Create issue ticket

考えれる5県の原因 陥没した前頭骨

  • 眼球損傷

    頭骨骨折 頭骨陥没骨折が治療対象となる場合があります。当科では有髪部よりの小さな切開から内視鏡下に整復を行うことで、前額部に傷を残さずに治療しています。受傷から時間が経った陳旧例では陥没部に同様の手技で人工骨を移植する場合もあります。[twmu.ac.jp] 頬骨骨折 頬骨は周囲の頭骨、側頭骨、上顎骨と3点で結合しており、外力によりこの3点が骨折するいわゆる「tripod 骨折」を来すことがあります。症状としては頬部の平坦化、頬部の知覚障害、開口障害などがみられます。 治療は偏位した頬骨の整復と固定を行わなければなりません。[twmu.ac.jp]

  • ポット骨折

    頭骨骨折 頭骨陥没骨折が治療対象となる場合があります。当科では有髪部よりの小さな切開から内視鏡下に整復を行うことで、前額部に傷を残さずに治療しています。受傷から時間が経った陳旧例では陥没部に同様の手技で人工骨を移植する場合もあります。[twmu.ac.jp] 頬骨骨折 頬骨は周囲の頭骨、側頭骨、上顎骨と3点で結合しており、外力によりこの3点が骨折するいわゆる「tripod 骨折」を来すことがあります。症状としては頬部の平坦化、頬部の知覚障害、開口障害などがみられます。 治療は偏位した頬骨の整復と固定を行わなければなりません。[twmu.ac.jp]

  • 側頭骨骨折

    ICD10コード: S02 頭蓋骨及び顔面骨の骨折 検索数: 122 件 病名 ICD10コード 病名交換用コード 1 頭骨開放骨折 S0201 FS84 2 頭骨開放性陥没骨折 S0201 U223 3 頭骨陥没骨折 S0200 G7V5 4 頭骨骨折 S0200 F2FL 5 前頭骨線状骨折 S0200 DGLT 6 頭蓋円蓋部開放骨折[dis.h.u-tokyo.ac.jp] 頭骨骨折 頭骨陥没骨折が治療対象となる場合があります。当科では有髪部よりの小さな切開から内視鏡下に整復を行うことで、前額部に傷を残さずに治療しています。受傷から時間が経った陳旧例では陥没部に同様の手技で人工骨を移植する場合もあります。[twmu.ac.jp] S0211 TTRT 23 後頭骨陥没骨折 S0210 QVLQ 24 後頭骨骨折 S0210 VJ2F 25 後頭骨線状骨折 S0210 SJ5C 26 頭蓋底骨折 S0210 F7U1 27 前頭蓋窩開放骨折 S0211 AEB4 28 前頭蓋窩骨折 S0210 F475 29 前頭洞開放骨折 S0211 MGRP 30 前頭洞骨折[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • 篩板の骨折

    頭頂骨骨折 頭蓋円蓋部骨折 頭骨陥没骨折 頭頂骨陥没骨折 頭頂骨線状骨折 頭骨線状骨折 頭蓋円蓋部線状骨折 頭蓋円蓋部開放骨折 頭骨開放骨折 頭骨開放性陥没骨折 頭頂骨開放性陥没骨折 頭頂骨開放骨折 頭蓋底骨折 後頭骨骨折 側頭骨骨折 頭蓋底骨折 眼窩上蓋陥没骨折 眼窩上蓋骨折 茎状突起骨折 後頭蓋窩骨折 後頭骨陥没骨折 後頭骨線状骨折[scuel.me] 篩骨洞骨折 頭蓋窩骨折 前頭洞骨折 側頭骨陥没骨折 中頭蓋窩骨折 蝶形骨骨折 篩骨板骨折 頭蓋底骨折 側頭骨線状骨折 中頭蓋底骨折 眼窩上蓋開放骨折 蝶形骨開放骨折 側頭骨開放性陥没骨折 頭蓋窩開放骨折 頭蓋底開放骨折 後頭蓋窩開放骨折 篩骨洞開放骨折 側頭骨開放骨折 茎状突起開放骨折 後頭骨開放性陥没骨折 中頭蓋窩開放骨折 前頭洞開放骨折[scuel.me] 顎関節部割創 顎関節部貫通創 顎関節部挫創 顎関節部刺創 顎関節部創傷 顔面開放創 顔面割創 顔面貫通創 顔面外傷性異物 顔面挫創 顔面刺創 顔面創傷 顔面掻創 顔面咬創 顎関節部裂創 顎関節部咬創 顔面裂創 上顎部裂創 下顎部皮膚欠損創 顔面汚染創 顔面皮膚欠損創 前額部皮膚欠損創 頭部の開放創,部位不明 頭蓋骨骨膜下血腫 頭蓋穹隆部骨折 頭骨骨折[scuel.me]

  • 前頭骨内板過骨症

    頭骨骨折 頭骨陥没骨折が治療対象となる場合があります。当科では有髪部よりの小さな切開から内視鏡下に整復を行うことで、前額部に傷を残さずに治療しています。受傷から時間が経った陳旧例では陥没部に同様の手技で人工骨を移植する場合もあります。[twmu.ac.jp] 頭骨陥没骨折(ぜんとうこつかんぼつこっせつ) 頭蓋骨骨折、脳挫傷の被害者には、外傷性てんかんの予防的措置として、一定期間、抗痙攣剤が投与されていますが、ほとんどのケースで外傷性てんかんを発症することはありません。 しかし、頭蓋骨陥没骨折後に限っては、外傷性てんかんを高頻度で発症しているようです。[sakai-higashi-law.com] 頬骨骨折 頬骨は周囲の頭骨、側頭骨、上顎骨と3点で結合しており、外力によりこの3点が骨折するいわゆる「tripod 骨折」を来すことがあります。症状としては頬部の平坦化、頬部の知覚障害、開口障害などがみられます。 治療は偏位した頬骨の整復と固定を行わなければなりません。[twmu.ac.jp]

さらなる症状