Create issue ticket

考えれる302県の原因 関節痛

  • 風邪

    しつこい咳を抑える風邪薬を探し求めている人に、残念なニュースだ。市販されているさまざまな咳止めの薬から米国で「風邪に効く」とされているチキンスープといった民間療法まで、あらゆる治療法に関して米国胸部医学会(ACCP)の専門家委員会が文献のシステマティックレビューを行ったところ、効果を裏付ける質の高いエビデンスがある治療法は一つもなかったという。これに基づき同委員会は指針をまとめ、「風邪による咳を抑えるために市販の咳止めや風邪薬を飲むことは推奨されない」との見解を示した。[…][carenet.com]

  • レンサ球菌感染

    特に四肢に多い皮下出血(紫斑)が主症状で、その他限局性の浮腫、腹痛・嘔吐、関節、腎炎などがみられる。 急性糸球体腎炎 英: Acute glomerulonephritis 溶連菌による呼吸器感染からは1 - 2週間後、皮膚感染からは3 - 6週間後に発症することがある。[ja.wikipedia.org]

  • 関節炎

    急性発症の経過の関節炎では致死率の高い化膿性関節炎も含まれるため注意が必要である。 Step2 関節関節周囲か確認をする関節外の痛みを関節と訴える場合もあるので疼痛部位を確認する。関節近くに疼痛部位がある場合は関節関節周囲を区別する。関節裂隙での痛み、全ての関節可動域方向での痛みがある場合には、関節が示唆される。[ja.wikipedia.org] 安静時を伴う場合には関節炎を、安静時を伴う場合は関節炎を、安静時を伴わず活動時もしくは活動後に増悪する場合には非炎症性(変形性関節症など)を鑑別に考慮する。 Step3 疼痛関節数を確認する単関節と多関節では想起される鑑別疾患が大きく異なる。1関節の痛みを訴えるのが単関節である。[ja.wikipedia.org] 関節炎は他動的に動かしても関節が認められ、どの方向に動かしても痛みがあることが特徴とされている。運動時とは関節障害を疑う徴候であるが、腱鞘炎の場合、自分で動かすと痛いが他動的に動かすと痛みを感じないとされている。自動よりも他動が大きい場合は関節周囲が示唆される。関節の場合は非炎症性の関節関節炎を区別する。[ja.wikipedia.org]

  • 変形性関節症

    関節の病気: 関節 - 関節リウマチ - 痛風 解剖学 人間の関節一覧 ロコモティブ症候群 人工関節ライフ ひざや股関節の痛みにお悩みの方をサポートするサイト ひざの痛みに関しての情報 変形性膝関節症の情報[ja.wikipedia.org] 2005年の東京大学の関節疾患総合研究講座の吉村典子教授らが板橋区と和歌山の日高川町の住人の合わせて約2,200人を対象に行なったX線撮影を含む調査では50歳以上の女性で74.6%、男性で53.5%が変形性膝関節症の患者であるとされた。[ja.wikipedia.org]

  • 過敏症

    アレルギー(独: Allergie)とは、免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こることをいう。免疫反応は、外来の異物(抗原)を排除するために働く、生体にとって不可欠な生理機能である。語源はギリシア語の allos(変わる)と ergon(力、反応)を組み合わせた造語で、疫を免れるはずの免疫反応が有害な反応に変わるという意味である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 顎関節炎

    さらに、日本顎関節学会は、2013年「顎関節症の病態分類」として改訂した。その病態分類は、「I型:咀嚼筋障害、II型:顎関節障害、III型:顎関節円板障害、a:復位性、b:非復位性、IV型:変形性関節症」である。[ja.wikipedia.org] しかし、顎関節症は、1956年、上野らにより、関節関節雑音、異常顎運動を主徴とする症例を臨床上において一括して「顎関節症」とすることが提唱されたものである。そのため、いわゆる「顎関節症」として一般的に認識されている症状は、顎関節や耳の前方に疼痛や不快感、開口障害、顎運動時の雑音や疼痛、頭痛などとされている。[ja.wikipedia.org]

  • インフルエンザ

    インフルエンザの予防接種について (被接種者、保護者向け説明書例) 一 インフルエンザについては インフルエンザは、いわゆる「かぜ」の一つであり、せき、のどのいたみ、高い熱のほか、関節、寒け、おう吐、食欲不振などの症状がでてきます。[mext.go.jp] 38 以上の発熱、頭痛、関節、筋肉痛、全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れるのが特徴です。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。お子様ではまれに急性脳症を、御高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあります。[mhlw.go.jp]

  • うつ病
  • 扁桃炎

    アレルギー性紫斑病打撲したわけでもないのに、下肢に出血班が出たり、関節や腹痛を起こしたりする。この病気は原因不明の血管の炎症であるが、溶連菌が一部関与しているといわれる。リウマチ熱発熱と関節があり、湿疹が出たり、また皮下に結節ができることもある。心臓への影響が大きく、心臓そのものの炎症である心炎、リウマチ性弁膜症を起こす。[ja.wikipedia.org] 扁桃炎の症状 発熱、特に38 以上の高熱 ノドの痛み(咽頭)、ものを飲み込む時の痛み 寒気や震え(悪寒戦慄) 体がだるい(全身倦怠感) 頭痛 関節 など。扁桃炎は高熱になりますので、それに伴う症状が多いのが特徴です。 扁桃炎の原因 扁桃炎を起こす病原体は、ウイルス、細菌があります。[allabout.co.jp] 主な症状としては38度以上の発熱、咽頭の痛み、悪寒戦慄、 倦怠感、頭痛、関節に加え、顎の下や頚部のリンパ節の腫れなどで、痛みが耳や側頭部に広がることもある。高熱を出すため、高熱に特徴的な症状が多い。[ja.wikipedia.org]

  • 食中毒

    茨城県は6日、古河市内の飲食店で牛レバ刺しなどを食べた2人が食中毒症状を訴えた、と発表した。2人の便からは食中毒の原因菌カンピロバクターが検出された。うち1人は体のまひや呼吸困難が起き、重体で入院している。 県生活衛生課によると、11月2日夜、古河市の飲食店「はたがやレバー古河店」を会社の忘年会で利用した男性18人が、牛のレバ刺しやハツ刺しなどのコース料理を食べた。うち50代の2人が6日から食中毒の症状を訴えたという。 入院中の男性は体のまひや呼吸困難を引き起こし、最悪の場合は死に至る「ギラン・バレー症候群」と診断された。カンピロバクターを攻撃する免疫反応の影響で発症したとみられる。[…][asahi.com]

さらなる症状

類似した症状