Create issue ticket

考えれる23県の原因 院内感染

  • 急性胃腸炎

    急性胃腸炎の病原体の多くは人体外でも長時間生存できるため、院内感染の予防のためには標準感染予防策に加えて接触感染予防策を講じる必要がある。 自宅ではガウンや手袋の着用は困難であるが、トイレから出た後、食事前、乳幼児のオムツ交換の前後などこまめに手を洗うことが必要である。紙オムツはビニール袋で密封するなどして廃棄する。[ja.wikipedia.org]

  • アデノウイルス感染症

    院内感染を予防するため、外来入口を分けている病院も多い。患者が触った箇所は、診療後にアルコールなどで消毒される。 学校保健法施行規則では、主要な症状がなくなってからも2日間は原則として出席停止となっている。 国立感染症研究所によると、症状が消えても約1か月間は尿や便にウイルスが排出されるという。[ja.wikipedia.org] 7型による感染症では、心肺機能に基礎疾患を有する小児で重症化の危険性が高く、特に院内感染対策上重要である。 プールを介しての流行に対してはプールの塩素濃度を適正(遊離残留塩素濃度が0.4mg/l以上、1.0mg/l以下)に維持することが対策となる。[niid.go.jp]

  • 肺炎

    また、37例の重症熱傷患者を対象とし、院内感染肺炎が13件報告された1件の予防に関する 試験 を同定した。ビタミンCの単回投与では肺炎の 罹患率 に対して 効果 はなかった。同定した 試験 は臨床的観点から異質性が認められ、そのため比較に限界を生じている。対象とした 試験 では、ビタミンCの 有害作用 は認められなかった。[cochrane.org]

  • 緑膿菌

    各医療機関が行っている対策によって、他の病原体とともに緑膿菌の発生状況はモニタリングされ、院内感染の予防が行われているが、環境中の常在菌でもある緑膿菌の完全な除去は困難であり、しばしば院内感染例が報告されている。(患者が保有しているものの他、患者への見舞い品も緑膿菌の感染源となりうる。[ja.wikipedia.org] 元々、緑膿菌は消毒薬や抗菌薬に対する抵抗性が高い上に、ヒトが抗菌薬を使用したことによって薬剤に対して耐性を獲得したものも多いため、緑膿菌感染症を発症すると治療が困難である。このために、日和見感染症や院内感染の原因菌として、緑膿菌は医学上重要視されている。[ja.wikipedia.org] 緑膿菌は、健常なヒトに感染しても症状が出ることはほとんどない毒性の低い細菌であるものの、免疫力が低下したヒトに、ムコイド型緑膿菌が日和見感染すると、緑膿菌感染症を引き起こす。院内感染によって発生することも多い。発症した場合、緑膿菌の持つ薬剤耐性のために薬剤による治療が困難であることも多い。[ja.wikipedia.org]

  • 偽膜性大腸炎

    C. difficile は抗菌薬関連大腸炎の最も一般的な原因菌であり,典型的には院内感染であるが,市中感染症例が増加している。 C. difficile 関連下痢症は,入院患者の最大8%に発生し,院内感染による下痢症例の20 30%の原因となっている。[msdmanuals.com] が主な感染経路であり,特に芽胞を形成する菌であることから,芽胞が長期間にわたって環境中に生残して院内感染や再発の感染源となることが考えられる.特に入院患者では,本菌の検出率は入院期間と相関することが知られている.また,芽胞は抗菌薬に抵抗性であることから,再発例の一部では,治療後に芽胞の形態で腸内に生残して再発を引き起こすものと考えられる.従[doi.org] C. difficileの病院感染に関連して、院内で少なからぬ濃度で芽胞が存在し入院期間が長くなるほど保菌率が高まる傾向にあり、抗菌薬の使用によって腸内細菌の乱れと菌交代が生じ腸炎が発生しうることや芽胞が消毒に対して高い抵抗性があることが指摘されている。[ja.wikipedia.org]

  • クロストリジウム・ディフィシル

    指定されたコンテンツは存在しません ページが自動的に更新されない場合は ここ をクリックしてください[kankyokansen.org]

  • グラム陰性菌肺炎

    市中肺炎では、 肺炎球菌 と インフルエンザ菌 が重要であり、院内肺炎の起炎菌としては 緑膿菌 や クレブシエラ などが重要である。 また、 MRSA の院内感染が問題となっている。MRSAは、院内肺炎の原因菌となりうるが、 バンコマイシン などの一部の抗菌薬以外、ほとんどの抗菌薬に耐性である。[ja.wikipedia.org]

  • 細菌性肺炎

    市中肺炎では、 肺炎球菌 と インフルエンザ菌 が重要であり、院内肺炎の起炎菌としては 緑膿菌 や クレブシエラ などが重要である。 また、 MRSA の院内感染が問題となっている。MRSAは、院内肺炎の原因菌となりうるが、 バンコマイシン などの一部の抗菌薬以外、ほとんどの抗菌薬に耐性である。[ja.wikipedia.org]

  • 産褥性乳腺炎
  • メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症

さらなる症状