Create issue ticket

考えれる810県の原因 関節腫脹

  • 関節炎

    自動痛よりも他動痛が大きい場合は関節周囲痛が示唆される。関節痛の場合は非炎症性の関節痛と関節炎を区別する。関節周辺に腫脹、圧痛、熱感、発赤など局所の炎症所見があれば関節炎が疑わしい。大関節腫脹はわかりにくいことも多く、可動域の制限の方が他覚的に確認しやすい場合がある。関節炎では関節全体に炎症が波及し関節可動域に制限が出る。[ja.wikipedia.org] 関節炎(かんせつえん、英: Arthritis)は、関節の炎症をともなう疾病の総称。症状には局所症状と全身症状があり、局所症状としては発赤、腫脹、圧痛、こわばり、可動域制限などが知られ、全身症状としては発熱、全身倦怠感、体重減少などが知られている。 急性か慢性か、単関節炎か多関節炎かといった観点で纏められることが多い。[ja.wikipedia.org] 発熱・腫脹・疼痛・熱感といった炎症徴候が強く、下肢関節炎では荷重時痛を訴えたり、触診を嫌がるほどの疼痛がみられる。高尿酸血症が持続した結果として尿酸ナトリウム結晶の析出が起こるが発作時の血清尿酸値は正常であることもある。痛風発作を繰り返し、慢性化した場合は痛風結節の形成や多関節炎への移行がみられる。[ja.wikipedia.org]

  • ガングリオン

    ガングリオン(Ganglion Cyst、結節腫)とは、手足などの関節にできる腫瘍。欧米ではしばしば聖書ダコ(Bible Bump)と呼ばれる。 関節近くにある膜や粘液嚢胞にゼリー状の液体がたまる弾力性の腫瘤で、超音波検査上は低エコーの病変である。液体は穿刺吸引が可能である。内容物が線維化すると硬結と触知され、やや高エコーとなり穿刺吸引できなくなる。無症状だが、神経や腱を圧迫すると痛みを生じる。メルクマニュアル家庭版は女性に好発としているが、発症要因は不明である。俗に「軟骨が出た」との誤解もみられる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 変形性関節症

    50歳以上の1000万人が変形性膝関節症による膝痛を経験しています。 病態と症状の関連としては、関節炎に伴う自発的疼痛と腫脹腫脹による動かしにくさや可動域制限が生じます。軟骨磨耗の進行により関節炎が起こりやすくなり、荷重の繰り返しにより疼痛を感じやすくなります。[joa.or.jp] 手の痛み、うずき、あるいはこわばり 2. 10関節(左右の母指CM、第2・3指DIPとPIP)のうち2関節以上に硬性腫脹 3.[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 【質問者】 森友寿夫:大阪行岡医療大学教授 行岡病院手の外科センター 【A】 50歳以降のいわゆる更年期に,PIP関節の痛み,腫脹,変形を訴えて医療機関に来院する患者はたくさんおられます。そんな人たちが医師に言われることの多くは,「年のせいです」「使いすぎです」「治りません」の3つです。これは本当でしょうか。[jmedj.co.jp]

  • 痛風性関節炎

    ・変形性関節症OA 非炎症性であり、骨性の関節腫脹 膝、 DIP 、PIP、CMCに多いが、足首や肩、肘、手首、 MCP には起こりにくい。 DIP OA PIP RA、OA MCP 偽 痛風 、RA 手関節 偽 痛風 、RA CMC OA 〈偽 痛風 の治療〉 基本は対症療法でNSAIDsの経口投与を行う。[ph-minimal.hatenablog.com] 高齢者に特徴的な関節痛:偽痛風(ぎつうふう)とは これまでリウマチなどの関節疾患や痛風の既往がない方で、関節が急に腫脹して熱を持ち、激しい痛みを伴う場合、偽痛風の可能性があります。 この疾患は痛風と同様に、一時的にまたは繰り返して、関節腫脹し熱を持つのが特徴です。[tyojyu.or.jp] 痛風関節炎の発症は,以前から高尿酸血症を指摘されている患者の第一MTP関節または足関節周囲に発赤,腫脹を伴う急性関節炎 1) が出現した場合に診断しうる。 したがって,以前から高尿酸血症を指摘されていた男性で,特徴的な急性単関節炎を繰り返す場合には,痛風の診断は比較的容易である。[minds.jcqhc.or.jp]

  • 痛風

    尿酸の産生過剰や排泄量の低下が続くと「痛風」という関節の痛み、発赤、腫脹などを主症状とする疾患になる恐れがあります。痛風という名前はテレビなどで耳にしたことがある方が多いと思いますが、痛風と似た症状をきたす「偽痛風」という疾患が存在することをご存知でしょうか?[lab.toho-u.ac.jp] 痛風発作を発症させ易い部位の状態 耳や手足など温度(体温)が低い部位 よく動かしたり、負荷がかかりやすい部位 酸性度合いが高い部位 タンパク質の少ない部位 力学的刺激を受けやすい部位 血流に乏しい部位 症状は「痛風発作」と呼ばれ、局所の熱感、腫脹、発赤と激しい疼痛を伴う急性単関節炎です。[self-medication.ne.jp]

