不安障害に類似した症状を有する甲状腺機能亢進症のような医学的疾患も存在する。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状