Create issue ticket

考えれる77県の原因 陰嚢の浮腫

  • 前立腺癌

    『TOMOの会(患者会)』が実施した 「トモセラピー治療」に関するアンケート結果を公開しました。 「治療後のPSA推移、副作用、QOL、余病、再発・転移」 『TOMOの会(患者会)』が2013年10月実施 母数103人 【アンケート項目】 Q1:トモセラピー治療後の経過年数について Q2:トモセラピー治療後のPSAの推移状況について Q3:トモセラピー治療後の現在の副作用の有無(重複回答) Q3-A:「排尿関連」 Q3-B:「排便関連」 Q3-C:「下血関連」 Q3-D:「男性機能」 Q3-E:「その他」 Q4:全体的なQOLの変化について[…][tomotherapy.jp]

  • 前立腺腺癌

    限局性前立腺癌の根治療法: 全摘手術と小線源療法 について 骨やリンパ腺などへの転移が無く、周辺臓器にも浸潤していない限局性の前立腺癌は、根治療法が可能ですが、その治療法には前立腺全摘術と放射線療法があります。2003年より当院ではヨード125を用いた密封小線源を多数前立腺内に刺入する放射線療法の一種である小線源療法を開始いたしました。 小線源療法と全摘手術は、それぞれ適応が少しずつ異なるほか、長所・短所・副作用などの特徴が 異なります。患者さんの病状をよく検討した上でより適した方針を決めることになりますが、 患者さんのご希望をふまえて治療法を選んで頂くことも可能です。[…][hokkaido-cc.hosp.go.jp]

  • 門脈性肝硬変

    肝臓にもいろいろな病気がありますが、ここでは稀な病気を避けて、よくある病気にとどめて解説しておきます。 アルコール性肝疾患 (ALD) アルコールの過剰摂取により最初に起こる肝臓の変化は 脂肪肝 です。脂肪肝は日本酒1日5合程度1週間飲み続けると確実に起こりますが、2 3週間の断酒によって脂肪肝はなくなります。アルコール性脂肪肝の人がさらに継続して大量に飲酒すると、10 20%の人にアルコール性肝炎が発症します。この肝炎は重症になるとしばしば致命的な劇症肝炎になります。また日本酒3 5合の飲酒を続けていると、肝細胞の壊死を伴わない肝線維化が進行し、男性なら約20年、女性なら約12年後に 肝硬変[…][minophagen.co.jp]

  • 腎細胞癌

    腎細胞癌(じんさいぼうがん、英: Renal cell carcinoma)は、腎臓に発生する悪性腫瘍のひとつであり、尿細管上皮細胞ががん化したものである。 別名グラヴィッツ腫瘍(Grawitz's tumor)。 淡明細胞型 (clear cell)最も一般的で、70%の確率で見られる。その名の通り光顕的に細胞質が明るい腫瘍細胞として見える。染色体3pの欠損、VHL遺伝子の欠損がしばしば認められる。 顆粒細胞型 (granular[…][ja.wikipedia.org]

  • ネフローゼ症候群

    病名 ネフローゼ症候群【子ども】(ねふろーぜしょうこうぐん) 部位 腹部(腎) 主な症状 浮腫(むくみ) 診療科 症状の解説 ご家族がお子さんのむくみ(浮腫)に気付かれ来院されることが多いです。浮腫はまぶたやすねに見られやすく、にみられることもあります。[kmu.ac.jp]

  • 腹水

    腹水 (ふくすい) は、医学における症状、病態で、腹腔内に異常に多量の液体が貯留した状態ないしはその液体をいう。 腹腔内には正常な状態でもごく少量の液体があるが、 血漿蛋白の減少による膠質浸透圧の低下 門脈圧亢進 腹膜炎、悪性腫瘍の腹膜播種、肝癌の破裂といった原因により、多量の漏出液や滲出液が見られるようになる。肝硬変ではアルブミン合成能低下及び門脈圧亢進により前者のタイプ、腹膜の炎症や癌では後者のタイプが見られる。 女性の場合は卵巣ガンなどの可能性がある。 腹水が貯留すると、体重増加、腹部膨隆、尿量減少が見られ、打診、触診上異常所見が得られる。腹部超音波検査や腹部CTによって診断できる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 下大静脈症候群

    抄録 背景 .胸腺癌や浸潤性胸腺腫では腫瘍浸潤による上大静脈(SVC)症候群を呈する報告例は比較的よく知られているが,下大静脈(IVC)症候群を呈する症例は稀である. 症例[…][jstage.jst.go.jp]

  • 転移性腎細胞癌

    緒言:免疫チェックポイント阻害剤ニボルマブは2016年に承認され、優れた治療効果と比較的少ない有害事象により転移性腎細胞癌に対する新たな選択肢として期待されている。今回は、当科でのニボルマブの治療成績を後方視的に報告する。 対象と方法:対象は2017年5月までにニボルマブを投与した転移性腎細胞癌症例24例。抗腫瘍効果はRECIST ver1.1、有害事象はCTCAE 4.0を用いて評価した。 結果:患者背景は男性21例、女性3例。診断時年齢中央値は63.6(49-86)歳、Karnofsky Performance status[…][archive.jsco.or.jp]

  • フィラリア症

    人生の後期には、疼痛を伴う外観の変形、リンパ浮腫、象皮病、水腫を起こし、永続的な身体の障害となります。また、患者は、身体の障害だけでなく、社会的差別や貧困によって、精神的、社会的さらには経済的にも損失に苦しみます。 現在、58か国の12億3,000万人が、リンパ系フィラリア症が存在し、感染しているリスクのある地域に住んでいます。[forth.go.jp] この病気は、農村部、特にリンパ浮腫水腫(四肢や性器の膨れ)などの臨床症状の発現が日常的にみられたナイル川東部のデルタ地域の農村部に常在する風土病であることが明らかにされました。[forth.go.jp] その皮膚を押すと、へこんだ跡がすぐには消えず残ります(圧痕性浮腫)。慢性的な腫れのために、皮膚は硬く厚くなります(象皮病)。男性では、が腫れることがあります。 皮膚の細菌感染症と真菌感染症がよく起こります。これらは象皮病が発生する一因になります。 軽度の関節痛が生じる場合もあります。[msdmanuals.com]

  • 腎静脈血栓症

さらなる症状