Create issue ticket

考えれる44県の原因 関節血症

  • 高尿酸血症

    無症候性高尿酸に対する治療 [ 編集 ] 無症候性高尿酸の段階で、高尿酸を基盤とする痛風関節炎、痛風結節、腎障害、尿路結石の発症を防ぐために血清尿酸値を低下させることが望ましいと考えられている。[ja.wikipedia.org] 痛風(つうふう、gout)とは、尿酸が体内で析出して結晶ができることにより、関節炎などを来たす疾患である。背景には高尿酸などが存在する。 この疾患の「痛風」と言う日本語名の由来には、幾つかの説が存在する。[ja.wikipedia.org] リスク [ 編集 ] 高尿酸は痛風関節炎・痛風結節、腎障害、尿路結石、メタボリックシンドローム関連、高血圧・心血管系疾患、悪性腫瘍、総死亡との関連が指摘されている。 痛風関節炎・痛風結節 高尿酸が持続して尿酸塩結晶が沈着した結果として起こる病態である。[ja.wikipedia.org]

  • 変形性膝関節症
  • 関節リウマチ

    また、ステロイドは炎症抑制作用はあるが関節破壊阻止に対する効果はないとされている。 そのほか、悪性リンパ腫に効果のあるリツキシマブ(リツキサン)、抗生剤であるミノサイクリン・テトラサイクリン、高脂治療薬であるスタチン、多発性骨髄腫治療薬であるサリドマイドの効果や、造血幹細胞移植の効果も検討されている。[ja.wikipedia.org]

  • 痛風

    上昇する場合には生活習慣病のリスクが高まることに留意すべきであることが加えられた.一方,高尿酸・痛風の治療においては,基礎療法として生活指導が重要である.薬物治療では痛風関節炎(痛風発作)の治療と高尿酸の治療を区別する必要がある.高尿酸血症の治療については,痛風あるいは痛風結節の有無・高尿酸血症に伴う合併病態の有無・高尿酸血症の程度[doi.org] 痛風(つうふう、gout)とは、尿酸が体内で析出して結晶ができることにより、関節炎などを来たす疾患である。背景には高尿酸などが存在する。 この疾患の「痛風」と言う日本語名の由来には、幾つかの説が存在する。[ja.wikipedia.org] や組織障害をきたす痛風結節が注目されがちである.しかし,痛風はあくまで高尿酸の合併症の1つであり,全身的な代謝異常としての認識が必要である.尿酸塩の組織沈着という観点から,高尿酸血症は血清尿酸値7.0 mg/dlを超える場合と定義されているが,第2版では最近の疫学調査の結果も重視し,血清尿酸値7.0 mg/dl以下であっても血清尿酸値が[doi.org]

  • 偽痛風

    偽痛風 (ぎつうふう、Pseudogout)とは ピロリン酸カルシウム (CPPD)の沈着を原因とした 関節炎 を来す疾患である。CPPD沈着、軟骨石灰化症とも呼ばれる。 痛風 と同じような症状を来たしながら 高尿酸 が見られないことから名付けられた。[ja.wikipedia.org] 若年で偽通風を起こした場合は副甲状腺機能亢進、ヘモクロマトーシス、低マグネシウムなどの背景疾患を検索する必要がある。 治療急性の関節炎に対して質の高いエビデンスはなく、痛風発作の治療に準じる。局所の安静、冷却、NSAIDsの投与のほか、関節穿刺によるCPPD結晶の除去、副腎皮質ステロイドの関節注射が一般的に行われる。[ja.wikipedia.org] 病態 [ 編集 ] 偽痛風における関節炎は、痛風における 尿酸 への反応と同様のものがCPPDに対して発生したものである。すなわち、 関節包 内に析出したCPPDの 結晶 に対する 炎症 反応によって発生する。[ja.wikipedia.org]

  • 乳び胸

    2 長期にわたる胸水貯留による胸膜変化の結果 肺結核・関節リウマチ、原発性マクログロブリンなど。と言われている。 水胸 膿胸 血胸 日本獣医内科学アカデミー編 『獣医内科学(小動物編)』 文永堂出版 2005年 ISBN 4830032006[ja.wikipedia.org]

  • 膝蓋骨骨折

    膝蓋骨骨折 (しつがいこつこっせつ)とは、 膝蓋骨 が骨折した状態のことである [1] 。症状は膝前面の痛み、腫れ、打撲が挙げられる [1] 。人によっては歩けなくなることもある [1] 。合併症には 脛 や 大腿骨 や 膝靭帯 の損傷が挙げられる [3] 。 一般的な原因は 膝 前面の膝からの落下などによる強打によるものである [1] 。稀に 大腿部の筋肉 の異常な収縮が原因でなることがある [1] 。診断は症状の診察と X線 に基づき行われる [2] 。患者が子供の場合は MRI が必要な場合がある [2] 。 治療は骨折の種類によって手術をする場合としない場合がある [3][…][ja.wikipedia.org]

  • 血友病

    血友病(けつゆうびょう、Hemophilia)は、血液凝固因子のうちVIII因子、IX因子の欠損ないし活性低下による遺伝性血液凝固異常症である。 第VIII因子の欠損あるいは活性低下によるのは血友病A、第IX因子の欠損あるいは活性低下によるのは血友病Bである。 男児出生数の5000〜1万人に1人が血友病患者である。血友病Aは血友病Bの約5倍である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 感染性関節炎

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年12月 ) 感染性関節炎(かんせんせいかんせつえん) ・ 化膿性関節炎(かのうせいかんせつえん) とは、 関節 (関節液や関節組織など)の 細菌 感染症 ( 関節炎 )である。高齢者に多いとされているが、小児でも見られその場合は 乳幼児急性化膿関節炎 と呼ばれることもある。 概要 [ 編集 ] 起炎菌としては 黄色ブドウ球菌 が最も多く、また人工関節置換術後の約2%にみられる。 抗菌薬 の投与が遅れると関節が不可逆的に破壊されるという点で 整形外科[…][ja.wikipedia.org]

  • グランツマン血小板無力症

    血小板無力症(けっしょうばんむりょくしょう、thrombasthenia)あるいはグランツマンの血小板無力症(Glanzmann's thrombasthenia; GT)は、血小板の機能異常によって、粘膜や皮膚の出血が止まりにくくなり、出血傾向を来たす疾患である。先天性血液凝固障害のひとつで、常染色体劣性遺伝の遺伝形式をとる。 1918年、グランツマン(Glanzmann)によって、血小板数が正常にもかかわらず出血傾向を生じる疾患として報告された。報告時の疾患名はhereditary hemorrhagic thrombastheniaで、直訳すると遺伝性出血性血小板無力症である。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状