Create issue ticket

考えれる44県の原因 関節可動性減少

  • 膝の関節炎

    変性関節疾患が進行するに従い,関節の動き(関節可動域)が減少し運動能力の低下が起こります。 リウマチ様関節炎では関節内が炎症で攻撃される事によって四肢の関節が腫れ、痛みが生じるので活力の低下が認められる場合があります。 診断 変性性関節疾患は関節の動きを触診で調べたり、レントゲン写真やCT画像で関節の形状を検査する事で行われます。[one-for-animals.co.jp]

  • コーレス骨折

    さらに“関節のあそび”がない状態での無理な関節可動域訓練は変形関節症を招くことにつながっていく。つまり、痛みを伴った状態での訓練が、可動域を減少させ拘縮を助長しているとも考えられる。 そこで、痛みの治療・関節可動域の拡大を目的として、プロテクノPNF(以下PNFとする)を使用した治療法を紹介したい。[senstyler.com]

  • 脱臼

    後遺障害逸失利益とは、後遺障害により労働能力が減少するため、将来発生するものと認められる収入の減少のことをいいます。 後遺障害による逸失利益について詳しくはこちら 鎖骨は全摘出したとしても、肩関節可動や日常生活上重大な障害はないと考えられているため、変形していることが直ちに機能障害が残っていることにはならないと考えられています。[nhlaw.jp]

  • 感染性関節炎

    肘に多いのが,関節の周りにある滑液包の炎症,滑液包炎(bursitis)です.こちらは非常に予後の良い感染症です.化膿関節炎との鑑別は,関節可動域のあるなしが重要です.化膿関節炎では,ほぼ必発で関節可動域は減少していますが,滑液包炎ならほとんどフルで関節を動かせるからです.[igaku-shoin.co.jp] 変性関節疾患が進行するに従い,関節の動き(関節可動域)が減少し運動能力の低下が起こります。 リウマチ様関節炎では関節内が炎症で攻撃される事によって四肢の関節が腫れ、痛みが生じるので活力の低下が認められる場合があります。 診断 変性性関節疾患は関節の動きを触診で調べたり、レントゲン写真やCT画像で関節の形状を検査する事で行われます。[one-for-animals.co.jp] このケースの場合,関節の関節炎,いわゆる化膿性関節炎を疑います.診察上,肘の蜂窩織炎と化膿関節炎を区別するのは簡単ではないこともあります.関節可動域の減少や関節裂 に特異的な圧痛,関節そのものの腫脹がヒントになります.とどめは,関節穿刺液.関節穿刺液で大量の白血球を認め,グラム染色が陽性なら診断は決まりです(ただし,グラム染色は偽陰性になる[igaku-shoin.co.jp]

  • マルファン症候群

    可動減少したり,足のアーチが増強する(凹足)場合もある.寛骨臼が異常に深くなり,侵食が進行すること(股臼底脱出症)もある.骨格系の所見は幼児期に出現し,成長期に進行しがちである.[grj.umin.jp] 翼幅と身長の比は大きくなり,上半身と下半身の比は小さくなる.肋骨の過形成は胸骨に割り込んだり(漏斗胸),胸骨を押し出したりする(鳩胸).脊柱側彎症は一般的な症状であり,軽度な場合も重度で進行性である場合もある.骨の過形成と関節の弛緩は特徴的な親指と手首の徴候を引き起こす.足首の内側が内側に回転して偏平足を起こす事がある.逆に,特にひじや指の関節[grj.umin.jp]

  • 化膿性仙腸関節炎

    アキレス腱の付着部である踵部を初め身体各所の靱帯付着部(関節周辺の骨性突出部など)の炎症徴候(疼痛、腫脹)がしばしば見られ、時に股、膝、肩など四肢の大関節の疼痛や運動制限も生じる。進行に伴い脊椎や関節可動域が減少し、重症例では運動が完全に消失する。一方、胸郭の拡張制限も徐々に進み、拘束性換気障害を生じて肺合併症の危険性も高まる。[nanbyou.or.jp]

  • 血清反応陰性関節炎

    アキレス腱の付着部である踵部を初め身体各所の靱帯付着部(関節周辺の骨性突出部など)の炎症徴候(疼痛、腫脹)がしばしば見られ、時に股、膝、肩など四肢の大関節の疼痛や運動制限も生じる。進行に伴い脊椎や関節可動域が減少し、重症例では運動が完全に消失する。一方、胸郭の拡張制限も徐々に進み、拘束性換気障害を生じて肺合併症の危険性も高まる。[nanbyou.or.jp]

  • 熱帯膵炎

    それぞれの部位の疾患には、①骨粗鬆症、骨折、②変形関節症、変形脊椎症、③サルコぺニア(加齢筋肉減少症)、脊柱管狭窄症、神経障害などがあり、疼痛や関節可動域制限、柔軟低下、筋力低下、バランス能力低下を起こします。中高年になると、複数の運動器疾患を持っていることも多く、これらが複合して移動(歩行)機能が低下してきます。[dohoku-kinikyo.or.jp]

  • 滑液嚢胞

    肘に多いのが,関節の周りにある滑液包の炎症,滑液包炎(bursitis)です.こちらは非常に予後の良い感染症です.化膿関節炎との鑑別は,関節可動域のあるなしが重要です.化膿関節炎では,ほぼ必発で関節可動域は減少していますが,滑液包炎ならほとんどフルで関節を動かせるからです.[igaku-shoin.co.jp] このケースの場合,関節の関節炎,いわゆる化膿性関節炎を疑います.診察上,肘の蜂窩織炎と化膿関節炎を区別するのは簡単ではないこともあります.関節可動域の減少や関節裂 に特異的な圧痛,関節そのものの腫脹がヒントになります.とどめは,関節穿刺液.関節穿刺液で大量の白血球を認め,グラム染色が陽性なら診断は決まりです(ただし,グラム染色は偽陰性になる[igaku-shoin.co.jp]

  • 脳性麻痺

    グレードAの一部を挙げると,持続的ストレッチングによる関節可動域の改善と痙減少,短下肢装具による歩容改善,ボツリヌス治療による動的な尖足変形の改善,口腔ケアの効果,シーティングの呼吸や上肢機能への好影響などである。[igaku-shoin.co.jp]

さらなる症状