  • 滑液包炎

    代表的症状・検査所見 【症状】 足関節前外側部に腫脹を認めることが多い( 図 )。 繰り返される物理的な刺激により慢性炎症を呈したものでは,足関節前外側の腫脹をきたすが,疼痛がないことが多い。 液体貯留による波動を触れ,穿刺すると黄色透明の滑液を認める。 滑液包直上に浅腓骨神経の枝が走行していることがあり,足背のしびれを伴うことがある。[jmedj.co.jp] 関節周囲に腫脹感がある場合、肘頭滑液包炎に由来するものか、軟部腫瘍によるものか、関節内に由来するものかを鑑別に挙げる。 問診、特徴的な臨床所見、腫脹部の穿刺により診断できる。鑑別には、腫脹部の性状(可動性の有無、波動の有無、疼痛の有無)の把握が最も重要である。[clinicalsup.jp] 細菌感染や結晶沈着性炎症による急性炎症を呈したものでは,強い疼痛・腫脹・熱感を認める。滑液包を穿刺すると,混濁した滑液を認めることが多い。 基礎疾患として,糖尿病,関節リウマチ,痛風,偽痛風を有していることが多い。[jmedj.co.jp]

  • 靱帯断裂

    診断 触診検査により患肢の筋肉量低下、膝関節内側面の肥厚(medial buttress)、関節液貯留による関節腫脹などが認められます。脛骨圧迫試験や脛骨前方引き出し試験は前十字靭帯断裂の診断のために古くから行われている検査で、膝関節の不安定性を検出する目的で実施されます。[aikawavmc.com] 受傷時には激しい疼痛と腫脹を伴い、歩行困難となります。膝関節が脱臼した場合には大きな変形とともに神経・血管損傷を伴うことがあります。 膝前十字靭帯と内側側副靱帯の損傷では疼痛と不安感を強く感じ、膝が前方にずれる感じと下腿が外側にずれる感じを感じます。[hospital.luke.ac.jp]

  • 多発性関節炎

    正確な発生機序はほとんど解明されていませんが、本来、細菌や異物から自身を守る免疫反応が異常を起こし、自身の関節滑膜に複合体沈着を起こし関節変性・関節破壊を引き起こします。 臨床症状 発熱、元気食欲の低下、関節痛、関節腫脹 、四肢の歩行異常が移り変わる、徐々に進行する歩行異常など 診断 関節液検査により診断することができます。[hondo-ah.com] などもありませんでした.左足関節は明らかに腫脹し発赤と熱感があり,tibiotalar joint(脛距関節)のpassiveおよびactiveな動きで疼痛が誘発されました.[igaku-shoin.co.jp] 【Q】 関節リウマチの症状はどんなものがありますか? 【A】 朝のこわばり(通常は30分以上持続する)や、関節痛・関節腫脹が主な症状です。症状のでやすい関節としては、手首、手の指、足の指が多く、左右対称性で、複数の関節に症状がでることが多いとされています。[chubuh.johas.go.jp]

  • 偽痛風

    ・変形性関節症OA 非炎症性であり、骨性の関節腫脹 膝、 DIP 、PIP、CMCに多いが、足首や肩、肘、手首、 MCP には起こりにくい。 DIP OA PIP RA、OA MCP 偽 痛風 、RA 手関節 偽 痛風 、RA CMC OA 〈偽 痛風 の治療〉 基本は対症療法でNSAIDsの経口投与を行う。[ph-minimal.hatenablog.com] 関節腫脹 (しゅちょう) が高度な場合は、針を関節内に挿入し関節液を抜く関節穿刺 (せんし) を行います。 関節にかかる圧力を和らげ、ピロリン酸カルシウム結晶をある程度除去できます。 これによって得られた関節液は検査に使われるので、検査と治療が同時にできて一石二鳥です。[sandiegoyuyu.com] 高齢者に特徴的な関節痛:偽痛風(ぎつうふう)とは これまでリウマチなどの関節疾患や痛風の既往がない方で、関節が急に腫脹して熱を持ち、激しい痛みを伴う場合、偽痛風の可能性があります。 この疾患は痛風と同様に、一時的にまたは繰り返して、関節腫脹し熱を持つのが特徴です。[tyojyu.or.jp]

  • 関節リウマチ

    アメリカリウマチ協会の関節リウマチ診断基準(1987年改訂) 朝のこわばり(1時間以上)が、6週間以上続いている 3箇所以上の部位での関節の腫れ(関節腫脹(しゅちょう))が、6週間以上続いている 手首の関節または手掌の関節または手指の関節の腫れが、6週間以上続いている 左右対称性の関節の腫れ(関節腫脹)が、6週間以上続いている 皮下結節 ([jinko-kansetsu.com] ②次に、全身の関節を「触診」して、「疼痛関節」、「腫脹関節」、「関節可動域(関節が動く範囲)」を診察します。 「視診」や「聴診」など全身の所見を診察します。。[doh-racenter.jp] 発症の初期症状としては、朝に生じる体のこわばり、関節腫脹関節痛などがみられるという。朝のこわばりに関しては、手に30分以上こわばりが持続する場合には、関節リウマチの疑いがあるとみなされることが多い。また全身症状としては、全身の倦怠感、微熱、体重減少などが発生し、なかなか改善しない場合は、関節リウマチを疑うほうがよい場合もある。[harpersbazaar.com]

さらなる症状